UL Japanに関するニュースまとめ一覧

UL Japan 、IoT製品むけセキュリティ評価検証サービスを国内提供開始…グローバル展開や競合差別化で利点 画像
自動車 ビジネス

UL Japan 、IoT製品むけセキュリティ評価検証サービスを国内提供開始…グローバル展開や競合差別化で利点

在宅勤務やテレワーク、遠隔作業などが広がり、テレビ、スピーカー、家電製品、サーモスタット、ホームセキュリティカメラ、ドアロックといった IoTスマートホーム製品が一気に普及しそうななか、セキュリティはどう確保すべきか---。

UL、国内最大規模の建機対応大型電波暗室を伊勢市に新設 7月より稼働開始 画像
自動車 テクノロジー

UL、国内最大規模の建機対応大型電波暗室を伊勢市に新設 7月より稼働開始

米国の第三者安全科学機関であるULは、建設機械などの大型機器に対応する「大型モビリティ試験棟」をULジャパン伊勢本社に新設し、7月1日より稼働を開始する。

ルーメングループ、EV給電システムのUL認証を世界初取得 画像
エコカー

ルーメングループ、EV給電システムのUL認証を世界初取得

米国の第三者安全科学機関であるULは、車載システムインテグレーターのルーメングループが、世界初の電気自動車(EV)ワイヤレス給電(WPT)システムのUL認証(UL2750)を取得したと発表した。

ULとSAE、自動運転で提携…知見の共有や規格の共同策定など 画像
自動車 テクノロジー

ULとSAE、自動運転で提携…知見の共有や規格の共同策定など

米UL社とSAE(米自動車技術者協会)は、自動運転およびその他の自動車アプリケーション製品に重点を置いた提携を結んだことを発表した。

UL、自律走行車を対象とした初の安全評価規格を発行 画像
自動車 テクノロジー

UL、自律走行車を対象とした初の安全評価規格を発行

米国の第三者安全科学機関であるULは4月20日、自律走行製品評価の安全規格「UL4600」の発行を発表した。

UL、車載機器EMC試験や 無線試験・認証などを紹介予定…オートモーティブワールド2020 画像
自動車 テクノロジー

UL、車載機器EMC試験や 無線試験・認証などを紹介予定…オートモーティブワールド2020

米国の第三者安全科学機関であるULの日本法人であるULジャパンは、2020年1月15日から1月17日にかけて東京ビッグサイトで開催される「第12回オートモーティブワールド / 第12回国際カーエレクトロニクス技術展」に出展する。

「勢い増す電動化時代、UL Japanがパートナーとして寄り添う」…最新EMC試験設備の拡充強化と独自戦略【インタビュー】 画像
自動車 ビジネス

「勢い増す電動化時代、UL Japanがパートナーとして寄り添う」…最新EMC試験設備の拡充強化と独自戦略【インタビュー】PR

北米最大の第三者製品安全認証機関 UL の日本法人で、製品安全評価試験、認証発行、EMC測定などを展開する UL Japan。

NGKのニッケル亜鉛二次電池セル、蓄電池特性で世界初のUL検証マーク取得 画像
自動車 ビジネス

NGKのニッケル亜鉛二次電池セル、蓄電池特性で世界初のUL検証マーク取得

米国の第三者安全科学機関ULは12月3日、日本ガイシ(NGK)のニッケル亜鉛二次電池セル(型式名:CZTA100V2A01)に対し、UL 9540A規格に基づく試験を実施し、蓄電池分野における世界初のUL検証マークを発行したことを発表した。

UL Japan 鹿島EMC試験所に次世代モビリティ棟、EHV Chamberを東日本初導入…電動化・高電圧化にワンストップ対応 画像
自動車 ビジネス

UL Japan 鹿島EMC試験所に次世代モビリティ棟、EHV Chamberを東日本初導入…電動化・高電圧化にワンストップ対応

成田空港から東関東自動車道を伝って東へクルマで30分。鹿島臨海工業地帯の手前、佐原香取ICで下りて山道を行くと、のどかな田園風景のなかに真新しいラボが見えてくる。これが UL Japan 次世代モビリティ棟。鹿島EMC試験所内に完成した最新のEMC試験施設だ。

UL、千葉の次世代モビリティ棟が2020年1月より本格稼働 EHVチャンバー2基を装備 画像
エコカー

UL、千葉の次世代モビリティ棟が2020年1月より本格稼働 EHVチャンバー2基を装備

米国の第三者安全科学機関であるULは、鹿島EMC試験所(千葉県香取市)に新設したEHVチャンバー(EV・HV用試験設備)2基を備えた次世代モビリティ棟を2020年1月6日より本格稼働すると発表した。

UL、自動車向け材料認証やパフォーマンス試験など紹介予定…高機能プラスチック展 画像
自動車 テクノロジー

UL、自動車向け材料認証やパフォーマンス試験など紹介予定…高機能プラスチック展

米国の第三者安全科学機関 ULの日本法人であるULジャパンは、12月4日から12月6日まで幕張メッセにて開催される「第8回高機能プラスチック展」に出展する。

UL、ジェニファー・スカンロン氏が社長兼CEOに就任 女性CEOは同社初 画像
自動車 ビジネス

UL、ジェニファー・スカンロン氏が社長兼CEOに就任 女性CEOは同社初

米国の第三者安全科学機関 ULは、キース・ウィリアムズ氏に代わり、ジェニファー・スカンロン氏が9月30日付けで同社初の女性CEOに就任すると発表した。

ULジャパン、人体ばく露試験サービスを開始 車載機器から発生する電磁波を測定 画像
自動車 社会

ULジャパン、人体ばく露試験サービスを開始 車載機器から発生する電磁波を測定

米国の第三者安全科学機関 ULの日本法人であるULジャパンは、9月2日より車載機器向け人体ばく露試験サービスを開始した。

UL、フォーアールエナジーへEV用電池の転用に関する世界初の認証を発行 画像
エコカー

UL、フォーアールエナジーへEV用電池の転用に関する世界初の認証を発行

米国の第三者安全科学機関ULは、車載用リチウムイオンバッテリーのリサイクル事業を展開するフォーアールエナジーに対し、電池の転用に関する評価規格「UL1974」に基づき、世界初の認証を発行したと発表した。

UL、自動運転車の安全性とアドバイザリー事業のkVAを買収 専門知識を拡充 画像
自動車 ビジネス

UL、自動運転車の安全性とアドバイザリー事業のkVAを買収 専門知識を拡充

米国の第三者安全科学機関ULは、同国に拠点を置く自動運転車の安全性とアドバイザリー事業のkVA社を買収したと発表した。

進化する建機、大型機器に対応の電磁両立性試験棟---国内初、ULが新設へ 画像
自動車 ビジネス

進化する建機、大型機器に対応の電磁両立性試験棟---国内初、ULが新設へ

米国の第三者安全科学機関であるULの日本法人、ULジャパンは、三重県伊勢市の伊勢本社内に、第三者機関として国内初となる、建設機械などの大型機器向け電波暗室を備えたEMC(電磁両立性)試験棟を新設する。10日にULジャパンが発表した。

UL Japan 、名古屋のEV/HV向け試験設備と伊勢本社の信頼性試験ラボを案内…オートモーティブワールド2019 画像
自動車 ニューモデル

UL Japan 、名古屋のEV/HV向け試験設備と伊勢本社の信頼性試験ラボを案内…オートモーティブワールド2019

米国第三者安全科学機関 ULの日本法人、UL Japan は、青と赤の壁にはさまれた小さな入り口を設置。昨年から本格可動させたEV/HV向け試験設備「EHV Chamber」と、車載機器に特化した信頼性試験ラボを紹介した。

ULジャパン、UL検証マークプログラムなどを紹介予定…高機能プラスチック展 画像
自動車 ビジネス

ULジャパン、UL検証マークプログラムなどを紹介予定…高機能プラスチック展

米国の第三者安全科学機関ULの日本法人であるULジャパンは、12月5日から7日まで幕張メッセで開催される「第7回高機能プラスチック展」に出展する。

UL Japan 伊勢本社に信頼性試験ラボ新設、車載機器むけ環境試験・耐久性試験サービスを来春から展開 画像
自動車 ビジネス

UL Japan 伊勢本社に信頼性試験ラボ新設、車載機器むけ環境試験・耐久性試験サービスを来春から展開

UL Japanは、伊勢本社(三重県伊勢市朝熊町)に車載機器むけ信頼性試験ラボを新設。2019年春から車載機器信頼性評価サービスを展開する構えだ。

ULジャパン、伊勢本社に車載機器に特化した信頼性試験ラボ新設 CASE対応を推進 画像
自動車 テクノロジー

ULジャパン、伊勢本社に車載機器に特化した信頼性試験ラボ新設 CASE対応を推進

米国の第三者安全科学機関ULの日本法人であるULジャパンは11月14日、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応を支援する安全コンプライアンス・サービス事業強化の一環として、車載機器に特化した信頼性試験ラボを伊勢本社に新設すると発表した。

ULジャパン、電動車両関連の各種サービスを紹介…EVS31 画像
エコカー

ULジャパン、電動車両関連の各種サービスを紹介…EVS31

ULジャパンは、10月1日に神戸で開幕した「第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会(EVS31)」において、CHAdeMO協議会ブース内に出展し、電動車両関連で同社が提供する各種サービスを紹介した。

ULジャパン、ワイヤレス給電規格「Qi」関連ソリューションを紹介予定…CEATEC 2018 画像
エコカー

ULジャパン、ワイヤレス給電規格「Qi」関連ソリューションを紹介予定…CEATEC 2018

ULジャパンは、10月16日から19日まで幕張メッセで開催されるIT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC JAPAN 2018」に出展し、ワイヤレス電力伝送実用化コンソーシアム(WiPOT)のブース内でワイヤレス給電規格「Qi(チー)」関連のソリューションを紹介する。

ULジャパン、国際電気自動車シンポジウム・展示会 & EV技術国際会議に出展 9月30日-10月3日 画像
エコカー

ULジャパン、国際電気自動車シンポジウム・展示会 & EV技術国際会議に出展 9月30日-10月3日

ULジャパンは、9月30日から10月3日まで神戸コンベンションセンターで開催される「第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会&EV技術国際会議2018(EVS31 & EVTeC 2018)」に出展する。

EMC試験は国内でワンストップの時代へ…UL Japan の国際規格対応 EHV Chamber が動き出した 画像
自動車 ビジネス

EMC試験は国内でワンストップの時代へ…UL Japan の国際規格対応 EHV Chamber が動き出した

東名高速 東名三好インターチェンジを出てすぐの小高い丘で、国内唯一のEV・HV向けEMC(電磁的両立性)試験サービスが動き出した。

ULジャパン、EV/HV用試験設備「EHVチェンバー」によるEMC試験サービスを開始 国内初 画像
自動車 テクノロジー

ULジャパン、EV/HV用試験設備「EHVチェンバー」によるEMC試験サービスを開始 国内初

ULジャパンは、自動車業界向け試験所「オートモーティブ テクノロジー センター(ATC)」内に、国内初となる電気自動車(EV)およびハイブリッド自動車(HV)部品向け固定型ダイナモメーター搭載電波暗室「EHVチェンバー」を開設し、9月3日よりサービス提供を開始した。

ULジャパン、EV/HV向け車載部品用固定型ダイナモ搭載電波暗室を紹介へ…人とくるまのテクノロジー展2018名古屋 画像
自動車 テクノロジー

ULジャパン、EV/HV向け車載部品用固定型ダイナモ搭載電波暗室を紹介へ…人とくるまのテクノロジー展2018名古屋

米国の第三者安全科学機関であるUL社の日本法人であるULジャパンは、7月11日から13日まで、ポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」に出展。国内初のEV/HV向け車載部品用固定型ダイナモ搭載電波暗室「EHV Chamber」を紹介する。

UL Japan、自動車業界にむけたアドバンテージとは… EV/HV車載製品に対応した試験設備を国内初展開【インタビュー】 画像
自動車 ビジネス

UL Japan、自動車業界にむけたアドバンテージとは… EV/HV車載製品に対応した試験設備を国内初展開【インタビュー】PR

今年8月、電気自動車およびハイブリッド自動車(EV/HV)に搭載される製品に対応した国内初の試験設備が稼働する。UL Japan が新設したCISPR 25:2016 Edition4 Annex I 対応の電波暗室「EHV Chamber (Electric & Hybrid Vehicle Chamber)」だ。

ULジャパン、最大15W対応の最新Qi規格認証サービスを紹介予定…ワイヤレスジャパン2018 画像
自動車 ビジネス

ULジャパン、最大15W対応の最新Qi規格認証サービスを紹介予定…ワイヤレスジャパン2018

米国の第三者安全科学機関であるUL社の日本法人であるULジャパンは、5月23日から25日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される無線技術&ソリューションの専門展示会「ワイヤレスジャパン2018」に出展する。

UL安全指数、新評価項目「交通安全」を追加---日本は世界7位 画像
自動車 テクノロジー

UL安全指数、新評価項目「交通安全」を追加---日本は世界7位

米国の第三者安全科学機関ULは、世界各国の安全レベルを数値で可視化したツール「UL Safety Index(安全指数)」について、新たな評価項目「Road Safety(交通安全)」を追加したと発表した。

UL Japan の EHV用試験設備、8月に国内初稼働…2018年も自動車関連事業を強化 画像
自動車 ビジネス

UL Japan の EHV用試験設備、8月に国内初稼働…2018年も自動車関連事業を強化

米国イリノイ州ノースブルックに本社を置く、第三者安全科学機関 UL Inc.の日本法人、UL Japan 。その山上英彦代表取締役社長が、UL Japan の2017年までの実績・統括、そして2018年の戦略分野について語った。

ULジャパン、最新版ワイヤレス給電規格Qi EPP対応の試験装置を導入 画像
自動車 テクノロジー

ULジャパン、最新版ワイヤレス給電規格Qi EPP対応の試験装置を導入

ULジャパンは4月17日、ワイヤレス給電の国際標準規格「Qi(チー)」の最新版「Qi EPP(Extended Power Profile)」対応の試験装置を導入したことを発表した。

UL Japan 、発電・蓄電・充放電のすべてで安全性評価・認証をサポート…国際二次電池展でアピール 画像
自動車 ビジネス

UL Japan 、発電・蓄電・充放電のすべてで安全性評価・認証をサポート…国際二次電池展でアピール

第三者安全科学機関のUL Japanは、国際二次電池展で、製品・システムのライフサイクル全般にわたる評価・認証サポートなどを紹介。発電・蓄電・充放電(活用)の「3シーンすべてでサポートする」とアピールした。

UL Japan 、新規格対応EV/HV用試験設備をアピール…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

UL Japan 、新規格対応EV/HV用試験設備をアピール…オートモーティブワールド2018

米国第三者安全科学機関 UL Inc.の日本法人であるUL Japan は、国内初の CISPR 25:2016 Edition4 Annex I 対応EV/HV用試験設備「EHV Chamber」を愛知県みよし市に新設。今夏より稼働を開始する。

    Page 1 of 1