トヨタがダイハツを買収しダイハツは「ダイハツ部」へ!! ただし地域限定 | レスポンス(Response.jp)

トヨタがダイハツを買収しダイハツは「ダイハツ部」へ!! ただし地域限定

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車のオーストラリア現地法人がダイハツ工業の現地法人の営業権を7月1日付で買収する。豪州でトヨタとダイハツの販売を一本化し、グループとして業務の効率化をめざす。ダイハツの現地法人は営業譲渡後に解散し、従業員64人のうち20人はトヨタ豪州に転籍する。ダイハツ車の132店の販売店網はそのまま残る。

ダイハツ豪州は75年、ダイハツの全額出資で設立した販売会社で、『シリオン』(日本名『ストーリア』)、『テリオス』などの乗用車を日本から輸入販売している。しかし、為替の影響や韓国車の攻勢を受け、99年販売台数は約6400台と前年比約20%も減少したことなどにより、採算が悪化していた。

トヨタ豪州はトヨタが100%を出資する生産・販売会社で、販売店は260カ所。99年の販売実績は約15万3500台だった。

今回の営業権取得に合わせてトヨタ豪州は「ダイハツ部」を創設、ダイハツ車の輸入業務などを集約する。トヨタは、「(ダイハツとの営業一本化は)豪州に限ったことであり、他の地域に波及するわけではない」と説明している。
《》

特集

おすすめの商品