ヨーロッパ人権会議、スピード違反取り締まりカメラの運用は違法

自動車 社会 社会

ヨーロッパ人権会議以降、イギリスではスピード違反撮影カメラの運用が、当局にとってより厳しくなりそうである。スピード違反が撮影された際に、当局が自動車所有者に対し、誰が運転していたかを確認させることはできなくなるだろう。被告人にとって不利な証拠提出を強制するのは違法だとの判断である……。
《》

《PR》関連記事

おすすめの商品