スバル(ブランド)ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

スバル(ブランド)に関するニュースまとめ一覧

スバル (SUBARU) とは、富士重工業が展開する自動車製造部門およびブランド名である。 メーカーとしての原点を、戦前の航空機メーカー中島飛行機に持ち、創業期に元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念に囚われないユニークなメカニズムを特徴とする自動車を多く送り出してきた。そのスタンスは日本の自動車メーカーの中でも、特に技術至上主義の傾向が強い。中でも、自動車技術者百瀬晋六は有名な存在である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連インデックス
SUBARU スバル(コーポレート。元富士重工業) スバルWRC スバル R1 スバル R2 スバル インプレッサ スバル ヴィヴィオ スバル エクシーガ スバル ジャスティ スバル ステラ スバル デックス スバル トラヴィック スバル BRZ スバル フォレスター スバル プレオ スバル レガシィ スバル コンセプトカー トヨタ自動車 スバル XV スバル EyeSight(アイサイト) スバル サンバー スバル トレジア スバル ルクラ
スバル サンバーバン、MT車全グレードにも「スマアシIII」を標準化 画像
自動車 ニューモデル

スバル サンバーバン、MT車全グレードにも「スマアシIII」を標準化

SUBARU(スバル)は、軽商用車『サンバーバン』を一部改良し、12月17日より販売を開始した。

【スバル フォレスター 新型試乗】X-BREAKこそ、フォレスターの真打ちだ…中村孝仁 画像
試乗記

【スバル フォレスター 新型試乗】X-BREAKこそ、フォレスターの真打ちだ…中村孝仁

◆X-BREAKこそ、フォレスターの真打ち ◆3つの訴求ポイント ◆泣き所はやはりCVTのリニアトロニック ◆使い倒せる道具感に満ち溢れている

スバル シフォン、快適・安全装備充実の特別仕様車を発売 画像
自動車 ニューモデル

スバル シフォン、快適・安全装備充実の特別仕様車を発売

SUBARU(スバル)は、軽トールワゴン『シフォン』に特別仕様車「Gスペシャルスポーツ・スマートアシスト」を設定し、12月10日より販売を開始した。

スバル、噂のミッドシップスポーツは「MR2」と同時開発!? スタイリング情報から大予想! 画像
自動車 ニューモデル

スバル、噂のミッドシップスポーツは「MR2」と同時開発!? スタイリング情報から大予想!

噂されている、スバルの新型ミッドシップスポーツに関する情報を欧州エージェントから入手した。

11月のスバル新車販売、米市場は過去最高、国内は相次ぐ不正で苦戦[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

11月のスバル新車販売、米市場は過去最高、国内は相次ぐ不正で苦戦[新聞ウォッチ]

日本の自動車メーカーが、11月の米新車販売台数を発表した。6社のうち、SUBARU(スバル)を除く5社が前年実績を下回り、6社の合計は前年同月比6.6%減の50万6600台。

スバル、自然環境保全活動など紹介予定 エコプロ2018 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル、自然環境保全活動など紹介予定 エコプロ2018

SUBARU(スバル)は、12月6日から8日の3日間、東京ビッグサイトで開催される環境展示会「エコプロ2018 ~SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」に出展する。

スバル、品質保証本部に完成検査部を新設...検査業務の独立性を確保 画像
自動車 ビジネス

スバル、品質保証本部に完成検査部を新設...検査業務の独立性を確保

SUBARU(スバル)は12月1日付で組織改正を行い、オートモーティブビジネスの品質保証本部に完成検査部を新設した。

スバル、自転車とカーライフを愉しむ親子向けサイトを開設 画像
自動車 ニューモデル

スバル、自転車とカーライフを愉しむ親子向けサイトを開設

SUBARUは12月3日、自転車とカーライフを愉しむ親子のためのWebサイト「スバル キッズ&ジュニアサイクルクラブ」を公開すると発表した。

スバル クロストレック ハイブリッド、初のPHEVは「XV」に…ロサンゼルスモーターショー2018[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

スバル クロストレック ハイブリッド、初のPHEVは「XV」に…ロサンゼルスモーターショー2018[詳細画像]

SUBARU(スバル)初となるプラグインハイブリッドモデル『クロストレック・ハイブリッド』を発表した。クロストレックは、日本市場で『XV』に相当するクロスオーバーSUVだ。

スバル、国内最大級の自家消費型太陽光発電設備を大泉工場に導入へ 画像
自動車 ビジネス

スバル、国内最大級の自家消費型太陽光発電設備を大泉工場に導入へ

SUBARU(スバル)は11月27日、群馬製作所 大泉工場内の遊水池に、自家消費型としては国内最大級となる太陽光発電設備の導入すると発表した。

スバル レヴォーグ に特別仕様、スポーティな足回りと内外装 307万8000円 画像
自動車 ニューモデル

スバル レヴォーグ に特別仕様、スポーティな足回りと内外装 307万8000円

SUBARU(スバル)は、『レヴォーグ』に特別仕様車「1.6GT EyeSight V-SPORT」を設定し、11月27日に発表、2019年1月15日に発売する。「1.6GT EyeSight」に上級仕様のアイテムを採用し、先進安全機能を標準装備した。

スバル クロストレックPHV、最新コネクトとアイサイト搭載…ロサンゼルスモーターショー2018で発表へ 画像
エコカー

スバル クロストレックPHV、最新コネクトとアイサイト搭載…ロサンゼルスモーターショー2018で発表へ

◆スバル初のプラグインハイブリッド車 ◆スターリンク・マルチメディア・プラス ◆専用のコネクテッド・サービス ◆アイサイトは最新版に

スバル初のPHV、クロストレック・ハイブリッドを米国で発表---EVレンジ17マイル 画像
エコカー

スバル初のPHV、クロストレック・ハイブリッドを米国で発表---EVレンジ17マイル

SUBARU(スバル)は現地時間2018年11月19日、米国において、同社初となるプラグインハイブリッドモデル『クロストレック・ハイブリッド』を発表した。クロストレックは、日本市場で『 XV』に相当するクロスオーバーSUVだ。

700台のクラシックカーが集結、特集はスバル…お台場旧車天国2018 画像
モータースポーツ/エンタメ

700台のクラシックカーが集結、特集はスバル…お台場旧車天国2018

東京都江東区の臨海副都心青海地区お台場特設会場で11月18日、旧車の総合イベント「お台場旧車天国2018」が開催され、700台を超えるクラシックカーやクラシックバイクが集まった。

スバル WRX STi に史上最強の354馬力、ダイヤモンドエディション…30台を南アで 画像
自動車 ニューモデル

スバル WRX STi に史上最強の354馬力、ダイヤモンドエディション…30台を南アで

SUBARU(スバル)は11月14日、『WRX STi』(Subaru WRX STi)に「ダイヤモンドエディション」を設定し、南アフリカ市場で限定30台を発売すると発表した。

スバルは「深刻な状態」---完成検査問題に関する報告書の精査結果 国交省 画像
自動車 社会

スバルは「深刻な状態」---完成検査問題に関する報告書の精査結果 国交省

国土交通省は、完成検査の一連の問題で実施したスバルへの立入検査と、同社が提出した報告書を精査した結果をまとめた。

国交省、一連の完成検査問題でスバルに対して再発防止のための措置を勧告 画像
自動車 社会

国交省、一連の完成検査問題でスバルに対して再発防止のための措置を勧告

国土交通省は11月14日、スバルの完成検査などの一連の不正問題に関して、同社に対して再発防止のための措置を勧告した。

【スバル フォレスター 新型試乗】e-BOXERより素直なトルク感が好印象な2.5リットル…中村孝仁 画像
試乗記

【スバル フォレスター 新型試乗】e-BOXERより素直なトルク感が好印象な2.5リットル…中村孝仁

◆2.5リットル4気筒の「プレミアム」を公道試乗 ◆e-BOXERを搭載する「アドバンス」との違い ◆素直なトルク感に好印象

スバル、日本カーオブザイヤー選考を辞退…完成検査問題で 画像
自動車 ビジネス

スバル、日本カーオブザイヤー選考を辞退…完成検査問題で

「今年のクルマ」を決める日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車上位10台=10ベストが5日に発表されたばかりだが、新型『フォレスター』が選出されたスバルが、辞退することが明らかになった。

スバル、完成検査問題で9車種10万台を追加リコール 2018年10月26日製造分まで 画像
自動車 テクノロジー

スバル、完成検査問題で9車種10万台を追加リコール 2018年10月26日製造分まで

SUBARU(スバル)は11月8日、完成検査で不適切な行為があったとして、『XV』など、9車種約10万台の追加リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

スバル ジャスティ/ジャスティカスタム、改良モデルを発売... スマートアシストIIIを新採用 画像
自動車 ニューモデル

スバル ジャスティ/ジャスティカスタム、改良モデルを発売... スマートアシストIIIを新採用

SUBARU(スバル)は『ジャスティ』『ジャスティカスタム』を改良し、11月8日に発表、発売する。

一転して負のスパイラルに陥ったスバル、生きていた業界ジンクス 画像
自動車 ビジネス

一転して負のスパイラルに陥ったスバル、生きていた業界ジンクス

これまで快進撃を続けてきたSUBARU(スバル)が一転、負のスパイラルに陥ってしまった。昨年秋に発覚した完成検査不正をきっかけに、次々に不正が明らかになり、リコールも続発。それに呼応するように販売台数も落ち込み、業績も悪化の一途をたどりつつある。

スバル 中村社長「完成検査問題は今回が最後」と”打ち止め”宣言[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

スバル 中村社長「完成検査問題は今回が最後」と”打ち止め”宣言[新聞ウォッチ]

スバルは新たに国土交通省に約10万台のリコールを届け出ると発表。不正が今年10月まで続いていたことが判明した。燃費・排ガスデータの改ざんなど昨秋以降相次ぎ発覚した検査不正に関わるリコールは4回目で計約53万台に膨らんだことになる。

スバル、完成車検査問題で10万台を追加リコール 不適切行為の終了期間にずれ判明 画像
自動車 テクノロジー

スバル、完成車検査問題で10万台を追加リコール 不適切行為の終了期間にずれ判明

SUBARU(スバル)は11月5日、無資格者による完成車検査問題に関連して、2018年1月9日から10月26日に生産された9車種約10万台を追加リコールすると発表した。

スバル 中村社長「再発防止に鋭意努めてきたが」…リコールで通期営業利益を42%減の2200億円に修正 画像
自動車 ビジネス

スバル 中村社長「再発防止に鋭意努めてきたが」…リコールで通期営業利益を42%減の2200億円に修正

SUBARU(スバル)が11月5日に発表した2019年3月期の第2四半期累計(4~9月期)連結決算は、エンジンのバルブスプリングに関するリコールなどにより、営業利益は前年同期比74%減の550億円となった。併せて通期予想を下方修正した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 176