DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 × レスポンス

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1MOVIE IMPRESSIONあなたは知っているか!?突然の雪に“AS1”という答えを・・・

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1MOVIE IMPRESSIONあなたは知っているか!?
突然の雪に“AS1”という答えを・・・

非降雪地に住み、日常的にクルマを使う人たちは必見!

このところ、毎冬のように思いがけずに降った雪で交通がパニックに陥ったというニュースをよく耳にする。日本の国土は降雪地と非降雪地帯がほぼ半々。降雪地はもちろん、非降雪地に住んでいてもウインタースポーツをたしなむ人なら大半がスタッドレスタイヤを持っているだろうが、今回ご紹介するオールシーズンタイヤ「ALL SEASON MAXX AS1」は、そんな非降雪地に住み、日常的にクルマを使う人たちが対象だ。

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 × レスポンス

雪道を走る機会は基本的にはほぼ無いと言われる非降雪地域でも、1年に数回、または何年かに1回とか雪が降ることがある。そういった時は無理にクルマに乗らない、と言う人もいるだろうが、通勤や買い物、家族の送迎など、クルマを利用しないと生活に支障をきたす、と言う人は、普段通りにクルマを使いたい。そして、夏タイヤでも少しぐらい平気だろう、と思い、クルマで出かけて滑って事故を起こしたり、動けなくなってしまう人も大勢いるのも事実だ。

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 旋回
《 旋回 》
DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 制動ブレーキ
《 制動ブレーキ 》

多少の雪上でも安全に走行が可能!しかしこれは夏タイヤである!

そこで目を向けて欲しいのが、オールシーズンタイヤという商品。このところ各社から相次いで発売されていて、冬道重視から舗装路重視まで大なり小なり性能に違いがあるのだが、このほどダンロップが送り出した「ALL SEASON MAXX AS1」は舗装路重視。夏タイヤと同じように使えながら、雪道も走れて、その性能も長持ちするというからたいしたものだ。詳しいインプレッションは12月にお届けしたい。

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 × レスポンス

なにせ舗装路と雪上と氷上というのは、それぞれ求められる性能がまったく異なる。ひとつのタイヤで両立するのは至難の業だ。ALL SEASON MAXX AS1は、氷上についてはスタッドレスタイヤにまかせて、あくまで夏タイヤとしての性能を十分に確保しつつ、雪上でも安全に走れる性能を実現したという。

これまでのオールシーズンタイヤと違うしっかり感を実現!

今回は、まずは乾いた舗装路でどうなのかを確認するため、ALL SEASON MAXX AS1を装着したクルマで都内から横浜方面にかけての一般道や首都高速をドライブしたのだが、とにかく本当に正真正銘、夏タイヤと同じ感覚で走れることに衝撃を受けた。

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 × レスポンス

通常のオールシーズンタイヤというものは、ステアリング操作に対して応答が遅れたり、腰砕けになってヨレたりするものが多いが、それがないのだ。

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 × レスポンス

首都高速で車速を高めてレーンチェンジを試みても、その安定した印象が変わることはない。しっかりとした手応えがあり、ステアリングを操作したとおり微舵の領域から正確に狙ったとおりラインをトレースしていけるので、ペースの速いジャンクションでも不安を感じることはない。

夏タイヤと同等の驚きの静粛性

さらには静粛性が高いことにも感心した。これまで試した多くのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤは大なり小なり音が気になるものが多かったが、ALL SEASON MAXX AS1は、ロードノイズもパターンノイズもさほど気にならず、夏タイヤと感覚としては変わらない。

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 × レスポンス

これにはALL SEASON MAXX AS1に採用された独自の技術が効いているからに違いない。センターリブ部分を幅広くしたおかげで、走行中にもっとも接地する部分の剛性が十分に確保されているので、夏タイヤのように路面を正確に捉えることができる。また、スクラムを組むようにブロックを細分化したことで、路面からの入力を緩和しノイズを低減できることに加えて、お互いが支え合うためパターン剛性を確保できるのだという。

冬が待ち遠しくなる「Vシェイプ主溝」という技術とは?

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 × レスポンス

今回は晴天のために試していないが、オールシーズンタイヤはウェットブレーキ性能についても、夏タイヤを凌ぐほどの性能を確保したというから驚く。
「Vシェイプ主溝」という溝が効率よく排水して水膜の侵入を防ぐのに加えて、深溝設計の採用により排水容積を確保し、併せてロングライフ性能も高めることができたという。これも見逃せないポイントだ。

タイヤのトレッドを触ってみたところ、ブロックがとてもしっかりしていたことも印象的だった。おそらく新開発のコンパウンドにも重大な「何か」が潜んでいることに違いない。常温でこれほど高い剛性を持っていながら雪道も問題なく走れたら、それはもう本当に画期的な話である。

DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 × レスポンス

そんなわけで次回は、雪道をちゃんと走れるかどうか実際に試してみたい。とにかくALL SEASON MAXX AS1の舗装路での走りには驚くべきものがあった。ぜひご期待いただきたい。

TEXT:岡本幸一郎、PHOTO:中野英幸

ナビゲーター

NAVIGATOR

岡本幸一郎KOICHIRO OKAMOTO

モータージャーナリスト。1968年富山県生まれ。学習院大学卒業後、生来のクルマ好きが高じて自動車メディアの世界へ。月刊の自動車情報映像媒体の制作、自動車専門誌の記者を経て、1996年よりフリーランスに。スポーツカーをはじめ、軽自動車、ミニバン、高級輸入車まで幅広い守備範囲を自負する。市販車だけでなく、カスタマイズ事情やモータースポーツ関連にも通じる。現在はWEB媒体を中心に執筆中。読んだ方々にとって役に立つ情報を提供することを身上としている。