【SECURITY SHOW 2000 Vol. 1】Nシステム用(!?)ストロボ、一機120万円ナリ〜 | レスポンス(Response.jp)

【SECURITY SHOW 2000 Vol. 1】Nシステム用(!?)ストロボ、一機120万円ナリ〜

自動車 テクノロジー ITS

【SECURITY SHOW 2000 Vol. 1】Nシステム用(!?)ストロボ、一機120万円ナリ〜
  • 【SECURITY SHOW 2000 Vol. 1】Nシステム用(!?)ストロボ、一機120万円ナリ〜
  • 【SECURITY SHOW 2000 Vol. 1】Nシステム用(!?)ストロボ、一機120万円ナリ〜
  • 【SECURITY SHOW 2000 Vol. 1】Nシステム用(!?)ストロボ、一機120万円ナリ〜
監視カメラ・システムをはじめとする最新の防犯・セキュリティ機器を一同に集めた展示会“SECURITYSHOW 2000”が東京ビッグサイトで開催されている。会場を一巡してダントツのインパクトを放っていたのが京セラ・ブースに展示されていた近赤外照明装置『LED』シリーズだ!

なにしろこのLED発光デバイス、一般路上の最新タイプNシステムの赤外線照射機のそれと瓜ふたつ。しかも用途には「高速道路などの料金所通過車両及び速度違反車や盗難車の撮影用」とある。警察庁の車両移動監視カメラNシステムは、タテマエでは「盗難車両の発見ならびに検挙」のために設置されている。まさドンピシャではないか?!

このLED発光発光ユニットが、路上にあるカメラの照射機も同じものかと核心を尋ねると「警察関連のことは答えらることは出来ない」と会場説明員はいう。もし違うのなら否定すれば済むことなのに、これでは「Nシステムに採用されています」といっているのも同じではないか。Nシステムという、究極の防犯カメラで鍛えられてきた京セラのLED発光ユニット。どうやら民間駐車場(出入庫管理)などの用途にも売り込んでいこうということだ。

ちなみに、LED発光デバイスの寿命は5000時間(約2年)と、従来の電球タイプ(3000時間)より耐久性が高く、がメンテナンスに道路規制が必要になるような路上カメラには適しているという。写真のKC-120IRで120万円ナリ。アナタも一機いかが?! 

《小谷洋之》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品