サウンドシステム構築論に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
カーオーディオ
[サウンドシステム構築論]ビーウィズだから可能なシステム 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]ビーウィズだから可能なシステム

さまざまなやり方でシステム構築できるカーオーディオ。当特集では、その具体例を1つ1つ紹介してきた。最終回となる当回は、国産ハイエンドカーオーディオブランド“ビーウィズ”に焦点を当てる。同社製品だからこそ実践可能な“システムスタイル”を、詳細に解説する。

[サウンドシステム構築論]ダイヤトーンサウンドナビ・システムの独自機能を楽しむ 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]ダイヤトーンサウンドナビ・システムの独自機能を楽しむ

カーオーディオにおいてはシステムメイクの方法論が多々ある。その1つ1つを紹介してきた当短期駐中連載。第9回目となる当回は、三菱電機の『ダイヤトーンサウンド』に焦点を当て、これだからこそ可能となる特別なシステム構築術をクローズアップする。

[サウンドシステム構築論]Full Digital Soundシステムを楽しむ 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]Full Digital Soundシステムを楽しむ

カーオーディオにおいてのさまざまなシステムスタイルについて解説している当短期集中連載。今回からは特殊なシステムをピックアップしていく。まず取り上げるのはこちら、“クラリオン”だけが世界で唯一実現できている「Full Digital Sound・システム」を紹介する。

[サウンドシステム構築論]ハードルが高いフロント3ウェイ・システムを楽しむ 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]ハードルが高いフロント3ウェイ・システムを楽しむ

カーオーディオでは、システム構築の形がさまざま考えられる。その1つ1つについて、成り立ちから楽しみ方のコツまでを考察している当特集。今回は「フロント3ウェイ・システム」にフォーカスし、これを楽しむ方法論等々をじっくりと解説していく。

[サウンドシステム構築論]単体DSPで制御する“2ウェイ+サブ”システム 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]単体DSPで制御する“2ウェイ+サブ”システム

カーオーディオにおけるシステムレイアウトのいろいろを紹介している当特集。今回は、本格かつ定番的なスタイル「単体DSPで制御するフロント2ウェイ+サブウーファー・システム」に焦点を当てる。これの楽しみ方のポイント等々を、詳細に解説する。

[サウンドシステム構築論]シンプル外部パワーアンプ・システムを楽しむ 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]シンプル外部パワーアンプ・システムを楽しむ

さまざまあるカーオーディオシステムについて、その1つ1つを紹介している当特集。今回は、「シンブル外部パワーアンプ・システム」にスポットを当てる。当システムの成り立ちと楽しみ方のコツを、じっくりと解説していく。

[サウンドシステム構築論]パッシブクロスオーバーネットワーク・システムを楽しむ! 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]パッシブクロスオーバーネットワーク・システムを楽しむ!

カーオーディオの楽しみ方はさまざまある。ライトにシステムを完結させても良いし、物量を投じてハイエンド仕様を完成させても良い。当特集では、そのシステム構築のバリエーションについて解説している。今回は、通称「パッシブ」を活用するシステムに焦点を当てる。

[サウンドシステム構築論]パワーアンプ内蔵DSPで内蔵パワーアンプシステムを楽しむ 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]パワーアンプ内蔵DSPで内蔵パワーアンプシステムを楽しむ

カーオーディオの楽しみ方は人それぞれ。システムの形もまた人それぞれだ。純正ナビを中心としたお手軽仕様から外部パワーアンプを用いるハイエンドシステムまで多種多様に選択肢が存在している。当特集では、その1つ1つについて、利点や楽しみ方のコツを紹介している。

[サウンドシステム構築論]ハイエンドナビで内蔵パワーアンプシステムを楽しむ 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]ハイエンドナビで内蔵パワーアンプシステムを楽しむ

カーオーディオでは、システム構築の形がさまざまある。ライト仕様、ヘビー仕様、さらにはマニアックなアプローチまで、いろいろな楽しみ方が存在している。当特集では、その1つ1つについて利点やコツ等々を明らかにしていこうと試みている。

[サウンドシステム構築論]内蔵パワーアンプシステムで楽しむ! 画像
自動車 テクノロジー

[サウンドシステム構築論]内蔵パワーアンプシステムで楽しむ!

カーオーディオにはさまざまな楽しみ方がある。気軽に良音を満喫するスタイルもあれば、とことんハイエンドを追求するアプローチもある。そして、楽しみ方に応じて、いろいろなシステムが構築されることとなる…。

    Page 1 of 1