ソニー・マガジンズに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
グランプリトクシュウ
『グランプリトクシュウ』現地取材敢行!! …トヨタF1・2010年マシン発見!! 画像
モータースポーツ/エンタメ

『グランプリトクシュウ』現地取材敢行!! …トヨタF1・2010年マシン発見!!

幻のF1マシン、トヨタ「TF110」は実在していた。5日、ドイツ・ケルン郊外にあるTMGの工場敷地内を走ったのを、月刊のF1専門誌『グランプリトクシュウ』(ソニー・マガジンズ刊/毎月21日発売)が現地取材した。

カメラ敵対心ランキング F1テスト 画像
モータースポーツ/エンタメ

カメラ敵対心ランキング F1テスト

昨年末から始まった2007年シーズンへ向けたF1テスト。しかし、その中で何人のスタッフがどのような役割で働くのかは、メディア関係者を含め、あまり知られていない。そこで、12月4日から5日間、今回はファクトリーから移動に同行して、トヨタのテストチームの動きに完全密着した。

2006年「ニッポン」のグランプリカー 画像
モータースポーツ/エンタメ

2006年「ニッポン」のグランプリカー

2006年に参戦した11チーム中、3つの日本チームが頂点を目指して熱き戦いを繰り広げた。彼らが送り込んだ、「日の丸」を背負ったグランプリカー。シーズンをまっとうしたいま、特別に撮影した写真とともにその勇姿を振り返る。

最強の男、シューマッハのすべてをここに 画像
モータースポーツ/エンタメ

最強の男、シューマッハのすべてをここに

彼のデビューは綿密に錬られた計画ではなかった。たった数週間でトップチームに引き抜かれるとは想像もしていなかった。

日本GPのあんなところや、こんなとこ、覗いちゃいました。 画像
モータースポーツ/エンタメ

日本GPのあんなところや、こんなとこ、覗いちゃいました。

今回の「定点観測」、同じ位置、同じ視線で徹底的に凝視してみた。すると、なぜこの競技が「F1サーカス」と呼ばれているのかわかった気がする。

レポート シューマッハ引退 画像
モータースポーツ/エンタメ

レポート シューマッハ引退

ついにこの日がやってきた。ミハエルロシューマッハ引退。公式会見 全発言、衝撃デビューからラストシーズンまでの16年間などシューマッハのすべてをまとめて特集する。

君が代と、スタッフみんなの笑顔が最高だった 画像
モータースポーツ/エンタメ

君が代と、スタッフみんなの笑顔が最高だった

第三期ホンダF1活動がスタートした2000年から、待ち望まれていた「優勝」の2文字。この届きそうで届かなかった夢が、オールホンダ復活の今シーズン、ついに現実となった。しかも、単独での39年ぶりの勝利は、バトンの初優勝と二重の喜びでもあった。

スーパーアグリSA06の全容がわかる 画像
モータースポーツ/エンタメ

スーパーアグリSA06の全容がわかる

スーパーアグリのニューマシン「SA06」がドイツGPでデビューする。しかしすべてが新しいというわけでなく、モノコックから後ろがSA06、フロントまわりは「SA05」というものになるようだ。

V8が進化させた、サイドポンツーン ベンチュリー 画像
モータースポーツ/エンタメ

V8が進化させた、サイドポンツーン ベンチュリー

日進月歩の進化を遂げる現代F1テクノロジー。いかにトップチームであろうとも、歩みを止めることは敗北を意味する。独走と神髄がせめぎあう技術開発。空力、フロント・リアの各サス別に、より巧妙で、より繊細になって行く現代マシンのトレンドと、それが持つ意味を徹底解剖する!

世界一早い! 2007年日本GP観戦ガイド 画像
モータースポーツ/エンタメ

世界一早い! 2007年日本GP観戦ガイド

20年間の歴史を刻んだ「日本GP」という冠が鈴鹿サーキットから来年、リニューアルオープンしたばかりの富士スピードウェイに移される。このコースを走ったF1ドライバーのヤルノ・トゥルーリは走行したときの第一印象として「高速で、とても手ごわい。きっとエキサイティングなレースの舞台になるはずだ」と語る。

メインテーマは開発スピード 画像
モータースポーツ/エンタメ

メインテーマは開発スピード

ルノーの開幕3連戦で始まった2006年シーズン。このままルノーの快進撃は続くのか? 勢いを止めるのはどこのチーム? 開幕戦を制するものがシーズンを制す。そのジンクスの意味するところは、序盤戦にシーズンの行方が隠されていると言うこと。開幕3戦から見えてきた、今シーズンの行方を占う!

2006年、F1GP 新しい時代の幕開け!! 画像
モータースポーツ/エンタメ

2006年、F1GP 新しい時代の幕開け!!

V10からV8エンジンの変更など、沢山のチームにチャンスが転がっている2006年F1GP。そこで『F1グランプリ特集』3月号は、F1新型車カタログを搭載! 気になるアグリチームの追加情報など、06年シーズンをまちきれない情報盛り沢山でお届けするゾ!

さあ、ここから勝負が始まる! ---F1グランプリ特集通巻200号 画像
モータースポーツ/エンタメ

さあ、ここから勝負が始まる! ---F1グランプリ特集通巻200号

十人十色とはよく言ったもので、F1にかかわる多くの人々の思いもまた、捲土重来を期す者、乾坤一擲とばかりに人生を賭ける者など実にさまざま。共通するのはただ「情熱」のみ。熱い思いがちりばめられた200のメッセージ一挙公開。

F1構造改革元年…新生5チームは? 画像
モータースポーツ/エンタメ

F1構造改革元年…新生5チームは?

来シーズンF1は構造改革(?)により新たに5チームが誕生する。スーパーアグリF1はまだ決定していないものの、異例のシーズンといえる。『AUTO SPORT』は、そんな新チームの実力を探るとともに、これまでのF1の歴史を再検証する。

歓喜と喝采の後で…F1ドライバー自己採点 画像
モータースポーツ/エンタメ

歓喜と喝采の後で…F1ドライバー自己採点

大きな時代のうねりを感じさせた05年シーズン、決勝グリッドに並んだドライバーの数は27。その中には、飛躍を遂げた者、思うようにならない歯がゆさに苦悩した者など、27人それぞれ、歓喜こもごものドラマがあった。

2005−2006 F1グランプリ完全収録決定版!! 画像
モータースポーツ/エンタメ

2005−2006 F1グランプリ完全収録決定版!!

熱い戦いを繰り広げた2005年シーズン。アロンソ対ライコネンの新王者争いやシューマッハの王座陥落など、激動のシーズンだったといえる。そんな19ラウンドを完全収録で振り返る。今宮純の丁寧な解説や格サーキット別のデータなど、買って損はない1冊。

F1ドライバーの実力診断! 画像
モータースポーツ/エンタメ

F1ドライバーの実力診断!

F1という競技は、考えようによっては見るだけでも難しい。なぜならF1マシンという道具を使うだけに、選手であるドライバーの実力が見えにくいと言われる。しかしマシンさえよければ獲得ポイントは多くなるのだろうか?答えはイエスであり、ノーである。真のドライバーは、どんな状況下でも眩く光を発するのだ。

F1日本GP、その原点を知るべし 画像
モータースポーツ/エンタメ

F1日本GP、その原点を知るべし

いよいよ10月9日に決勝を迎える日本GP。いまでこそF1といえば「鈴鹿」だが29年前、初めて日本でF1が開催されたのは「富士スピードウェイ」なのだ。改装により最新鋭のサーキットへと生まれ変わった始まりの地では再びF1開催への気運が高まりつつある。富士で行われた日本GPを振り返り、これからの日本GPを占う。

加速、総力戦!! ---F1シーズン、決着まで 画像
モータースポーツ/エンタメ

加速、総力戦!! ---F1シーズン、決着まで

F1には勝者が1人しか存在しない。シーズン終盤を迎え、注目すべきテーマはただひとつ。ルノーのアロンソに対してマクラーレンのライコネンがどれほど肉薄できるか。アロンソが逃げ切るか、ライコネンが逆転王座に就くか。両者とも2005年F1を象徴する姿だ。

アロンソvsライコネン、前半戦検証 画像
モータースポーツ/エンタメ

アロンソvsライコネン、前半戦検証

早くも折り返しを迎えた2005年シーズン。アロンソ対ライコネンの新王者争いとフェラーリの凋落が印象的だった前半戦を検証するとともに、後半戦に向けて各チームの課題点を探る。迷走するレギュレーション変更とアメリカGPでの醜態により、その存在価値を問われ始めたF1グランプリ。後半戦こそは「サーキットの上」でガチンコバトルを繰り広げてほしいものだ。

灼熱のヨーロッパラウンドへ---ジャパンパワーの反撃が始まる 画像
モータースポーツ/エンタメ

灼熱のヨーロッパラウンドへ---ジャパンパワーの反撃が始まる

対照的なシーズンを送るジャパンパワー2チーム。エンジンパワーと信頼性を武器に飛躍的な成長を見せるトヨタは、はたしてルノーをとらえることができるのか。続発するマシントラブルにサンマリノGP事件と「想定の範囲外」だらけ、なんとここまで獲得ポイントゼロのホンダ。

空力を支配するものがF1を制する---これであなたも専門家 画像
モータースポーツ/エンタメ

空力を支配するものがF1を制する---これであなたも専門家

現代F1における最重要ファクターともいえるエアロダイナミクス。フェラーリ王国の凋落、最強マシン・ルノー、トヨタの躍進、その答えはズバリ空力にある。1%でも多くのダウンフォースを得るべく開発された各チームのエアロパーツを詳細に解説・分析し、シーズンの今後を占う。

フェラーリは追いつめられたのか? 画像
モータースポーツ/エンタメ

フェラーリは追いつめられたのか?

戦いの舞台をヨーロッパへと移すF1・GP。ここまで思うような戦いできていないフェラーリチームのロス・ブラウンは「F2005の潜在能力は高く、チームは勝つコツを知っている」と言う。果たしてフェラーリは追いつめられたのか? 王者の復活はあるのか?

フェラーリ、F2005で巻き返しなるか? 画像
モータースポーツ/エンタメ

フェラーリ、F2005で巻き返しなるか?

開幕2戦、苦戦が続くフェラーリ。しかし、フェラーリのニューマシン「F2005」はスペインGPでデビューの予定、開発テーマは「タイヤに優しいマシン」という。はたして巻き返しなるのか?

F1全チーム全10マシン完全カタログ 画像
モータースポーツ/エンタメ

F1全チーム全10マシン完全カタログ

着々と近づくF1開幕に向けての最終「まとめ」的、全チーム全10マシンのカタログを掲載。総合評価付きでコンディション含め丸分かり。ほか、対談やサーキットガイドを駆使し、事前知識の土台固めはこの一冊にお任せ。

    1 2 > 次
Page 1 of 2