【2022年最新】トヨタの人気車種ランキング一覧を発表!人気の15車種を一挙にご紹介します

トヨタと言えば世界的に人気が高く、常に自動車業界のトップに君臨する言わずと知れた大手自動車メーカーです。

現代の日本車の礎を築いてきたトヨタですが、その信頼度から「トヨタ車に乗りたい!」と考えている方も少なくないはず。

本記事ではトヨタの人気車種について、ランキング形式で一挙にご紹介していきます。

トヨタ車に安く乗る方法もご紹介していきますので、「低予算でトヨタ車に乗りたい!」という方もぜひ最後までご覧くださいね!

安くトヨタ車に乗るなら「KINTO」一択!

KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

車のサブスク「KINTO」は、安全性の高いトヨタの新車に月額制で乗ることができるサービスです。

KINTOの利用に切り替えた方の中には、車に関する支払いが月々3万円も安くなったという声もあります。

KINTOを利用することで車に関する良いコトはこんなにたくさん!

  • 月額制(月々1万円~)でトヨタの新車に乗れる
  • 車検・保険料・メンテナンス込みでずっと定額
  • 審査~契約までWeb上で一括完結で手間いらず
  • 初期費用ゼロ(頭金不要)で車が手元に来る
  • 指定のクレジットカードで払うとさらにお得に

どのプランを選択してもトヨタ正規店でのメンテナンスも含まれているので、万が一のときでも安心です。

頭金不要なので初期費用はなんと0円!
しかも申込み~契約までWebで完結できるので、店舗まで車選びに赴く時間がない方にもピッタリです。

公式サイトなら月々の支払いシミュレーションもできるので、まずは購入と比較してどれだけお得になるのかをチェックしてみてくださいね。

【独自調査】KINTOユーザーからの実際の口コミ

【口コミ調査概要】
調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

-ゴンザレス/31歳/男性
契約した車種:ルーミー/2wd/1.0L
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
月々の支払い:約38000円

タイヤ交換などのメンテナンスもしてくれますし、サービスはかなり充実しています。数年ごとに車を乗り換えたいと思っている人にとっては、新車を買うよりもかなり安くつきますし、コスパは最高です。海外転勤が決まった時は違約金無しというサービスも嬉しいです。

-きたぐに/40代/男性
契約した車種:ヤリス/G1.5L/CVT/2WD
選んだ理由:新車に月額制で乗れる
月々の支払い:44,550円

今まで維持費を気にして車を選んでいました。 定額支払うだけなので余計な心配がなくなり自分に合った車選びが出来るようになりました。 お金の管理もしやすくなりました。 心配していたアフターフォローも全く問題ありません。 定期的に新しい車に乗りたい私にはピッタリです。

\トヨタの人気車種勢揃い/
KINTOの支払いシミュレーションで
検討してみる
※審査申し込み~契約までWebで完結※

目次

【売上・売れ筋ランキングあり】トヨタの人気車種一覧はこれ!

トヨタの最新売上ランキングを以下の表にまとめました!

下記の台数は車名別の合算値となり、一部教習車を含みます。
例:車名「カローラ」の場合、カローラシリーズ全車種と教習車を含む

順位 車名 販売台数 前年比
1位 ヤリス 16,660 160.4
2位 ルーミー 11,597 312.3
3位 カローラ 7,493 114.6
4位 ハリアー 6,313 541.9
5位 ライズ 6,268 79.2
6位 アルファード 5,947 103.4
7位 ヴォクシー 5,066 148.2
8位 RAV4 4,784 200.8
9位 シエンタ 3,908 90.0
10位 プリウス 3,194 91.3

※2021年5月の統計
※引用:日本自動車販売協会連合会

ランクインしている車種は軒並み前年比を上回る売上を叩き出しています。

車全体の売り上げが伸び悩んでいる昨今ですが、トヨタが築き上げてきた車に関する信頼・実績・人気を伺えるデータと言えるでしょう。

不動の1位は「ヤリス」シリーズ

2020年7月の統計で販売台数1位を獲得して以来、なんと11ヶ月もの間その座をキープしている「ヤリス」シリーズ。

ホンダのフィットや日産ノートなど、ライバルメーカーが続々とニューモデルを投入する中でも断トツで1位を獲得し続けています

コンパクトカーのみならず、ヤリスシリーズのSUVである「ヤリスクロス」の人気も忘れてはいけません。

シリーズ別に見るとヤリスクロスの売上はヤリス(コンパクトカー)を上回っているのです。

コンパクトカー・SUVに共通して、ボディサイズの印象を遥かに凌ぐ走行性能と一貫した超低燃費性能が人気を支えています。

ジャンル別に見るとコンパクトカーの需要が高い

コンパクトカーの需要が高い

2位にランクインしているルーミーはコンパクトカーです。

1位のヤリスシリーズと3位のカローラシリーズにコンパクトカーがラインナップされていることからも、全体的にコンパクトカーの需要が高いと言えます。

コンパクトカーはボディサイズや乗車人数などの面で使い勝手が良く、基本的には乗り手を選ばない性能性があることから高い需要を得ているようです。

また維持コストの面から見た場合にセカンドカーとしても丁度いいため、都市部でも地方でも幅広く求められています。

SUVがグイグイと売上を伸ばしてきている

SUVは世界的に人気を伸ばしてきている注目のジャンルですが、ランキングを見ればSUVの人気は一目瞭然です。

1位のヤリスに含まれる「ヤリスクロス」、4位のハリアーや5位のライズもSUV。

またランキングこそ8位となったRAV4ですが、前年比から見ると格段に売上を伸ばしています。

多様性がありシーンを選ばないデザイン性機能性に加え、幅広いラインナップが人気を後押ししているようです。

2021年夏にはカローラシリーズのSUVタイプが出るとも噂されており、今後もラインナプから目が離せません。

【2021年最新】ボディタイプ別トヨタのおすすめ車種ランキングTOP3

ひとえに「トヨタ車に乗りたい!」と言っても、使用用途やシーンでおすすめの車種は様々です。

ここからは各シーンにピッタリのトヨタ車を、ボディタイプ別にご紹介していきます!

【アウトドア好きの人必見!】SUVの人気ランキングTOP3

SUVとは「スポーツ・ユーティリティー・ビークル(Sport Utility Vehicle)」の略で、その名の通りスポーツやレジャーに適した装備を持った利便性の高い車両です。

現在ではさらに多様化され、コンパクトでオシャレに街乗りできるタイプのデザインも増えてきています。

第1位:ヤリスクロス

ヤリスクロス

画像引用元:カーセンサー

新車価格 1,798,000円~2,815,000円

デザインだけではなく快適なカーライフを過ごすための優れた機能性も併せ持つ「ヤリスクロス」は、幅広い世代から注目を集めています。

まずは特筆すべきは圧倒的な収納力
社内やランゲージルームの容量は圧巻の390Lを備えており、フルサイズのゴルフバックが2つすっぽり入ってしまうサイズ感です。

また路面状況に応じて「MUD&SAND」「ノーマル」「ROOK&DIRT」の3つのモードから選択できる、マルチテレインセレクトという機能も搭載されています。

アウトドアやレジャーに最適な機能性と、かつデザインにおいても街乗りなら一目置かれるクールな外装が特徴です。

第2位:ハリアー

ハリアー

画像引用元:カーセンサー

新車価格 2,990,000円~5,040,000円

トヨタのSUVと言えば、で多くの方が連想する「ハリアー」。

最新モデルの特徴としては、前モデルよりも格段に向上した乗り心地です。

足回りが柔軟かつ走行安定性も良く、加速もなめらかでノイズが少なくなりました。
後席も窮屈感なく乗ることができ、上質な内装がより高級感を漂わせます。

国内の高級SUVのパイオニア車種らしくデザイン性の高さはさすがですが、SUVとしての力強い走りも備えている点も魅力的です。

第3位:ライズ

ライズ

画像引用元:カーセンサー

新車価格 1,679,000円~2,282,200円

2019年11月の発売以来、常に売上をキープしている「ライズ」。

SUVには珍しく5ナンバーサイズに収まるコンパクトなボディで、小回りが利きながらもSUVらしい力強い走りを兼ね備えている車種です。

「カッコいいSUVが欲しいけど大きいクルマは運転が不安」「走りを楽しめるSUVが好きだけど燃費や価格が心配」…。

そんな声に応えるために誕生したライズは、「コンパクトSUV」というジャンルを確立させた車種でもあります。

充実した安全性能とコンパクトさを感じさせない車内空間で、未だにSUVの中でも根強い人気を誇っているのです。

【家族に嬉しい機能が満載】ミニバンの人気ランキングTOP3

車高が高く3列シートで6~8人乗りのバンは総称して「ミニバン」と呼ばれます。

3列目を折りたためば収納スペースにも使うことができ、空間効率が良いのが特徴。
大勢乗れる・たくさん運べるという特性から、特に子育て世代に大人気です。

第1位:アルファード

アルファード

画像引用元:トヨタ公式サイト

新車価格 3,520,000円~7,752,000円

言わずと知れたトヨタの高級ミニバン「アルファード」は、快適な居住性高い走行性能を兼ね備えた車です。

ハイクオリティなエクステリア・インテリアが魅力的なアルファードですが、大容量の床下収納はファミリーカーとしてとっても優秀。
小型スーツケースやボストンバッグ・ゴルフバッグなどを積み込めるので、荷物が多くなるキャンプや旅行にもピッタリです。

トヨタ車ならではの最新の安全装備は全グレード標準搭載されており、大切なご家族を安心・安全に乗せることができます。

またお客様を乗せる車としても「ワンランク上のおもてなし」を体感してもらえるでしょう。

第2位:シエンタ

シエンタ

画像引用元:価格.com

新車価格 1,809,500円~2,580,000円

シエンタ」の最大の特徴は、ファミリーカーとして徹底的にこだわり抜いた機能性です。

全高1,700㎜以下に抑えた車高で集合住宅でも邪魔になりにくく、かつコンパクトさを感じさせない空間効率が特徴。

大きな荷物を持った女性や小さなお子さんでも乗降しやすいフラットなスライドドアも人気の理由です。

さらに特筆すべきは価格帯のパフォーマンスの良さ。
ミニバンであるにも関わらず新車価格は1,809,500円~2,580,000円と、なんと300万円以下で購入できます。

遊び心のあるデザイン性で、ご夫婦にとってもお子さんにとっても「楽しい一台」になるでしょう。

第3位:ヴォクシー

ヴォクシー

画像引用元:トヨタ公式サイト

新車価格 2,813,800円~3,443,000円

全9種類の豊富なグレード展開が特徴の「ヴォクシー」は、「カッコよさ」を追求したスタイリッシュなファミリーカーとして人気です。

ノア・ヴォクシー・エスクァイアのトヨタ三兄弟と呼ばれているミニバンの中でもダントツの人気を誇っています。

トヨタ三兄弟の中では「ノアよりもファッショナブル」「エスクァイアより安価」という明確な個性があり、若年層のファミリー向けという印象を受ける車です。

ワンタッチで開閉可能なパワースライドドアも、小さなお子さんがいるご家庭には嬉しい機能ですね。

【コスパ抜群◎】コンパクトカーの人気ランキングTOP3

乗り手を選ばない性能性を持つコンパクトカーは、運転初心者からシニアの方まで幅広い層に人気です。

小型乗用車と呼ばれる5ナンバー規格までの車種を指し、車両価格の安さや燃費の良さが特徴。

多様なラインナップの豊富さも現代の需要とマッチし、さらに人気を拡大しています。

第1位:ヤリス

ヤリス

画像引用元:カーセンサー

新車価格 1,395,000円~2,493,000円

欧州カー・オブ・ザ・イヤー2021を受賞した「ヤリス」。

開発段階から欧州のコンパクトカーをライバルとし、渡り合うために進化を続けてきたコンパクトカーです。

トヨタの新プラットフォームTNGA(Toyota New Global Architecture)をコンパクトカーとして初めて採用したヤリス。

世界トップクラスの燃費性能と爽快な走りが魅力的で、ドライバーの運転のしやすさを一番に考え重要視し造られています。

操縦の安定性や運転する楽しさを追求した車のため、より快適なカーライフを送れるでしょう。

第2位:ルーミー

ルーミー

画像引用元:価格.com

新車価格 1,556,500円~2,090,000円

軽自動車の人気カテゴリーであるトールワゴン型のコンパクトカー「ルーミー」。

コンパクトカーであるにも関わらず広い室内空間を有し、利便性の高いスライドドアもまるでミニバンのような使い勝手です。

エンジンの燃費性能もよく、コンパクトカーとしての走りと軽自動車並みの低燃費を両立させた車両と言えます。

トヨタの売上ランキングでも2位を獲得しており、コンパクトカーの中でも優れた機能性があることで人気の車です。

第3位:カローラスポーツ

カローラスポーツ

画像引用元:価格.com

新車価格 2,169,000円~2,764,000円

カローラスポーツ」はもともと「カローラハッチバック」という仮称で登場しました。

細部までこだわったシンプル&スポーティな室内エモーショナルなエクステリアを有しつつ、車としての性能も抜群です。

鍛え抜かれた足回りと軽快な加速は特徴的で、ただのドライブでさえ一味違った運転の楽しさを味わえます。

コンパクトカーながらも大容量のラゲージを確保しており、荷室床面の高さを2段階に調整できるデッキボードは高い実用性を発揮。

Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が安全装備として採用されているため、安全面にこだわった車選びにも最適です。

【2021年最新】ジャンル別トヨタのおすすめ車種ランキングTOP3

トヨタ車にはシーンを限定せずに乗りやすい車もラインナップされています。

ここからはそれぞれの特徴・ジャンルごとにおすすめのトヨタ車のご紹介です!

【女性におすすめ】運転しやすいトヨタ車ランキングTOP3

比較的コンパクトな車は小回りが利き運転しやすく、運転が苦手な方体格の小さな女性でも扱いやすいです。

また運転アシスト機能や駐車アシスト機能、安全装備を多く搭載した車だとより運転しやいという利点も。

今回は運転しやすい車の中でも、特に見た目がパステルカラーやビビットカラーなどで女性心をくすぐるデザインの車をご紹介します。

第1位:パッソ

パッソ

画像引用元:価格.com

新車価格 1,265,000円~1,903,000円

一部の軽自動車よりも安価でコスパ抜群のコンパクトカー「パッソ」。

20代~30代の女性に人気が高く、可愛らしくオシャレな見た目と充実した運転サポート機能が特徴です。

トヨタから販売されている車両の中で最も小さいボディサイズで、大きな車を乗りこなすのが不安な方にオススメ。

ここまでリーズナブルながらも、使い勝手の良さは他コンパクトカーと比べても遜色ありません。
維持費の面から見ても長い目で乗りこなすことができる車両と言えるでしょう。

第2位:アクア

アクア

画像引用元:価格.com

新車価格 1,818,300円~2,610,300円

女性や運転初心者にもオススメの「アクア」ですが、同時に本格的な走行を楽しむことができる高い機能性と低燃費性も特筆できます。

燃費性能はなんと38.0㎞/Lと、国産車の中でも第2位の数字です。

また安全装備も充実しており、障害物を感知するソナーは車全体に合計8ヶ所も設置されています。

カラー展開も豊富に用意されているため、自分好みの車に仕上げられるのも魅力的ですね。

第3位:ピクシスジョイ

ピクシスジョイ

画像引用元:カーセンサー

新車価格 1,314,500円~1,738,000円

ダイハツキャストのOEM車である「ピクシスジョイ」は、トヨタで唯一の軽自動車シリーズとして知名度があります。

軽自動車であっても「トヨタ製」であることの安心感と、4WDもラインナップされている豊富なバリエーションから人気の車両です。

丸いライトとカラーバリエーションが特に女性ユーザーからの支持を得ています。

グレードはクロスオーバータイプの「Cグレード」・おしゃれなファッションスタイルの「Fグレード」・スポーツタイプの「Sグレード」の3つ。

それぞれ特徴的なため、ご自身の好みに合ったグレードを選びやすいでしょう。

【トヨタと言えばこれ!】トヨタの有名高級車種ランキングTOP3

「トヨタ車と言えば」で連想する車両はいくつか存在します。

ここからはトヨタ車の中でも有名な高級車種についてのご紹介です!

第1位:カムリ

カムリ

画像引用元:カーセンサー

新車価格 3,485,000円~4,672,000

北米ではトップセールスを誇る大人気の日本車「カムリ」は、トヨタ製セダンの中でも今一番人気の車両です。

デザイン性が非常に優れており、「見た目重視」で選ぶユーザーもいるほど。

華やかで気品を備えた「G」「X」、スポーティな走りを見せる「WS」の2スタイルからタイプを選べます。

燃費性能も24.6㎞/Lと優秀なため、普段使いもできるセダンとして幅広い層に人気です。

第2位:クラウン

クラウン

画像引用元:トヨタ公式サイト

新車価格 4,899,000円~7,393,000円

クラウン」は言わずと知れた日本車として長い歴史と伝統を誇る最上級セダン

1955年に日本初の国産乗用車として誕生して以来、長きに渡って日本人に愛されてきた車種です。

現行型は若い世代にもターゲットを当て、開放的で現代的なデザインに昇華されています。

最新の安全装備「Toyota Safety Sense」も全車種標準搭載されており、まさに伝統と最新技術が融合した最上級車両として人気です。

第3位:カローラ

カローラ

画像引用元:価格.com

新車価格 1,936,000円〜2,948,000円

世界150以上の国・地域で人気の高い「カローラ」。

兄弟車のカローラスポーツなどの売れ行きも好調で、シリーズ全体の売上はランキング3位を誇ります。

現行型は低重心でワイドな設計のスポーティなデザインとなっており、黒を基調としたインテリアは質感にまでこだわって上質に仕上げられました。

ガソリンエンジン・ハイブリッド車ともに優れた燃費性爽快な走りが魅力的で、セダンらしからぬ取り回しの良さも特筆すべき点。

安全装備も充実しているため、カローラなら「上質で安全な走り」を手に入れられるでしょう。

KINTOなら低予算で人気のトヨタ車に乗れる!

KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

憧れのトヨタ車に「少しでも安く乗りたい」という方必見なのが「KINTO」。

なんとKINTOなら初期費用0円でトヨタ車に乗ることができるのです!

しかも取り扱っている車種は常に最新車種のため、トヨタの新車に常に乗り続けることができちゃいます。

車種にもよりますが月額は4万円~、この月額の中には車検・自動車保険・メンテナンス諸費用も全部込み!

もちろんメンテナンスはトヨタ正規店で行ってくれるから安心です。

トヨタ正規ディーラーで可能なメンテンナンス一覧
  • 法定点検
  • 定期点検
  • 車検※3年プランを除く
  • ロードサービス
  • 故障修理
  • 代車
  • 油脂類の交換及び補充
  • 所定の消耗品の交換
    【消耗品一例】
    エンジンオイル/エンジンオイルフィルター/エアクリーナーエレメント/タイヤ/バッテリー/ワイパーゴム/ウィンド・ウォッシャー液/エアコンフィルター/ブレーキパッド/ブレーキシュー/ブレーキライニング/ブレーキフィールド/各種電球/各種電池(電子キー・カードキー)など

KINTO公式サイトには購入と比較できる支払いシミュレーションもありますので、まずはどれくらいお得になるかをチェックしてみましょう!

【独自調査】KINTOユーザーの実際の口コミ

【口コミ調査概要】
調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

-KINTOしましたさん/30代/男性
契約した車種:ヤリスクロス
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
月々の支払い:43,670円

最近の車は安全機能や走行支援機能などの進化がとても早く思えます。 日常に欠かせないものは、最新のものが当たり前に便利にきまっていると思っています。 スマホも車も日常には欠かせないアイテムなので、KINTOというサービスは車の替えやすさや、お金の管理のしやすさなどを含めとても理にかなったサービスだと自分自身は思いました。 古いものを長く大切に使うのも大事なことだとは思いますが、便利なもの、サービスを生活に取り入れてQOL(Quality of Life)をあげられることも大切かと思いました。

-とりっちさん/30代/男性
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
契約した車種:パッソ
月々の支払額:37,510円

定額制なので、非常にお金の管理がしやすいと思いました。常に車に乗るわけではないので、必要な時に車に乗っているという感じなので。軽ですと、都会でもスイスイ走りやすいので車種も気に入ってます。また、最初の契約段階で車に手を出すハードルが少ないと感じました。

\トヨタに乗るなら断然お得!/
KINTOで
トヨタの新車に乗る
契約までWebで一括完結だから楽チン♪

トヨタ車に乗るならお得に賢く

トヨタ車に乗りたいのなら、購入以外にもKINTOの利用も視野に入れて車選びを進めましょう。

トヨタの新車は常に最先端の自動車技術を取り入れているため、安全性も抜群です。

ランキングをチェックして乗りたい車が見つかったなら、早速KINTOの支払いシミュレーションを利用してみてくださいね。

>>KINTOの支払いシミュレーションはこちらから

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる