【ジュネーブショー速報 Vol. 3】850kgアルミボディ、オペル『スピードスター』の市販は秋

自動車 ニューモデル モーターショー

軽量(850kg)・強力(147PS)なミッドエンジン・スポーツカーがジュネーブの街に現れた。エンジンは新設計のアルミニウム製エコテック2.2リットルだ。この2シータースポーツカーは0-100km/h加速が6秒を切り、最高速度は220km/hに達する。

「すべての開発工程について、それによってスピードスターはよりダイナミックになるのか、と考えた」とプロダクト・フィロソフィーを語るのは開発の指揮をとったドリス・ベルンハルト。その結果、ロールオーバー・バー、ABS、運転席エアバッグ、シートベルト・テンショナーといった安全装備は用意されたものの、パワーステアリング、エアコン、シートウォーマーといった重量増加につながり、走りをスポイルする装備は除外された。

『スピードスター』は前回のジュネーブショーで発表されたコンセプトカーの量産型だ。『G90』や『スノートレッカー』などのスタディで提案したテクニカル指向のデザインを身にまとう。ソフトトップは簡単に取り外せ、専用のバッグに収納した後、バックレスト後方のスペースにしまわれる。ハードトップもオプションで選べる。

スリーサイズは全長3790mm、全幅1711mm、全高1112mmとコンパクト。トレッドは前1450mm、後1488mmとワイドだ。ホイールは12インチ。タイアはブリジストン『ポテンザ』、前175/55、後225/45 R17。生産は夏からイギリスのロータスの工場で始まり、秋には店頭にお目見えする。
《高木啓》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品