【ジュネーブショー速報 Vol. 7】セアト『サルサ』にアルファ156の面影はあるか!? | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブショー速報 Vol. 7】セアト『サルサ』にアルファ156の面影はあるか!?

自動車 ニューモデル モーターショー

セアトの技術ショーケースといえるコンセプトカー『サルサ』は社内でデザインされた。セアトではサルサのコンセプトをMDC、マルチドラニイビング・コンセプトと呼ぶ。従来のマルチパーパスビークル・コンセプトを洗練させ、ピープルキャリアとしての機能性とクーペのようにスポーティなラインとを融合させたという。

スペイン、マートレルにあるデザインセンターの指揮官はヴァルター・デシルバ。アルファ156をデザインした才能だが、1年ほど前にセアトに移籍、セアトから発表される作品ではサルサが初めてになる。1999年1月にデザイン部長に就任以来、デシルバは企業イメージの確認、強化に努めてきた。サルサは彼のチームの努力が表に現れたいい例だ。

「サルサは将来のセアト全体像を示している。忘れていいけないことはファミリーフィーリングだ。その上で1台1台の個性が必要だ」とデシルバはいう。「サイドのキャラクター・ラインはロマンチックな存在だが、クルマ全体の形に融合している」

サルサは量産されるのだろうか? デシルバは言葉を選びながら答える。「サルサは様々な点で現代ふうのスポーツ感覚を表現しているので、市場でいい位置を占めると思う。そして予想できる将来を前提としてデザインされたクルマだ」
《高木啓》

特集

おすすめの商品