マツダ MX-30に関するニュースまとめ一覧

マツダ『MX-30』のEV、充電時間短縮…2022年型は7月欧州発売へ[詳細写真] 画像
自動車 ニューモデル

マツダ『MX-30』のEV、充電時間短縮…2022年型は7月欧州発売へ[詳細写真]

マツダの欧州部門は5月12日、マツダ初の量産EV『MX-30』(Mazda MX-30)の2022年モデルを7月、欧州市場で発売すると発表した。充電時間の短縮が図られている。

マツダ『MX-30』、急速充電性能を向上…2022年型の欧州受注開始 画像
自動車 ニューモデル

マツダ『MX-30』、急速充電性能を向上…2022年型の欧州受注開始

◆1回の充電での航続はおよそ200km ◆EVパワートレインのサウンドを最適化 ◆ドライバーの意図した加減速を反映させるアクセルペダル

マツダ『MX-30』、急速充電を26分に短縮…欧州2022年型 画像
自動車 ニューモデル

マツダ『MX-30』、急速充電を26分に短縮…欧州2022年型

マツダの欧州部門は5月12日、マツダ初の量産EV、『MX-30』(Mazda MX-30)の2022年モデルの受注を開始した。充電のスピードアップが図られている。

太陽光発電だけで運用、完全自立型EVシェアリングステーション 画像
自動車 ビジネス

太陽光発電だけで運用、完全自立型EVシェアリングステーション

中国電力は4月4日、広島県の協力を得て「完全自立型EV(電気自動車)シェアリングステーション」の実証事業を開始すると発表した。

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】実質航続200km以下のBEVをファーストカーにできるか…中村孝仁 画像
試乗記

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】実質航続200km以下のBEVをファーストカーにできるか…中村孝仁

◆電気自動車を内燃機関車と同等に扱うことはできない ◆「MX-30」の○と× ◆せっかちな日本人の性格にBEVは合わない?

レクサス『LS』と日産『アリア』、グランプリ同時受賞…オートカラーアウォード2021 画像
自動車 ビジネス

レクサス『LS』と日産『アリア』、グランプリ同時受賞…オートカラーアウォード2021

日本流行色協会(JAFCA)は1月26日、優れた車両のカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード2021」を初のオンラインで開催。レクサス『LS』と日産『アリア』をグランプリに選出した。

レバー式とアクセルリング式…どちらがいいか? マツダMX-30 手動運転装置 画像
自動車 ニューモデル

レバー式とアクセルリング式…どちらがいいか? マツダMX-30 手動運転装置

9日、マツダは下肢障碍者向けのドライビングシステムを搭載した「MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(MX-30 SeDV)の予約受注開始を発表した。特徴はアクセルがハンドルに一体化されたUIだ。

マツダ MX-30 に手動運転装置…開発責任者「家族と同じクルマで遠くへ」 画像
自動車 ニューモデル

マツダ MX-30 に手動運転装置…開発責任者「家族と同じクルマで遠くへ」

マツダは12月9日、電気自動車(EV)などの『MX-30』シリーズに、足の不自由な人が手動運転装置でドライブを楽しめる「Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)」(SeDV)を設定したと発表した。

EV普及へ、日本の自動車メーカー各社の開発は今 画像
自動車 ビジネス

EV普及へ、日本の自動車メーカー各社の開発は今

世界各国がカーボンニュートラルに向かう中、注目されているのがEV。今後の普及拡大が見込まれる。そんな中、日本の自動車メーカー各社はどのように開発を進めているのか確認してみたい。

マツダのロータリーエンジンが復活、MX-30に搭載 2022年秋に北米 画像
自動車 ニューモデル

マツダのロータリーエンジンが復活、MX-30に搭載 2022年秋に北米

マツダのロータリーエンジンが復活する。北米マツダは10月から『MX-30 PHEV』の予告をウェブサイトで展開している。MX-30のプラグインハイブリッドEV仕様には、バッテリーに充電する“ロータリー・ジェネレーター”=ロータリーエンジンで作動する発電機が採用される。

マツダの新世代EV『MX-30』、米国発売 10月 画像
エコカー

マツダの新世代EV『MX-30』、米国発売 10月

◆魂動デザインをベースに新しい方向性を提示 ◆モーターは最大出力143hp ◆独自の「フリースタイルドア」

「キャラがわかりにくい?」マツダ MX-30のデザインがわかる十カ条 画像
自動車 ニューモデル

「キャラがわかりにくい?」マツダ MX-30のデザインがわかる十カ条

「いまいちキャラクターがわかりにくい」と、そんな声を耳にするマツダMX-30。それってつまり、デザインの「見所」がわかりにくいのでは? これまで皆さんが慣れ親しんできた魂動デザインとは、あえて違うことをやったのがMX-30だ。

マツダ、太陽光発電設備を本社工場に導入…MX-30 EV の充電などに供給 画像
自動車 ビジネス

マツダ、太陽光発電設備を本社工場に導入…MX-30 EV の充電などに供給

マツダは、製造領域での工場やオフィスのグリーン化推進の一環として、同社初となる太陽光発電設備の稼働を7月13日より開始した。

マツダ MX-30 ロータリーレンジエクステンダーは中止になっていない…日経報道はなぜ中止としたか 画像
自動車 ビジネス

マツダ MX-30 ロータリーレンジエクステンダーは中止になっていない…日経報道はなぜ中止としたか

6月28日、日経クロステックに「マツダがロータリーエンジンを使った電動車の開発を中止」したととれる内容の記事を公開した。だが、この記事の内容は正確ではない。

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】電池の総電力量を抑えたのには理由がある…渡辺陽一郎 画像
試乗記

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】電池の総電力量を抑えたのには理由がある…渡辺陽一郎

マツダ『MX-30』は「従来の(パターン化された)マツダ車には満足できないお客様を振り向かせたい」という考え方に基づいて企画された。従って基本部分を『CX-30』と共通化しながら、従来のマツダ車とは違うリラックス感覚が伴う。

    1 2 3 4 5 6 > 次
Page 1 of 6