三菱電機、3D表示機能を搭載したDVDナビを発売 | レスポンス(Response.jp)

三菱電機、3D表示機能を搭載したDVDナビを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

三菱電機(株)は、今年の春に発売したDVDナビの機能をバージョンアップした『V77Xシリーズ』を11月1日より発売を開始する。価格は7型ワイドTV付の『CU-V77XVP』が25万8000円。モニターTVレスの『CU-V77X』が16万8000円。

今回のバージョンアップで最大のポイントは、これまで搭載されていなかった3D表示機能を新搭載したこと。この機能は3Dビューマップと名付けられ、視点の高いところから見下ろす感覚で表示するので、距離感がつかみやすく遠くまで見渡すことができる。平面表示では得られない新たな感覚が得られるという。また、交差点300m手前で表示される3D交差点拡大図には目印をよりリアルな3Dランドマークとするなど、一段と見やすくわかりやすいルート案内が受けられるようになった。

従来から搭載されていたDVDビデオが再生できる機能はそのまま搭載され、外部音声入力端子を装備した同社のMD/CDセンターユニットを接続することで車室内で多彩なDVDビデオが高画質・高音質で楽しめる。本体は1DINサイズとしたことでインダッシュへの装着が可能で、DVDソフトの交換も手元で簡単に行えるものとしている。








《会田肇》

特集

おすすめの商品