【ジュネーブショー速報 Vol. 13】プジョー607『フェリン』、“航空機のキャノピー”をもつドリームカー | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブショー速報 Vol. 13】プジョー607『フェリン』、“航空機のキャノピー”をもつドリームカー

自動車 ニューモデル モーターショー

発売を控えたプジョー『607』セダンの神髄、隠れた本質がこのドリームカー、607『フェリン』だとプジョーはいう。(第一報で「フェライン」とお伝えしたが、フランス語読みが正しいようだ)

エンジンは607と同じ3リットルV6(210PS)。全長4.07m、全幅1.88m、全高1.19m、ホイールベース2.58m。乗降時は、ドアはフロントフェンダーの中に収納され、ウィンドシールドは前へ、リアウィンドウは後ろへそれぞれスライドする。コクピットはそれこそ「航空機のコクピット」とプジョーは形容する。

なおプジョーサイトでも、会場風景のライブ中継を行なっている。夜間の閉館中は稼動していないので時差に気を付けて欲しい。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品