SUBARU スバル(コーポレート。元富士重工業)ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

SUBARU スバル(コーポレート。元富士重工業)に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
スバル(ブランド) エアバス ボーイング ホンダジェット 三菱重工業 トヨタ自動車
スバル車で味わった、山形の名所と“リアルな”総合雪国性能のありがたさ 画像
試乗記

スバル車で味わった、山形の名所と“リアルな”総合雪国性能のありがたさ

今回で10回目を迎えたスバルテックツアー。その内容は多岐にわたり、時には飛行機に乗せてもらったり、古いスバルを堪能したりと様々。今回は総合雪国性能を試すべく、山形を200kmにわたって走った。

スバル、リスクマネジメント・コンプライアンス室を新設…「正しい会社推進部」は廃止 画像
自動車 ビジネス

スバル、リスクマネジメント・コンプライアンス室を新設…「正しい会社推進部」は廃止

SUBARU(スバル)は3月1日、4月1日付けで「リスクマネジメント・コンプライアンス室」を新設すると発表した。

スバル、インプレッサ&フォレスター 30万台をリコール ブレーキランプがつかない? 画像
自動車 テクノロジー

スバル、インプレッサ&フォレスター 30万台をリコール ブレーキランプがつかない?

SUBARU(スバル)は2月28日、『インプレッサ』および『フォレスター』のブレーキランプスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2008年9月19日から2017年3月29日に製造された30万6728台。

スバル岡田専務「国内登録車販売12万台は我々の死守したいライン」 画像
自動車 ビジネス

スバル岡田専務「国内登録車販売12万台は我々の死守したいライン」

SUBARU(スバル)の岡田稔明取締役専務執行役員は2月7日に都内で開いた決算説明会で、前年割れが続いている国内販売について「登録車を月1万台を売るというのが我々の死守したいライン。なんとか12万台売っていけるよう努力したい」と述べた。

スバル、世界販売計画が3年ぶりに100万台割れ[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

スバル、世界販売計画が3年ぶりに100万台割れ[新聞ウォッチ]

「100万台割れは残念。だが台数は追わず、品質をしっかり確保した上で生産性を高めたい」。SUBARU(スバル)の財務担当役員は、2018年度第3四半期の決算発表の席で厳しい表情を浮かべた。

スバル、通期業績見通しを再び下方修正…生産停止など影響 2018年4-12月期決算 画像
自動車 ビジネス

スバル、通期業績見通しを再び下方修正…生産停止など影響 2018年4-12月期決算

SUBARU(スバル)は2月7日、2018年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。群馬製作所の操業停止などの影響で、全世界販売台数の通期見通しを104万1000台から99万6000台へ下方修正した。

スバル、プライベートファンドを通じて米国と日本の3社に出資 画像
自動車 ビジネス

スバル、プライベートファンドを通じて米国と日本の3社に出資

SUBARU(スバル)は、2018年7月9日にSBIインベストメントと共同で設立したプライベートファンド「スバル-SBI イノベーションファンド」を通じて、同年12月末までに米国のバイ・エアロスペースとエーアイ、日本のアプトポッドの計3社に出資を行ったと1月15日に発表した。

国交省、日産に対して業務改善を指導、スバルも含めて科料適用へ通知 画像
自動車 社会

国交省、日産に対して業務改善を指導、スバルも含めて科料適用へ通知

国土交通省は12月19日、日産自動車で新たに不適切な完成検査を行っていたことを踏まえ、確実な完成検査を確保するため、業務改善するよう文書で指導した。

今年の漢字は「災」---豪雨で工場停止のマツダ、相次ぐ不正発覚のスバル、日産は「ゴーン逮捕」で混迷[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

今年の漢字は「災」---豪雨で工場停止のマツダ、相次ぐ不正発覚のスバル、日産は「ゴーン逮捕」で混迷[新聞ウォッチ]

2018年の世相を表す「今年の漢字」に「災」が選ばれたという。6月の大阪北部地震に始まり、広島に本社工場を構えるマツダなどが稼働を一時休止したほどの被害を受けた西日本豪雨や、台風21号、さらに、北海道地震などの自然災害が相次いだことが大きな理由という。

スバル、製造部門担当役員を一新 大河原正喜氏が代表取締役を辞任 画像
自動車 ビジネス

スバル、製造部門担当役員を一新 大河原正喜氏が代表取締役を辞任

SUBARU(スバル)は12月11日、製造担当取締役 大河原正喜氏の代表取締役辞任を発表した。

スバル、品質保証本部に完成検査部を新設...検査業務の独立性を確保 画像
自動車 ビジネス

スバル、品質保証本部に完成検査部を新設...検査業務の独立性を確保

SUBARU(スバル)は12月1日付で組織改正を行い、オートモーティブビジネスの品質保証本部に完成検査部を新設した。

スバルが国際航空宇宙展2018に出展、クルマ不正問題の影響は? 画像
航空

スバルが国際航空宇宙展2018に出展、クルマ不正問題の影響は?

SUBARU(スバル)は東京ビッグサイトで開催された「国際航空宇宙展2018東京」(11月28~30日)に出展。初日には吉永泰之会長がブースを訪れ、社員を激励したという。

スバル、国内最大級の自家消費型太陽光発電設備を大泉工場に導入へ 画像
自動車 ビジネス

スバル、国内最大級の自家消費型太陽光発電設備を大泉工場に導入へ

SUBARU(スバル)は11月27日、群馬製作所 大泉工場内の遊水池に、自家消費型としては国内最大級となる太陽光発電設備の導入すると発表した。

スバル、民間向け最新型ヘリコプターの大型模型など展示予定…国際航空宇宙展 画像
航空

スバル、民間向け最新型ヘリコプターの大型模型など展示予定…国際航空宇宙展

SUBARU(スバル)は、11月28日から30日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「国際航空宇宙展2018東京(JA2018)」に出展する。

スバルは「深刻な状態」---完成検査問題に関する報告書の精査結果 国交省 画像
自動車 社会

スバルは「深刻な状態」---完成検査問題に関する報告書の精査結果 国交省

国土交通省は、完成検査の一連の問題で実施したスバルへの立入検査と、同社が提出した報告書を精査した結果をまとめた。

国交省、一連の完成検査問題でスバルに対して再発防止のための措置を勧告 画像
自動車 社会

国交省、一連の完成検査問題でスバルに対して再発防止のための措置を勧告

国土交通省は11月14日、スバルの完成検査などの一連の不正問題に関して、同社に対して再発防止のための措置を勧告した。

2018年9月中間決算総括---トヨタ、ホンダ、スズキ、三菱自の4社が増収増益、スバルは大幅減益[新聞ウォッチ] 画像
モータースポーツ/エンタメ

2018年9月中間決算総括---トヨタ、ホンダ、スズキ、三菱自の4社が増収増益、スバルは大幅減益[新聞ウォッチ]

国内の自動車メーカー大手7社の2018年9月中間の連結決算が出そろった。売上高はトヨタ自動車、ホンダ、スズキ、マツダ、三菱自動車の5社が増収。営業利益では、トヨタ、ホンダ、スズキ、三菱自動車の4社が増益となった。

スバル、完成検査問題で9車種10万台を追加リコール 2018年10月26日製造分まで 画像
自動車 テクノロジー

スバル、完成検査問題で9車種10万台を追加リコール 2018年10月26日製造分まで

SUBARU(スバル)は11月8日、完成検査で不適切な行為があったとして、『XV』など、9車種約10万台の追加リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

一転して負のスパイラルに陥ったスバル、生きていた業界ジンクス 画像
自動車 ビジネス

一転して負のスパイラルに陥ったスバル、生きていた業界ジンクス

これまで快進撃を続けてきたSUBARU(スバル)が一転、負のスパイラルに陥ってしまった。昨年秋に発覚した完成検査不正をきっかけに、次々に不正が明らかになり、リコールも続発。それに呼応するように販売台数も落ち込み、業績も悪化の一途をたどりつつある。

スバル 中村社長「完成検査問題は今回が最後」と”打ち止め”宣言[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

スバル 中村社長「完成検査問題は今回が最後」と”打ち止め”宣言[新聞ウォッチ]

スバルは新たに国土交通省に約10万台のリコールを届け出ると発表。不正が今年10月まで続いていたことが判明した。燃費・排ガスデータの改ざんなど昨秋以降相次ぎ発覚した検査不正に関わるリコールは4回目で計約53万台に膨らんだことになる。

スバル、完成車検査問題で10万台を追加リコール 不適切行為の終了期間にずれ判明 画像
自動車 テクノロジー

スバル、完成車検査問題で10万台を追加リコール 不適切行為の終了期間にずれ判明

SUBARU(スバル)は11月5日、無資格者による完成車検査問題に関連して、2018年1月9日から10月26日に生産された9車種約10万台を追加リコールすると発表した。

スバル 中村社長「再発防止に鋭意努めてきたが」…リコールで通期営業利益を42%減の2200億円に修正 画像
自動車 ビジネス

スバル 中村社長「再発防止に鋭意努めてきたが」…リコールで通期営業利益を42%減の2200億円に修正

SUBARU(スバル)が11月5日に発表した2019年3月期の第2四半期累計(4~9月期)連結決算は、エンジンのバルブスプリングに関するリコールなどにより、営業利益は前年同期比74%減の550億円となった。併せて通期予想を下方修正した。

スバル、最終利益47.9%減…大規模リコールなど影響 2018年4-9月期決算 画像
自動車 ビジネス

スバル、最終利益47.9%減…大規模リコールなど影響 2018年4-9月期決算

SUBARU(スバル)は11月5日、2018年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。大規模リコールの影響などで、最終利益は前年同期比47.9%減の443億円と大幅な減益となった。

スバル、中間期業績予想を下方修正 営業利益は1100億円から610億円へ 画像
自動車 ビジネス

スバル、中間期業績予想を下方修正 営業利益は1100億円から610億円へ

SUBARU(スバル)は10月23日、2019年3月期第2四半期(累計)の営業利益予想を610億円(前回予想比-490億円)に下方修正すると発表した。

ワクワクとドキドキが止まらない! ボーイング787フライトシミュレーター 画像
航空

ワクワクとドキドキが止まらない! ボーイング787フライトシミュレーター

◆セントレアに「FLIGHT OF DREAMS」がオープン ◆体験者は貴重席に座り、副操縦士席にインストラクター ◆乗客として乗っていたら乗り物酔い? ◆写真撮影のみから最長180分まで、プランは様々

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 71