マツダ社長、後継に(若くてカッコイイ!!)マーク・フィールズ氏を9日にも指名 | レスポンス(Response.jp)

マツダ社長、後継に(若くてカッコイイ!!)マーク・フィールズ氏を9日にも指名

自動車 ビジネス 企業動向

「ジェームズ・ミラー代表取締役社長(53)が退き、後任としてマーク・フィールズ代表取締役副社長(38)が社長に昇格する人事を3日に固めた」というニュースが先週末から新聞報道などで話題になっている。

マツダはまだ正式に発表していないため沈黙を守っているが、9日11時30分から経団連で行われる予定の定例記者会見の場で、ミラー社長自ら公式に後継を指名し、交代の時期を公表すると思われる。

この人事は一部報道で伝えられているような、ミラー氏の健康上の理由ではないようだ。先日もマツダ社員とのゴフル会(お別れ会!?)で汗を流し、プレー後はストレートウィスキーを上機嫌であおったという。

マーク・フィールズ氏は、現在38歳。トップになればもちろん国内自動車メーカーでもっとも若い。89年ハーバードビジネススクール経営学修士。94年フォード・モーター入社。フォードアルゼンチン社長などを経て98年にマツダ、マーケティング・販売・カスタマーサービス担当顧問。今年6月から同担当専務取締役、そして12月から代表権を持つ副社長に就任している。株式会社マツダレンタリースの取締役社長も兼任。

フォードがマツダを子会社化したときにヘンリー・ウォレス社長がアメリカから来て以来、ジェームズ・ミラー氏、そしてマーク・フィールズ氏がなるとするとフォード出身者の社長は3代目ということになる。







《三浦和也》

特集

おすすめの商品