スバル(ブランド)に関するニュースまとめ一覧

スバル (SUBARU) とは、富士重工業が展開する自動車製造部門およびブランド名である。 メーカーとしての原点を、戦前の航空機メーカー中島飛行機に持ち、創業期に元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念に囚われないユニークなメカニズムを特徴とする自動車を多く送り出してきた。そのスタンスは日本の自動車メーカーの中でも、特に技術至上主義の傾向が強い。中でも、自動車技術者百瀬晋六は有名な存在である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連インデックス
SUBARU スバル(コーポレート。元富士重工業) スバルWRC スバル R1 スバル R2 スバル インプレッサ スバル ヴィヴィオ スバル エクシーガ スバル ジャスティ スバル ステラ スバル デックス スバル トラヴィック スバル BRZ スバル フォレスター スバル プレオ スバル レガシィ スバル コンセプトカー トヨタ自動車 スバル XV スバル EyeSight(アイサイト) スバル サンバー スバル トレジア スバル ルクラ
VRとリアル登坂体験も…スバルがレッドブル・アイスクロスをサポート 画像
モータースポーツ/エンタメ

VRとリアル登坂体験も…スバルがレッドブル・アイスクロスをサポート

2月15日に横浜臨港パークで決勝が行われた「レッドブル・アイスクロス横浜2020」のオフィシャルスポンサーのひとつにスバルが名を連ねている。会場のスバルブースでは、アイスクロス競技のVR体験や『XV』による30度の登坂体験デモが行われた。

【スバル インプレッサ 新型試乗】コスパだけは絶対にライバルに負けない…中村孝仁 画像
試乗記

【スバル インプレッサ 新型試乗】コスパだけは絶対にライバルに負けない…中村孝仁

◆コスパだけは絶対に負けないインプレッサ ◆最新のマツダ3を凌駕する乗り心地 ◆リニアトロニックと燃費だけは…

スバル、5年間の所有コストが最も低いブランドに選出…米『ケリー・ブルー・ブック』 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル、5年間の所有コストが最も低いブランドに選出…米『ケリー・ブルー・ブック』

SUBARU(スバル)の米国部門は2月5日、新車登録から5年間の維持費を調査した『ケリー・ブルー・ブック』の「2020年 5-YEAR COST TO OWNアワード」において、スバルがベストブランドに選出された、と発表した。

スバル 岡田専務「インセンティブ抑制順調」…第3四半期営業利益は1.9%減の1527億円 画像
自動車 ニューモデル

スバル 岡田専務「インセンティブ抑制順調」…第3四半期営業利益は1.9%減の1527億円

SUBARU(スバル)が2月5日に発表した2020年3月期の第3四半期(4~12月期)連結決算は、主力の米国販売が好調を持続したものの、円高の影響などで営業利益は1527億円(前年同期比1.9%減)と小幅減益になった。

スバル、「レッドブル・アイスクロス」横浜大会にオフィシャルカーを提供 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル、「レッドブル・アイスクロス」横浜大会にオフィシャルカーを提供

SUBARU(スバル)は、2月15日に臨港パーク特設会場(横浜市西区)で開催される「レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ横浜2020」に協賛し、オフィシャルカーとしてスバル『XV』を提供する。

スバル ゲレンデタクシー、乗るだけ、撮るだけの人も集まる!! 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル ゲレンデタクシー、乗るだけ、撮るだけの人も集まる!!

今シーズンで7年目を迎えたSUBARU(スバル)のゲレンデタクシー。1~2日に開催された長野県のエコーバレースキー場では、スキー・スノーボードはせずに「ゲレンデタクーに乗るだけ」「撮るだけ」ために来た人もおり、観光イベントとして定着している様子が見られた。

国内未発売のレガシィ アウトバック 新型がサプライズ登場 ゲレンデタクシー 画像
モータースポーツ/エンタメ

国内未発売のレガシィ アウトバック 新型がサプライズ登場 ゲレンデタクシー

SUBARU(スバル)ゲレンデタクシー2019~2020シーズンの、長野県エコーバレー会場に、国内で未発売の『レガシィアウトバック』新型がサプライズで登場し、スバルファンの注目を浴びた(1~2日)。

スバルの世界生産が4年ぶりの100万台割れ、台風による操業停止が影響 2019年実績 画像
自動車 ビジネス

スバルの世界生産が4年ぶりの100万台割れ、台風による操業停止が影響 2019年実績

SUBARU(スバル)は1月30日、2019年暦年(1~12月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年比3.1%減の98万7283台で2年連続のマイナス、4年ぶりに100万台を下回った。

スバル BRZ GT300 2019…東京オートサロン2020[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

スバル BRZ GT300 2019…東京オートサロン2020[詳細画像]

スバルのモータースポーツ統括会社であるSTIはスバルと共同で、東京オートサロン2020に出展した。STIのモータースポーツへの挑戦を象徴するクルマの1台として、SUPER GT参戦車のスバル「BRZ GT300 2019」を幕張メッセに展示した。

スバル BRZ STI Sport GTコンセプト はSUPER GTモチーフ…東京オートサロン2020[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

スバル BRZ STI Sport GTコンセプト はSUPER GTモチーフ…東京オートサロン2020[詳細画像]

スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるSTI=スバルテクニカインターナショナルと共同で東京オートサロン2020(1月10~12日、幕張メッセ)に出展、『BRZ STI Sport GTコンセプト』を展示し、スバルとSTIならではの走りの愉しさを訴求した。

スバル WRX STI“ニュル24”クラス優勝車…東京オートサロン2020[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

スバル WRX STI“ニュル24”クラス優勝車…東京オートサロン2020[詳細画像]

スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるSTIと共同で東京オートサロン2020(1月10~12日、幕張メッセ)に出展、2019年にニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス連覇を果たした「WRX STI NBR Challenge 2019」を展示した。

スバル WRX S4 STI Sport GTコンセプト…東京オートサロン2020[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

スバル WRX S4 STI Sport GTコンセプト…東京オートサロン2020[詳細画像]

スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるSTI=スバルテクニカインターナショナルと共同で、「東京オートサロン2020(1月10~12日、幕張メッセ)に出展した。『WRX S4 STI Sport GTコンセプト』を展示し、スバルとSTIならではの走りの愉しさを提案した。

スバル、最も残存価値の高いブランドに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル、最も残存価値の高いブランドに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』

SUBARU(スバル)の米国部門は1月22日、『ケリー・ブルー・ブック』の2020年ベストリセールバリューアワードにおいて、スバルが最も残存価値の高いブランドに認定された、と発表した。

スバル XV にハイブリッド、「e-BOXER」…英国市場で販売本格化[修正] 画像
エコカー

スバル XV にハイブリッド、「e-BOXER」…英国市場で販売本格化[修正]

◆40km/hまでEV走行が可能 ◆最新アイサイトを標準装備 ◆アクティブシャッター付きの専用グリル

スバルの電動化戦略:「SUBARUらしさ」を出せるかを問う…スバル技術ミーティング 画像
自動車 ニューモデル

スバルの電動化戦略:「SUBARUらしさ」を出せるかを問う…スバル技術ミーティング

20日、スバルは「技術ミーティング」というプレスイベントを開催した。中村智美社長自ら登壇し、アイサイト、新型エンジン、ストロングハイブリッド、BEVのプロトタイプを発表するという異例の会見だった。

スバル 大拔専務CTO、「アイサイト」はステレオカメラにこだわる…次期 レヴォーグ で投入 画像
自動車 テクノロジー

スバル 大拔専務CTO、「アイサイト」はステレオカメラにこだわる…次期 レヴォーグ で投入

SUBARU(スバル)は1月20日に都内の本社で報道関係者向けの技術ミーティングを開き、中長期で取り組む安全や環境への技術対応策を提示した。

スバル アウトバック と レガシィ 新型、TomTomのナビゲーション搭載…米国仕様 画像
自動車 テクノロジー

スバル アウトバック と レガシィ 新型、TomTomのナビゲーション搭載…米国仕様

TomTom(トムトム)は、SUBARU(スバル)から2020年モデルの米国向け『アウトバック』新型と『レガシィ』新型のナビゲーションサプライヤーに選ばれた、と発表した。

スバル 中村社長「われわれは本気で死亡事故ゼロを目指す」…スバル技術ミーティングで中長期の環境や安全方針 画像
自動車 ビジネス

スバル 中村社長「われわれは本気で死亡事故ゼロを目指す」…スバル技術ミーティングで中長期の環境や安全方針

SUBARU(スバル)は1月20日、都内の本社で中村知美社長や大拔哲雄専務執行役員(CTO)が出席して報道関係者向けの技術ミーティングを開いた。

スバル、2030年代前半に全車電動技術搭載へ…スバル技術ミーティング 画像
自動車 ビジネス

スバル、2030年代前半に全車電動技術搭載へ…スバル技術ミーティング

SUBARU(スバル)は1月20日、報道関係者らを対象とした「SUBARU 技術ミーティング」を開催した。

【スバル XV e-BOXER 新型試乗】走りの質を頼もしく向上させている…飯田裕子 画像
試乗記

【スバル XV e-BOXER 新型試乗】走りの質を頼もしく向上させている…飯田裕子

◆日本の道、日本人のライフスタイルに合っているサイズ感 ◆アイサイト・ツーリングアシストの標準搭載とX-MODEの採用 ◆走りの質を高めてくれるe-BOXER

スバル米国販売が初の70万台超え、11年連続で増加 2019年 画像
自動車 ビジネス

スバル米国販売が初の70万台超え、11年連続で増加 2019年

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは、2019年の新車販売の結果を発表した。総販売台数は初の70万台超えとなる70万0117台。前年比は3%増と、11年連続で前年実績を上回った。

スバルゲレンデタクシーに新井大輝選手が初登場…敏弘選手と親子デモラン 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバルゲレンデタクシーに新井大輝選手が初登場…敏弘選手と親子デモラン

SUBARU(スバル)ゲレンデタクシーが18~19日、新潟県苗場スキー場で開催され、ラリードライバー新井大輝選手が初登場。「こんなに盛り上がるんですね」とびっくりしながらも、パフォーマンスを披露した。

雪不足に負けず今年もスバルゲレンデタクシーが疾走! 画像
モータースポーツ/エンタメ

雪不足に負けず今年もスバルゲレンデタクシーが疾走!

SUBARU(スバル)による冬の名物イベント「ゲレンデタクシー」、今シーズンも第1回が新潟県の苗場スキー場で行われた。雪不足で開催が危ぶまれたが、すでに雪を集めてコースを整備して開催、昨年以上の盛り上がりをみせた。

【スバル インプレッサ 新型試乗】誰もが感じられる素直さという基本性能…飯田裕子 画像
試乗記

【スバル インプレッサ 新型試乗】誰もが感じられる素直さという基本性能…飯田裕子

2016年の秋に登場した5代目インプレッサが大幅改良を行った。その主な内容はデザインの変更と質感の向上にサスペンション改良。そしてアイサイト・ツーリングアシストの全車標準装備だ。

スバル インプレッサ/レガシィ、タカタ製エアバッグで1万2000台を再リコール 画像
自動車 テクノロジー

スバル インプレッサ/レガシィ、タカタ製エアバッグで1万2000台を再リコール

SUBARU(スバル)は1月16日、『インプレッサ』および『レガシィ』のエアバッグ装置(インフレータ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 185