やはりTTの操縦安定性に問題あり! アウトバーンで死亡事故、アウディは無償でリアウイングを装着 | レスポンス(Response.jp)

やはりTTの操縦安定性に問題あり! アウトバーンで死亡事故、アウディは無償でリアウイングを装着

自動車 ニューモデル モーターショー

先週アウトバーンで、あるジャーナリストの運転するTTが操縦安定性の欠陥から事故になり、ドライバーは死亡した。ちなみに彼の運転していたTTは試乗用の広報車ではなく、個人所有のクルマだった。

これを受けてアウディは、TTをすべて回収し、対策を施すことを決定した。具体的な内容は、

1、リアウイングを装着する
2、スタビライザーを交換する
3、ダンパーを交換する
4、サスペンションのウィッシュボーンを交換する

なお、ESPの無償装着は見送られた。希望者は12月より、有償で装着できる。

 
死亡事故対策でリアウイングが装着されたTT

対策はクーペ、ロードスター、FWD、クワトロすべてのモデルで行われる。TTはすでに約4万台デリバリーされており、そのうち半分がドイツ、残りが輸出されている。

対策はディーラーで行われるが、アウディによると対策パーツの準備ができておらず、いつから始められるかわからないという。ただ、1〜2週間以内というわけにはいかないようだ。

アウディ日本の広報担当に取材したところ、日本仕様の車両に対しては、特に仕様変更を行なう予定はないとのコメントがえられた。本国のアウディは、今回の変更はすべての市場で行われるとしており、食い違いがある。

その理由として考えられるのは、いままで報告されていたスピードが、日本においては考えにくい200km/h以上だったということ。しかし今回の事故は、140km/hというより日常的な速度で発生しており、対策は必須と思われる。


イラストで説明された対策箇所

・アウディ







《》

特集

おすすめの商品