損保ジャパン日本興亜ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

損保ジャパン日本興亜に関するニュースまとめ一覧

SOMPOが事業創出プラットフォームを設立…人材×データ、まずモビリティ分野から 画像
自動車 ビジネス

SOMPOが事業創出プラットフォームを設立…人材×データ、まずモビリティ分野から

SOMPOホールディングスは、データサイエンティスト人材を中心に新事業を創出するプラットフォーム「SOMPO D-STUDIO」を13日設立した。

自動運転の事故責任は「自動車メーカー」 ドイツで意識調査 画像
自動車 ビジネス

自動運転の事故責任は「自動車メーカー」 ドイツで意識調査

損害保険ジャパン日本興亜はドイツで「自動運転車の社会受容性および法的責任に関する意識」に関するアンケート調査を実施し、結果を2017年2月に日本で実施した同調査の結果と比較した。

JA三井リースなど5社、「日本水素ステーションネットワーク」へ参画 画像
自動車 ビジネス

JA三井リースなど5社、「日本水素ステーションネットワーク」へ参画

JA三井リース、損保ジャパン日本興亜、三井住友ファイナンス&リース、NECキャピタルソリューション、未来創生ファンドの5社は3月20日、水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)へ資本参加すると発表した。

AIが自動応答するコールセンター 損保ジャパン日本興亜が展開 画像
自動車 ビジネス

AIが自動応答するコールセンター 損保ジャパン日本興亜が展開

損害保険ジャパン日本興亜は全国のコールセンターに音声認識AI(人工知能)を活用した「アドバイザー自動知識支援システム」を3月から本格導入する。19日に発表した。

交通事故を予測する技術 損保ジャパン日本興亜が研究を開始 画像
自動車 ビジネス

交通事故を予測する技術 損保ジャパン日本興亜が研究を開始

損害保険ジャパン日本興亜は、自動車走行データを活用して交通事故を予測する技術の開発に向けて理化学研究所革新知能統合研究センター(理研AIPセンター)との共同研究を開始した。

セゾン自動車火災保険とそんぽ24損害保険が合併へ 画像
自動車 ビジネス

セゾン自動車火災保険とそんぽ24損害保険が合併へ

損害保険ジャパン日本興亜は、子会社のセゾン自動車火災保険とそんぽ24損害保険が2019年7月を目処に合併することで合意したと発表した。

タイムズ24など、浜松市と駐車場シェアリング実証実験で連携協定を締結 画像
自動車 ビジネス

タイムズ24など、浜松市と駐車場シェアリング実証実験で連携協定を締結

タイムズ24と損保ジャパン日本興亜は1月9日、浜松市と「シェアリングエコノミーの手法を活用した、駐車場問題対策の実証実験に係る連携協定」を締結したと発表した。

ドライバーの健康状態を一元管理、損保ジャパン日本興亜がサービスを提供 画像
自動車 ビジネス

ドライバーの健康状態を一元管理、損保ジャパン日本興亜がサービスを提供

損害保険ジャパン日本興亜とSOMPOリスケアマネジメントは、9月28日から企業向け安全運転支援サービス「スマイリングロード」にドライバーの定期健康診断や、各種スクリーニング検査の受診状況を一元管理できる損保業界初となる健康管理支援機能を追加した。

テレマティクス保険向けに安全運転支援機能付きドラレコ…東芝クライアントが損保ジャパンに供給 画像
自動車 テクノロジー

テレマティクス保険向けに安全運転支援機能付きドラレコ…東芝クライアントが損保ジャパンに供給

東芝クライアントソリューションは、損害保険ジャパン日本興亜が2018年1月から提供する個人向け自動車保険の特約向けに、安全運転支援機能を備えたドライブレコーダーを供給する。

損保ジャパン日本興亜、自動車保険の「配偶者」に「同性のパートナー」を認めるよう改定へ 画像
自動車 ビジネス

損保ジャパン日本興亜、自動車保険の「配偶者」に「同性のパートナー」を認めるよう改定へ

損害保険ジャパン日本興亜は、レズビアンやゲイなどのLGBT(セキュシャルマイノリティ)の権利尊重に対する社会的関心・要請の高まりを踏まえて、2018年1月から自動車保険での「配偶者」の定義を変更し、「同性パートナー」を配偶者として補償対象に含めるよう改定する。

IoTやAI活用し事故防止へ…損保ジャパン日本興亜など、運行管理支援で共同研究 画像
自動車 ビジネス

IoTやAI活用し事故防止へ…損保ジャパン日本興亜など、運行管理支援で共同研究

損保ジャパン日本興亜と第一交通産業、アクセンチュアの3社は8月25日、先進的な自動車運行管理支援による自動車事故防止のための共同研究を開始したと発表した。

【新聞ウォッチ】アプリの診断で安全運転なら保険料割引---最大20%、損保ジャパン日本興亜 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】アプリの診断で安全運転なら保険料割引---最大20%、損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜が、ドライバーが安全運転する傾向があると診断した場合には自動車保険料を最大20%割り引くサービスを始めるそうだ。

自動車保険料に安全運転割引---6・7等級対象、損保ジャパン日本興亜が国内初 画像
自動車 テクノロジー

自動車保険料に安全運転割引---6・7等級対象、損保ジャパン日本興亜が国内初

損保ジャパン日本興亜は、国内初となる、運転診断結果に応じて自動車保険料を割引する「安全運転割引」を導入、8月21日から同割引に連動するスマートフォンアプリの提供を開始した。

損保ジャパン日本興亜、AIを活用した自動車保険証券・車検証読取りアプリをリリース 画像
自動車 テクノロジー

損保ジャパン日本興亜、AIを活用した自動車保険証券・車検証読取りアプリをリリース

損保ジャパン日本興亜は、人工知能(AI)を活用した、iPad向け自動車保険証券・車検証読取りアプリ「カシャらく見積り」を8月より提供すると発表した。

ナビタイム、損保ジャパン日本興亜のトラナビスマイルに休憩地点案内機能を提供開始 画像
自動車 テクノロジー

ナビタイム、損保ジャパン日本興亜のトラナビスマイルに休憩地点案内機能を提供開始

ナビタイムジャパンは、損害保険ジャパン日本興亜が提供中の大型車両向けカーナビゲーションアプリ「トラナビスマイル」において、6月29日より休憩地点案内機能の提供を開始した。

レベル4以上の自動運転技術に対応する保険商品---損保ジャパン日本興亜と東京大学が共同研究開始 画像
自動車 テクノロジー

レベル4以上の自動運転技術に対応する保険商品---損保ジャパン日本興亜と東京大学が共同研究開始

損保ジャパン日本興亜は、レベル4以上の自動運転技術に対応した新保険商品開発を目的として、2017年5月から東京大学と共同研究を開始したと発表した。

損保ジャパン日本興亜、自動車保険事故の14か国語対応を開始…業界初 画像
自動車 ビジネス

損保ジャパン日本興亜、自動車保険事故の14か国語対応を開始…業界初

損保ジャパン日本興亜は、外国人の事故当事者に対する安心の提供を目的に、業界初の自動車保険事故の「14か国語対応」を5月より開始した。

デジタル化、自動運転時代の保険…「保険の先」が見据える未来 SOMPOホールディングス 楢崎浩一CDOに訊く 画像
自動車 ビジネス

デジタル化、自動運転時代の保険…「保険の先」が見据える未来 SOMPOホールディングス 楢崎浩一CDOに訊く

収入保険料が2兆円を超えるメガ損保、損保ジャパン日本興亜が動き出した。自動車保険が転換期を迎えているのはもちろん、保険市場全体の頭打ちを迎え、新しい業態への変革を目指しているのだ。シリコンバレーから単身メガ損保に乗り込み、奮闘する最高責任者に話を聞いた。

自動運転レベル3、保険による補償があれば「利用したい」が75% 画像
自動車 テクノロジー

自動運転レベル3、保険による補償があれば「利用したい」が75%

損害保険ジャパン日本興亜は、自動運転車の社会受容性と法的責任に関する意識調査を実施し、その結果をまとめた。

損保ジャパン日本興亜、スマホを活用したテレマティクス保険を開発…最大20%割引 画像
自動車 テクノロジー

損保ジャパン日本興亜、スマホを活用したテレマティクス保険を開発…最大20%割引

損保ジャパン日本興亜は、運転診断結果に応じて保険料が最大20%割引となる国内初のスマートフォン活用型「テレマティクス保険」を開発、対応アプリを8月に提供を開始し、年内に販売を開始すると発表した。

喜多方市のしだれ桜開花期における駐車場対策で、損保ジャパン日本興亜など4者が連携 画像
自動車 社会

喜多方市のしだれ桜開花期における駐車場対策で、損保ジャパン日本興亜など4者が連携

損害保険ジャパン日本興亜、軒先、ラックおよび福島県喜多方市の4者は、日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜開花期における駐車場対策に関する連携協定を締結した。

運転支援システム不具合による事故賠償費用を補償---損保ジャパン日本興亜が新特約を提供へ 画像
自動車 テクノロジー

運転支援システム不具合による事故賠償費用を補償---損保ジャパン日本興亜が新特約を提供へ

損保ジャパン日本興亜は、「被害者救済費用特約」の新設および「無過失事故の特則」の改定を実施し、自動運転車に対応した新たな補償の提供を7月より開始すると発表した。

事故防止にビッグデータ活用…損保ジャパン日本興亜×東京大学の共同研究がナビアプリに 画像
自動車 テクノロジー

事故防止にビッグデータ活用…損保ジャパン日本興亜×東京大学の共同研究がナビアプリに

損保ジャパン日本興亜は、個人向けスマートフォン用カーナビアプリ「ポータブルスマイリングロード」にて、楽しみながら安全運転に取り組むことができる新機能を3月から追加する。

損保ジャパン日本興亜、休日も利用できる相談窓口を新設 画像
自動車 ビジネス

損保ジャパン日本興亜、休日も利用できる相談窓口を新設

損保ジャパン日本興亜は、事故対応中の顧客が休日でも利用できる相談窓口を2月25日より設置。休日の事故対応サービス拡充を図る。

損保ジャパン日本興亜、高齢者向け安全運転支援サービスを提供…多機能ドラレコを活用 画像
自動車 テクノロジー

損保ジャパン日本興亜、高齢者向け安全運転支援サービスを提供…多機能ドラレコを活用

損害保険ジャパン日本興亜は、ドライブレコーダーを活用した高齢者を中心とした個人向けテレマティクスサービス「ドライビング! ~クルマのある暮らし~」を3月から提供開始すると発表した。

    1 2 3 > 次
Page 1 of 3