富士通ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

富士通に関するニュースまとめ一覧

富士通フォーラム2018…デジタル化が進む中で知見をつなぐ 5月17-18日 画像
自動車 テクノロジー

富士通フォーラム2018…デジタル化が進む中で知見をつなぐ 5月17-18日

富士通は17~18日の2日間、東京国際フォーラムにて、「富士通フォーラム2018」を開催する。同社が主催する最大規模の展示会で、展示は約120種類。これは昨2017年の約100種から増えている。

FOMMと富士通、小型EV向け「バッテリークラウドサービス」共同開発へ 画像
エコカー

FOMMと富士通、小型EV向け「バッテリークラウドサービス」共同開発へ

富士通は3月22日、新たなモビリティ社会の実現に向け、EVベンチャーのFOMM(フォム)と協業を開始すると発表した。

コネクテッドカーへのサイバー攻撃を検知、富士通研究所が技術を開発 画像
自動車 テクノロジー

コネクテッドカーへのサイバー攻撃を検知、富士通研究所が技術を開発

富士通研究所は、車載ネットワークにおけるサイバー攻撃を検知する技術を開発したと発表した。

地域住民助け合いによる乗合マッチングを実証実験へ 画像
自動車 テクノロジー

地域住民助け合いによる乗合マッチングを実証実験へ

富士通は、福島県伊達市と富士通が提供する位置情報を活用したクラウドサービス「モビリティ・ソリューション・スペーシオウル」を活用した地域住民助け合いによる遊休車両を利用した乗合送迎サービスの実証実験を実施する。

KDDIなど3社、自動運転向けダイナミックマップの実証実験開始へ…次世代通信「5G」活用も 画像
自動車 テクノロジー

KDDIなど3社、自動運転向けダイナミックマップの実証実験開始へ…次世代通信「5G」活用も

KDDIとゼンリン、富士通の3社は、4G LTEおよび次世代移動通信システム「5G」を活用した自動運転向け「ダイナミックマップ」の生成・配信技術の実証実験を2018年1月より開始すると発表した。

あいおいニッセイ同和損保、JVCケンウッドの車載器を使ったテレマティクスによる事故低減サービスを提供 画像
自動車 ビジネス

あいおいニッセイ同和損保、JVCケンウッドの車載器を使ったテレマティクスによる事故低減サービスを提供

あいおいニッセイ同和損害保険は、自動車保険フリート契約者向けにテレマティクスサービス「ささえるNAVI」に「Lite」を追加して2018年6月から提供すると発表した。

富士通とHERE、先進モビリティサービスと自動運転で提携 画像
自動車 テクノロジー

富士通とHERE、先進モビリティサービスと自動運転で提携

富士通とオランダ HERE社は11月7日、先進モビリティサービスと将来の自動運転について、長期戦略的提携を行うことで合意したと発表した。

富士通テン、デンソーグループ入り…新社名は「デンソーテン」 画像
自動車 ビジネス

富士通テン、デンソーグループ入り…新社名は「デンソーテン」

富士通テンは11月1日、デンソーを筆頭株主とする資本構成の変更と、新社名「株式会社デンソーテン」を発表した。

日本発「空飛ぶクルマ」、2020年公開に向け愛知・東京に開発拠点を設置 画像
自動車 ニューモデル

日本発「空飛ぶクルマ」、2020年公開に向け愛知・東京に開発拠点を設置

空飛ぶクルマの開発を進める「CARTIVATOR(カーティベーター)」は、豊田市および富士通、テックショップジャパンからの支援のもと、愛知・東京の2か所に開発拠点を設置することを決定した。

【富士通フォーラム2017】データを基軸とした連携が広がる 5月18~19日 画像
自動車 ビジネス

【富士通フォーラム2017】データを基軸とした連携が広がる 5月18~19日

富士通は18~19日の2日間、東京国際フォーラムにて「富士通フォーラム2017」を開催する。今年のテーマは「Human Centric Innovation: Digital Co-creation(ヒューマンセントリック・イノベーション デジタル コ・クリエーション)」。

【富士通フォーラム2017】成長するクルマを実現するクラウド型のAIシステム 画像
自動車 ビジネス

【富士通フォーラム2017】成長するクルマを実現するクラウド型のAIシステム

自動運転を実現するAI(人工知能)は、各社がしのぎを削る最先端の技術競争領域だ。富士通が提案するのは、AIを車両側とクラウド側に分けて役割分担し、それぞれのAIが連携することで”成長するクルマ”を実現するというものだ。

【富士通フォーラム2017】配車計画の熟練の技をAIで再現する 画像
自動車 ビジネス

【富士通フォーラム2017】配車計画の熟練の技をAIで再現する

富士通は16日、「富士通フォーラム2017」内覧会を開いた。富士通の展開する様々なビジネス事例のショーケースとなるが、ここでは自動車関連の展示を紹介する。一般公開は18日から2日間の予定。

富士通のAI『Zinrai』はスパコン『京』と量子コンピューティング技術で進化 画像
自動車 ビジネス

富士通のAI『Zinrai』はスパコン『京』と量子コンピューティング技術で進化

5月16日、富士通は、5月18日から2日間の予定で一般公開される「富士通フォーラム2017」に先立ち、AI戦略に関する発表会を開き、富士通のAI『Zinrai(ジンライ)』に関して説明した。司会進行は、富士通のロボット『ロボピン』によって進められた。

運転士や車掌の「睡眠」を改善…JR西日本と富士通がシステム開発 画像
鉄道

運転士や車掌の「睡眠」を改善…JR西日本と富士通がシステム開発

JR西日本と富士通の2社は4月19日、睡眠改善のアドバイスを行うシステムを開発したと発表した。JR西日本は本年度中にこのシステムを導入し、乗務員の睡眠改善に役立てる。

米VMware、富士通と戦略的協業…自動車向けIoTソリューション 画像
自動車 テクノロジー

米VMware、富士通と戦略的協業…自動車向けIoTソリューション

米国カリフォルニア州に本拠を置くVMwareは3月29日、富士通との間で、自動車業界の顧客に革新的なIoT(モノのインターネット)ソリューションを提供するための戦略的協業で合意した、と発表した。

インクリメントPなど、舗装劣化状況把握技術をアセアン諸国へ展開 画像
自動車 テクノロジー

インクリメントPなど、舗装劣化状況把握技術をアセアン諸国へ展開

インクリメントPと富士通交通・道路データサービスは、2016年12月にタイで実施した舗装劣化状況把握技術の実証実験について、同国でも運用可能であることがわかったと発表した。

【AIタクシー】その効果のほどは…乗務員に聞いた 画像
自動車 テクノロジー

【AIタクシー】その効果のほどは…乗務員に聞いた

「最初は半信半疑だったのですが、使い始めてみるとその効果は明らかでした」。AIタクシーの記者発表会(17日)では、同乗試乗会も行われた。実証実験に参加した乗務員に、その効果を聞いた。話を聞いたのは、ベテラン乗務員のAさん。

【AIタクシー】 配車を最適化、売り上げ1.5倍の効果 画像
自動車 テクノロジー

【AIタクシー】 配車を最適化、売り上げ1.5倍の効果

NTTドコモ、東京無線、富士通、富士通テンの4社は2月17日、共同で実施してきたAIタクシーの実証実験の中間報告と試乗会を兼ねた記者発表会を東京都内で開催した。

子ども向けプログラミングスクール、富士通が開校…事前に体験会も 4月 画像
自動車 テクノロジー

子ども向けプログラミングスクール、富士通が開校…事前に体験会も 4月

 富士通ラーニングメディアは、子ども向けのプログラミングスクール「富士通オープンカレッジ F@IT Kids Club(ファイトキッズクラブ)」を4月9日、品川に開校する。プログラミングを通じて論理的思考、創造性、問題解決力を養っていく。

インクリメントPと富士通、タイで舗装劣化状況把握技術の実証実験を開始 画像
自動車 テクノロジー

インクリメントPと富士通、タイで舗装劣化状況把握技術の実証実験を開始

インクリメントPと富士通交通・道路データサービスは11月28日、両社の地図情報技術と舗装診断技術を組み合わせた「舗装劣化状況把握技術の実証実験」をタイで開始すると発表した。

東芝と富士通、道路舗装の健全性診断事業で提携 画像
自動車 テクノロジー

東芝と富士通、道路舗装の健全性診断事業で提携

東芝と富士通交通・道路データサービス(FTRD)は11月28日、道路舗装損傷評価を効率化するサービスを共同で展開することで合意したと発表した。

富士通とNTTドコモ、「5G」向け屋外実験で超高密度分散アンテナの有効性を確認 画像
自動車 テクノロジー

富士通とNTTドコモ、「5G」向け屋外実験で超高密度分散アンテナの有効性を確認

富士通は、NTTドコモと第5世代移動通信方式(5G)向け大容量化技術である超高密度分散アンテナの実験で超高密度分散アンテナの有効性を確認したと発表した。

商用車プローブ情報を活用した交通分析手法…富士通高度・道路データと阪神高速が確立 画像
自動車 テクノロジー

商用車プローブ情報を活用した交通分析手法…富士通高度・道路データと阪神高速が確立

富士通交通・道路データサービスと阪神高速道路は、商用車の走行データを活用した交通分析手法を確立したと発表した。

渋滞や事故、違反をリアルタイムで認識---画像処理と機械学習を活用 画像
自動車 テクノロジー

渋滞や事故、違反をリアルタイムで認識---画像処理と機械学習を活用

富士通研究所と中国の富士通研究開発中心(FRDC)は、画像処理と機械学習の技術を活用して、道路交通の監視映像を解析し、渋滞や事故、交通違反などの状況を高精度・リアルタイムで認識する技術を開発した。

【福祉機器展16】富士通、実証実験中のロボットを参考出品…顔を認識して会話を 画像
エンターテインメント

【福祉機器展16】富士通、実証実験中のロボットを参考出品…顔を認識して会話を

富士通はクリオネのように可愛らしいメディエータ(仲介者)ロボット「RoboPin(ロボピン)」を参考出品した。このロボットはグループ会社の富士通研究所が開発したもので、同社の人工知能「Zinrai(ジンライ)」と利用した、人と会話ができるロボットだ。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 …10 ・・・> 次
Page 1 of 10