ガソリン価格、ジリジリと上昇

自動車 ニューモデル モーターショー

日本エネルギー経済研究所石油情報センターが公表した「給油所石油製品市況調査」によると、10月10日現在のレギュラーガソリンの小売価格は、全国平均で1リットルあたり97円となり、9月にくらべて2円値上がりした。

レギュラーガソリンの小売価格は産油国の生産しぼりこみによる原油価格の上昇によって、このところ、じりじりと値を上げている。同研究所の調査では、今年5月に1リットルあたり90円だったレギュラーガソリンの店頭小売価格はこの半年たらずで7円も上昇したことになる。ハイオクガソリンの価格も10月は1リットルあたり109円と5月にくらべ5円の上昇、軽油も3円高い78円と揃って値上がりした。
《編集部》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品