ホンダ『インサイト』、“東京---鹿児島”無給油走行の成功率は

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

本田技研工業は29〜30日にハイブリッド車の『インサイト』で、東京−鹿児島間の無給油走行にチャレンジする。ガソリンエンジン搭載車としては世界トップの35km/リットルというインサイトの超低燃費性を実証することがねらいだ。

燃費チャレンジには、「本田技術研究所チーム」と報道関係者が運転する「マスコミチーム」の計3台が出走する。29日に東京・青山の本社ビル前を出発して、約20時間かけてゴールの鹿児島を目指す。伴走用のバスもホンダが用意する。

インサイトの燃料タンク容量は40リットル。満タン時の航続可能距離は10・15モード燃費の計算上で1400kmとなる。しかし、60km/hの定速走行燃費は48km/リットルとなっており、高速道路を一直線に走る今回のチャレンジでは、充分に鹿児島まで到達できる計算になる。

97年には三菱がGDIエンジンを搭載した『ギャラン』で東京・京都間往復の無給油1000km走破に成功した。ホンダはこれを上回る記録の達成をねらっている。ただし、マスコミチームが無茶な運転をしなければの話しだが……。
《》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品