慶應義塾大学『KAZ』ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

慶應義塾大学『KAZ』に関するニュースまとめ一覧

【慶応大学エリーカ】“最高速度挑戦車”の中身はほとんどレースカー 画像
自動車 ニューモデル

【慶応大学エリーカ】“最高速度挑戦車”の中身はほとんどレースカー

ITS世界会議には2台の『エリーカ』が持ち込まれている。屋外展示された“最高速度挑戦車”は元F1ドライバーの片山右京さんがドライブした当時の状態が保たれていた。専用シートもそのまま。ブレーキの倍力装置は右京さんの指示によって外されている。

【慶応大学エリーカ】これが“最高速度挑戦車”の車内だ 画像
自動車 ニューモデル

【慶応大学エリーカ】これが“最高速度挑戦車”の車内だ

NHKのTV番組で開発過程が取り上げられたことで、知名度も上がってきた慶應義塾大学が開発した電気自動車『エリーカ』。04年10月に開催されたITS世界会議では“最高速度挑戦車”が屋外に展示されており、デモ走行を行った。

【ITS世界会議名古屋】デモ走行に登場した『Eliica』は最高速仕様 画像
自動車 テクノロジー

【ITS世界会議名古屋】デモ走行に登場した『Eliica』は最高速仕様

ITS世界会議の屋外展示コーナーで、異彩を放っていたのは慶應義塾大学が出品している電気自動車『Eliica』(エリーカ)だ。会場には現有する2台のエリーカが持ち込まれ、“最高速度挑戦車”は屋外展示場でデモ走行用として使用されていた。

【東京ショー2003速報】デザインがやりたいんです---慶應義塾大学 画像
自動車 ニューモデル

【東京ショー2003速報】デザインがやりたいんです---慶應義塾大学

ブースやパンフレットのデザイン、説明員など展示に関わる全てを学生自らがプロデュース・運営している慶應義塾大学。電気自動車研究室で養われているのは、総合的にクルマをプロデュースする力だという

【東京ショー2003速報】コンパニオンは女子大生---慶応デス 画像
モータースポーツ/エンタメ

【東京ショー2003速報】コンパニオンは女子大生---慶応デス

今回のショーの目玉のひとつ、会場中央のイベントホールで開催される「カロッツェリア展」。その中でも学生がすべてをプロデュースする慶應義塾大学。なんとコンパニオンまで女子大生だと言うからオドロキだ。

【東京ショー2003速報】目指せ400km/h……大学が作る電動スーパーカー 画像
自動車 ニューモデル

【東京ショー2003速報】目指せ400km/h……大学が作る電動スーパーカー

8輪の電気自動車『KAZ』で311km/hを達成した慶応大学は、400km/hを狙うプロジェクト『ELIICA』のモックアップを展示している。ELIICAはKAZと同様に産学共同プロジェクトとして進められていて、38の企業が協賛しているもの。

【東京ショー2003速報】学生が作り上げた、世界の『エリーカ』秘話 画像
自動車 ニューモデル

【東京ショー2003速報】学生が作り上げた、世界の『エリーカ』秘話

慶應義塾大学環境情報学部の電気自動車研究室(清水浩教授)の学生が中心となって作り上げた、産学連携の電気自動車『エリーカ』に世界の熱い視線が注がれている。同車は前身の『KAZ』を更にリファインしたもので、指向はまさに世界最高水準だ。

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…イメチェンしました 画像
自動車 ニューモデル

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…イメチェンしました

今回の『KAZ』はジュネーブショーの前に行われた昨年のソウルショーに先立って、ボディーカラーの変更など、マイナーチェンジが施されている。プロジェクトリーダーの慶應義塾大学の清水浩教授によると「2年経って、塗装が傷みだしたので…」と語る。

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…デザインはIDEA 画像
自動車 ニューモデル

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…デザインはIDEA

『KAZ』のデザインと製作はイタリアのカロッツェリア「IDEA」によるもの。プロジェクトリーダーの慶應義塾大学の清水浩教授によると、「ヨーロッパ中をまわったが、能力があってリーズナブルだったIDEAを選んだ」という。

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』……国家プロジェクトなのだ 画像
自動車 ニューモデル

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』……国家プロジェクトなのだ

『KAZ』のプロジェクトは慶應義塾大学の清水浩教授がメインとなり、文部科学省の特殊法人である日本科学技術振興事業団から5年で5億円の予算を得て行われているもの。大手自動車メーカーが新車開発に数百億円投じるのと比べれば、破格の安さではないだろうか。

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…2005年に40万ドルで発売! 画像
自動車 ニューモデル

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…2005年に40万ドルで発売!

『KAZ』を開発した慶應義塾大学の清水浩教授によると、100台の注文があれば、実際に2005年のクリスマスに40万ドル(4800万円)で発売したいと語る。

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…リチウムイオン電池が鍵 画像
自動車 ニューモデル

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…リチウムイオン電池が鍵

慶應義塾大学の清水浩教授による『KAZ』の技術面の最大の特徴は、リチウムイオン電池の採用と、永久磁石式のモーターの採用にある。

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…ライバルは『マイバッハ』 画像
自動車 ニューモデル

【デトロイトショー2003続報】8輪の電気自動車『KAZ』…ライバルは『マイバッハ』

慶應義塾大学の清水浩教授による『KAZ』は、6700mmの全長と8輪駆動、そして311km/hもの世界最高速度を持つという電気自動車だ。デトロイトショーにも展示されて注目された。清水教授によるとライバルは『マイバッハ62』で、2005年には40万ドルで売り出したいという。

    Page 1 of 1