フロントスピーカーのセッティング術に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
カーオーディオ
[フロントスピーカーのセッティング術]ダイヤトーンサウンドナビならではの鳴らし方 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]ダイヤトーンサウンドナビならではの鳴らし方

フロントスピーカーの鳴らし方について研究している。第10回目を迎える当回では、特殊な“セッティング術”を紹介する。クローズアップするのは『ダイヤトーンサウンドナビ』。当機では、これだからこその鳴らし方が可能となる。さて、それはどのようなものなのか…。

[フロントスピーカーのセッティング術]デッドニングを実行する 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]デッドニングを実行する

フロントスピーカーを“どう鳴らすか”について考えている当短期集中特集。その第9回目となる今回は、“デッドニング”をテーマに据えてお贈りする。“デッドニング”の目的や行われる作業内容、そしてそれによって得られる効果を解説していく。

[フロントスピーカーのセッティング術]DSPでマルチ駆動…メインユニット交換するかしないか 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]DSPでマルチ駆動…メインユニット交換するかしないか

フロントスピーカーの“鳴らし方”に焦点をあてている当特集。その第8回目となる今回は、「DSPを用いたマルチアンプシステム」という“セッティング術”について考察する。これを実践すると、交換したスピーカーの性能を一層引き出すことが可能となる。

[フロントスピーカーのセッティング術]2ウェイ? 3ウェイ? 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]2ウェイ? 3ウェイ?

「スピーカーをどう鳴らすか」、そこのところを多角的に研究している当特集。その第7回目となる今回は、「2ウェイor3ウェイ」をテーマにお届けする。“3ウェイ”に興味があるという方は特に、当記事を要熟読!

[フロントスピーカーのセッティング術]パッシブ? アクティブ? その3 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]パッシブ? アクティブ? その3

「スピーカーに何を使うか」を検討することと同じくらいに、「選んだスピーカーをどう鳴らすか」を考えることも、至って重要だ。それによっても得られる結果が変わってくるからだ。当特集では、そこのところに着目し、“鳴らし方研究”を展開している。

[フロントスピーカーのセッティング術]パッシブ? アクティブ? その2 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]パッシブ? アクティブ? その2

スピーカーの“鳴らし方”について考えている。カー用のスピーカーは、売っている状態ではまだ半完成品だ。クルマに取り付けて初めてスピーカーとしての体を成す。そして、取り付け方、システム構築の仕方、チューニングの煮詰め方で鳴り方が変わってくる。

[フロントスピーカーのセッティング術]パッシブ? アクティブ? その1 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]パッシブ? アクティブ? その1

カーオーディオにおいては、スピーカーを「どう鳴らすか」をよくよく吟味する必要がある。セッティング次第で鳴り方が変わってくるからだ。当特集ではそこのところに着目し、スピーカーの“セッティング術”について掘り下げている。

[フロントスピーカーのセッティング術]インナー? アウター? 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]インナー? アウター?

カーオーディオでは、好みの音を奏でられるスピーカーを見つけられたその次には、それを「どう鳴らすか」を考える必要性が生じる。セッティング次第で鳴り方が変わるからだ。というわけでその“セッティング術”のいろいろを研究する、短期集中連載をお届けしている。

[フロントスピーカーのセッティング術]ツイーターをカスタムインストール 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]ツイーターをカスタムインストール

好みの音を得るためには、「スピーカーに何を使うか」が問題となる。しかしカーオーディオでは、それだけではサウンドの最終型は決定されない。セッティング次第で完成度は変わってくる。またそれを見直すことで、後から完成度を上げることも可能となる。

[フロントスピーカーのセッティング術]ツイーターはどう付ける? 画像
自動車 テクノロジー

[フロントスピーカーのセッティング術]ツイーターはどう付ける?

カーオーディオでは、創意工夫を発揮させることでより良い音の獲得が可能となる。スピーカーにおいては、まずは「何を使うか」が問題となり、さらには「どう鳴らすか」も考えどころとなってくる。セッティング方法にこだわることで、音質向上が図れるのだ。

    Page 1 of 1