アクセラ開発者への10の質問に関するニュースまとめ一覧

【アクセラ開発者への10の質問】Q10.アクセラは開発者の理想にどの程度まで届いたのか? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q10.アクセラは開発者の理想にどの程度まで届いたのか?

マツダが2013年11月21日に発売した新型『アクセラ』。発売から4ヶ月での受注台数は2万5000台を超える好調振りを見せている。

【アクセラ開発者への10の質問】Q9.どうやってアクセラに人馬一体を宿らせたのか? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q9.どうやってアクセラに人馬一体を宿らせたのか?

マツダ『アクセラ』の走りはどうやって作り上げられたのか、開発の現場の情景が脳裏に浮かんでくるような話をお届けしよう。

【アクセラ開発者への10の質問】Q8.深化する人馬一体、その真髄とは? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q8.深化する人馬一体、その真髄とは?

マツダが2013年11月21日に発売した新型『アクセラ』。発売から4ヶ月での受注台数は2万5000台を超える好調振りを見せている。

【アクセラ開発者への10の質問】Q7.コモンアーキテクチャという考えが持つメリットとは? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q7.コモンアーキテクチャという考えが持つメリットとは?

マツダが2013年11月21日に発売した新型『アクセラ』。発売から4ヶ月での受注台数は2万5000台を超える好調振りを見せている。

【アクセラ開発者への10の質問】Q6.スカイアクティブGが低燃費高出力を実現できた理由とは? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q6.スカイアクティブGが低燃費高出力を実現できた理由とは?

鹿児島でのアクセラの試乗は、首都圏を少し走っただけでは分からなかったアクセラの魅力を浮き彫りにしてくれた。

【アクセラ開発者への10の質問】Q5.ハイブリッド、マツダ コネクトを新規導入した目的は? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q5.ハイブリッド、マツダ コネクトを新規導入した目的は?

新型マツダ『アクセラ』の魅力はたくさんある。マツダ車では初搭載のハイブリッド、それに「マツダ コネクト」というカーコネクティビティシステムも大きなトピックスだ。

【アクセラ開発者への10の質問】Q4.ディーゼル搭載のアクセラスポーツXD、その位置付けは? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q4.ディーゼル搭載のアクセラスポーツXD、その位置付けは?

『アクセラ』にも、『CX-5』や『アテンザ』と同じ2.2リットルのディーゼル搭載車が用意されている。しかし、その価格はちょっと衝撃的だ。本革シートに電動サンルーフ、BOSEのサウンドシステムまで標準装備して税抜きで284万円は、20S Lパッケージより2割は高い。

【アクセラ開発者への10の質問】Q3.開発は魂動デザインありきで進んだのか? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q3.開発は魂動デザインありきで進んだのか?

マツダが2013年11月21日に発売した新型『アクセラ』。発売から4ヶ月での受注台数は2万5000台を超える好調振りを見せている。

【アクセラ開発者への10の質問】Q2.アクセラの開発における優先順位は? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q2.アクセラの開発における優先順位は?

このところ日本市場において輸入車の攻勢が著しい。特にCセグメントは国内外から魅力的なクルマが揃い、競争が激化している。安全性や先進技術においては、日本の自動車メーカーよりも海外メーカーの方が大胆に踏み込んでいる感もある。

【アクセラ開発者への10の質問】Q1.開発時は本当にライバルを想定しなかったのか? 画像
自動車 ニューモデル

【アクセラ開発者への10の質問】Q1.開発時は本当にライバルを想定しなかったのか?

 マツダ・アクセラの開発主査が、これまでの猿渡健一郎氏から児玉眞也氏へと受け継がれた。児玉氏はこれまで猿渡氏の下で開発の全方位を統括していた、補佐的な仕事を担ってきた人物である。

    Page 1 of 1