アウディ、トヨタ系「DUO」店から独立!! 高級イメージの定着を

自動車 ビジネス 企業動向

アウディが日本市場のディーラー再編に乗り出した。フォルクスワーゲン(VW)車との併売を今年中にやめ、2001年1月からアウディ専門のディーラーで販売する。欧米でベンツやBMWと肩を並べるブランド力を発揮し、販売台数を伸ばす考えだ。

25日にフォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)、アウディジャパン、トヨタ自動車がアウディ専売化についての合意を発表した。なぜアウディ専売にトヨタが出てくるかというと、トヨタとVWは91年に販売提携を結び、トヨタ系ディーラーも「DUO店」としてVW、アウディ車を販売しているからだ。

トヨタの販売参入後、VWは順調に販売台数を増やしてきたが、対照的にアウディは苦戦してきた。販売低迷の一因として「VWと同じショールームでアウディを売っているため、高級イメージがなかなか定着しない」との指摘がでていた。

このため、VWはトヨタと話し合ったうえ、独自で販売ネットワークを設けることにした。トヨタは現在のDUO店をVW専売店に移行させる計画。アウディ車販売に関してトヨタは手を引くが、トヨタ系ディーラーが独自にアウディ車販売を続けることも認める。なおアフターサービスは既存のファーレン、DUO系列でも受け付ける。
《編集部》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品