トヨタスマートセンター(TSC)ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

トヨタスマートセンター(TSC)に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
スマートグリッド トヨタ自動車
トヨタホーム、北九州市でスマートホームの分譲を開始へ 画像
自動車 ニューモデル

トヨタホーム、北九州市でスマートホームの分譲を開始へ

トヨタホームは、トヨタホームつくし(福岡市)とともに、北九州市でスマートハウスの分譲を開始すると発表した。

【CEATEC 12】トヨタ友山常務、Smart INSECT「スマホにタイヤがついたようなもの」 画像
自動車 ニューモデル

【CEATEC 12】トヨタ友山常務、Smart INSECT「スマホにタイヤがついたようなもの」

トヨタ自動車の友山茂樹常務役員は、CEATEC2012で一般公開している超小型1人乗り電気自動車をベースにしたコンセプトモデル『Smart INSECT』について、スマートフォンに4つのタイヤがついたようなものと解説する。

【CEATEC 12】トヨタ、次世代型スマートハウスを提案…2030年に100%自給目指す 画像
自動車 テクノロジー

【CEATEC 12】トヨタ、次世代型スマートハウスを提案…2030年に100%自給目指す

トヨタ自動車のブースでは、「家とクルマと情報がつながる社会」に向けた取り組みの一環として次世代型のスマートハウスを提案している。

【CEATEC12】トヨタ友山常務役員、Smart INSECTは「常に人や家、社会と対話できる車」 画像
自動車 ニューモデル

【CEATEC12】トヨタ友山常務役員、Smart INSECTは「常に人や家、社会と対話できる車」

トヨタ自動車は、トヨタ車体製の超小型1人乗り電気自動車『コムス』をベースに、ドライバーの手振りや音声を認識して運転支援や自宅の遠隔操作ができるコンセプトモデル『Smart INSECT』を出展、各種操作の実演を行う。

【オートモーティブワールド12】トヨタ吉田常務「グローバルを考えつつ日本力を上げる」 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド12】トヨタ吉田常務「グローバルを考えつつ日本力を上げる」

1月18日から20日にかけて東京ビッグサイトで開催されたオートモーティブワールド2012では、初日に日欧米のメーカー重役を招いての基調講演が行われた。トップバッターとして講壇に立ったのは、トヨタ自動車常務役員の吉田守孝氏だった。

【スマートグリッド展 11】トヨタが提案するスマートフォンの活用法 画像
自動車 テクノロジー

【スマートグリッド展 11】トヨタが提案するスマートフォンの活用法

青森県で進行中の「六ヶ所村スマートグリッド実証実験」で、トヨタはスマートフォンを活用した新しい車載情報システムにも挑戦している。それがオンデマンド車載ディスプレイとスマートフォンとの連携だ。

【スマートグリッド展 11】トヨタ スマートセンター実証実験の進捗を聞く  画像
エコカー

【スマートグリッド展 11】トヨタ スマートセンター実証実験の進捗を聞く

トヨタは昨年、電気の需給バランスを監視・調整するシステム「トヨタスマートセンター」を開発。9月から青森県六ヶ所村にて6軒のスマートハウスと8台のPHVを使った「六ヶ所村スマートグリッド実証実験」を実施している。

【トヨタ G-ステーション 発表】PHVの発売に合わせて販売店に展開  画像
エコカー

【トヨタ G-ステーション 発表】PHVの発売に合わせて販売店に展開

トヨタが6月14日に発表したPHV/EV用充電スタンド「G-ステーション」。本体価格28万円という安さが話題だが、トヨタメディアサービスとしては事業主だけでなく個人客を含めた直販は初の試みとなる。

【トヨタ G-ステーション 発表】安くても将来の利用形態を見越した仕様  画像
エコカー

【トヨタ G-ステーション 発表】安くても将来の利用形態を見越した仕様

東京ビッグサイトで開催されている「スマートグリッド展2011」のトヨタブースでは、6月14日に発表されたばかりの充電スタンド「G-Station(G-ステーション)」がお披露目された。

【池原照雄の単眼複眼】相互補完も可能なトヨタとホンダのスマートグリッド 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】相互補完も可能なトヨタとホンダのスマートグリッド

ホンダが自社製の太陽光発電システムやコージェネレーション(熱電併給)ユニット、電動車両などを組み合わせた「スマートホーム」を構築し、来春からさいたま市で実証実験を行うことになった。

[トヨタMS提携]豊田社長「MSとトヨタは共にベンチャーのDNAを持っている」 画像
自動車 ビジネス

[トヨタMS提携]豊田社長「MSとトヨタは共にベンチャーのDNAを持っている」

日本時間の7日未明、トヨタ自動車とマイクロソフト(MS)との提携が発表された。

[トヨタMS提携]「フォード SYNCとは全く別のシステム」…バルマーCEO 画像
自動車 ビジネス

[トヨタMS提携]「フォード SYNCとは全く別のシステム」…バルマーCEO

マイクロソフトがフォードと共同で開発したSYNCとの違いについての質問に対しスティーブ・バルマーCEOは、「異なる目的を持ったまったく別のシステムです」とその違いを強調する。

[トヨタMS提携]豊田社長「クルマと家と情報をつなぐ」 画像
自動車 ビジネス

[トヨタMS提携]豊田社長「クルマと家と情報をつなぐ」

トヨタ自動車の豊田章男社長は「トヨタはクルマと家と情報をつなぐスマートコミュニティサービスをクルマの新しい付加価値と位置付け、トヨタスマートセンターのグローバル展開を推進していく」と述べた。

トヨタ、マイクロソフトと提携合意…EV・PHVのテレマ構築に向けトヨタ子会社に共同出資 画像
自動車 ビジネス

トヨタ、マイクロソフトと提携合意…EV・PHVのテレマ構築に向けトヨタ子会社に共同出資

トヨタ自動車とマイクロソフト(MS)は7日、MSのクラウドプラットフォーム「Windows Azure」をベースとしたトヨタの次世代テレマティクス向けグローバルクラウドプラットフォームの構築に向けた戦略的提携について基本合意した。

【カーマルチメディア・インサイダー】「キーワードは“グリーンモビリティ”」…トヨタ自動車 友山茂樹 常務役員 画像
自動車 テクノロジー

【カーマルチメディア・インサイダー】「キーワードは“グリーンモビリティ”」…トヨタ自動車 友山茂樹 常務役員

クルマとITの関わりが、大きく変わろうとしている。エンジンの燃料噴射装置が電子化されて以降、ITはクルマの神経系統として欠かせないものになった。1990年代後半にはカーナビゲーションが本格的な普及期に入り……

【ATTT10】トヨタ 友山常務がオープニングキーノートでSmart G-BOOKを実演 画像
自動車 テクノロジー

【ATTT10】トヨタ 友山常務がオープニングキーノートでSmart G-BOOKを実演

第2回 国際自動車通信展では、10のカテゴリーと21の専門カンファレンスなど充実した講演プログラムも特徴。オープニングキーノートとして最初に登壇したのはトヨタ自動車常務役員、友山茂樹氏だ。

【ATTT10】クリーンエネルギーで街をクールダウン…トヨタ 駐車場緑化システム 画像
自動車 ビジネス

【ATTT10】クリーンエネルギーで街をクールダウン…トヨタ 駐車場緑化システム

トヨタ自動車ブースでは、「駐車場緑化システム」のデモ展示が披露された。トヨタは1998年からバイオ・緑化事業部を立ち上げ、環境改善効果に着目して改善効果を強化した植物や改善効果の高い緑地の維持コストを低減する技術を開発している。

「車のICT活用は“利便・快適”から“環境・エネルギー”へ」…トヨタ自動車 常務役員 友山茂樹 画像
自動車 ビジネス

「車のICT活用は“利便・快適”から“環境・エネルギー”へ」…トヨタ自動車 常務役員 友山茂樹

12月1日から3日まで、幕張メッセで国際自動車通信技術展(ATTT)が開催される。トヨタ自動車はATTTでどのような未来を見せるのか。通信・ITSジャーナリストの神尾寿氏が、ATTTでオープニングキーノート スピーカーを務めるトヨタ自動車 常務役員の友山茂樹氏に聞く。

トヨタ友山常務役員、スマートセンターで「CO2は75%減めざす」 画像
自動車 ビジネス

トヨタ友山常務役員、スマートセンターで「CO2は75%減めざす」

トヨタ自動車の友山茂樹常務役員は5日の「スマートセンター」発表会見の席上、このシステム導入による家庭でのCO2(二酸化炭素)排出量は「世帯当たり75%削減を目指したい」と語った。

トヨタ友山常務役員、スマートセンターで「電力需要平準化」 画像
自動車 ビジネス

トヨタ友山常務役員、スマートセンターで「電力需要平準化」

トヨタ自動車の友山茂樹常務役員は5日発表した「スマートセンター」には「家庭での電力需要の標準化という社会的使命がある」と指摘した。

トヨタ・スマートセンターを開発、エネルギーの供給と消費を統合コントロール 画像
エコカー

トヨタ・スマートセンターを開発、エネルギーの供給と消費を統合コントロール

トヨタ自動車は、スマートグリッドへの取り組みの一環として、住宅・車・電力供給事業者とそれを使う人をつないでエネルギー消費を統合的にコントロールする独自のシステム「トヨタ・スマートセンター」を開発した。

    Page 1 of 1