ハイブリッドカー HVに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
トヨタ プリウス ホンダ インサイト レクサス HS 電気自動車 EV、PHEV、PHV 燃料電池 FC
ZFの電動車専用ブレーキパッド、イノベーション賞を受賞…EVとハイブリッドの9割以上に対応 画像
モータースポーツ/エンタメ

ZFの電動車専用ブレーキパッド、イノベーション賞を受賞…EVとハイブリッドの9割以上に対応

ZFは10月16日、フランスで開催中の国際見本市「Equip Auto」において、傘下のTRWのEVおよびハイブリッド車向けブレーキパッドが、イノベーション賞を受賞した、と発表した。

トヨタ ヤリス 新型、ハイブリッドの燃費は20%以上向上…欧州仕様を発表 画像
エコカー

トヨタ ヤリス 新型、ハイブリッドの燃費は20%以上向上…欧州仕様を発表

◆新世代GA-Bプラットフォーム ◆ハイブリッドのシステム出力は15%強化 ◆全長は5mm短縮しホイールベースは50mm延長

【トヨタ ヤリス 新型】ダイナミックフォース・エンジンを新開発、搭載 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ ヤリス 新型】ダイナミックフォース・エンジンを新開発、搭載

トヨタ自動車が12月に発表予定のBセグメントサブコンパクト『ヴィッツ』改め『ヤリス』。搭載されるパワーユニットは3機種。うち2つはトヨタの新しいクルマづくりの設計・工法「TNGA」によって生み出された新開発の「ダイナミックフォース」エンジンだ。

レクサス、ハイブリッド車のバッテリー保証を延長…米2020年モデルから 画像
エコカー

レクサス、ハイブリッド車のバッテリー保証を延長…米2020年モデルから

レクサス(Lexus)の米国部門は2020年モデルから、ハイブリッド車のバッテリーの保証期間を、新車登録から10年間/走行距離15万マイル(約24万km)に延長すると発表した。

トヨタ、電動化を加速へ…提携関係の強化に向けた協議を中国パートナーと開始 画像
自動車 ビジネス

トヨタ、電動化を加速へ…提携関係の強化に向けた協議を中国パートナーと開始

トヨタ自動車(Toyota)の中国部門は10月9日、常熟新中源創業投資有限公司(新中源創投)との間で、提携関係の強化に向けた協議を開始した、と発表した。

米トヨタ、電動車のバッテリー保証を延長…10年間/走行距離24万kmに 画像
エコカー

米トヨタ、電動車のバッテリー保証を延長…10年間/走行距離24万kmに

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は10月10日、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車のバッテリーの保証期間を、新車登録から10年間/走行距離15万マイル(約24万km)に延長すると発表した。

VW ゴルフ 新型、10月24日のデビューが決定 画像
自動車 ニューモデル

VW ゴルフ 新型、10月24日のデビューが決定

◆48Vマイルドハイブリッド採用 ◆新開発のクリーンディーゼルエンジン ◆デジタルキーを設定

レクサス RX 改良新型、欧州はハイブリッド主軸に…ガソリン車は一部市場のみ 画像
エコカー

レクサス RX 改良新型、欧州はハイブリッド主軸に…ガソリン車は一部市場のみ

◆前後マスクを中心に外装を変更 ◆ハイブリッドの燃費は17.2km/リットル ◆最新のレクサス・セーフティ・システム+

ボッシュ、電動車の航続6%延長へ…新世代SiCパワー半導体を開発 画像
エコカー

ボッシュ、電動車の航続6%延長へ…新世代SiCパワー半導体を開発

ボッシュ(Bosch)は10月8日、EVなどの電動車向けに、新世代のSiC(炭化ケイ素)パワー半導体を開発し、ドイツの新工場で生産すると発表した。

ZF、バス向け電動ソリューション出展へ…バスワールドヨーロッパ2019 画像
エコカー

ZF、バス向け電動ソリューション出展へ…バスワールドヨーロッパ2019

ZFは10月8日、ベルギー・ブリュッセルで10月18日に開幕する世界最大のバスモーターショー、「バスワールドヨーロッパ2019」に、バス向けの電動ソリューションを出展すると発表した。

ボルボカーズ、電動化に集中…エンジン事業を吉利と統合へ 画像
エコカー

ボルボカーズ、電動化に集中…エンジン事業を吉利と統合へ

ボルボカーズ(Volvo Cars)は10月7日、浙江吉利控股集団(Geely、吉利)と次世代のエンジンやハイブリッドパワートレインの共同開発を行うことを目的に、両社のエンジン事業を統合すると発表した。

4台のアストンマーティン、『007』最新作に登場へ…2020年4月公開予定 画像
モータースポーツ/エンタメ

4台のアストンマーティン、『007』最新作に登場へ…2020年4月公開予定

◆DBSスーパーレッジェーラは725ps ◆最も有名なボンドカー「DB5」は7度目の起用 ◆1970年代の名車「V8」も登場へ ◆ヴァルハラは2021年発売のHVハイパーカー

メルセデスベンツ E200クーペ/カブリオレ、BSG+48V電気システム搭載モデルを追加 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ E200クーペ/カブリオレ、BSG+48V電気システム搭載モデルを追加

メルセデス・ベンツ日本は、『Eクラス(クーペ/カブリオレ)』に、「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と「48V電気システム」を採用した『E200』『E200スポーツ』、高出力の新エンジンを搭載した『E300スポーツ』を導入し、10月7日より販売を開始した。

【ホンダ グレイス 550km試乗】スタイリングからは想像できない“ロングランナー” 画像
試乗記

【ホンダ グレイス 550km試乗】スタイリングからは想像できない“ロングランナー”

ホンダのBセグメントセダン『グレイス』で550kmほどドライブする機会があったので、インプレッションをお届けする。

マツダ2、「Mハイブリッド」の燃費は18.8km/リットル…欧州仕様 画像
エコカー

マツダ2、「Mハイブリッド」の燃費は18.8km/リットル…欧州仕様

◆Mハイブリッドは1.5リットル+6MTとの組み合わせに ◆最新の魂動デザイン ◆スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー ◆GVCプラス搭載

トヨタ C-HR 改良新型、2.0リットルのハイブリッド新設定…欧州発表 画像
エコカー

トヨタ C-HR 改良新型、2.0リットルのハイブリッド新設定…欧州発表

◆2種類のハイブリッドはトヨタの欧州戦略 ◆外観はフロントとリアを中心に変更 ◆新開発のマルチメディアシステム

コンチネンタル、パワートレイン部門が独立…新会社「ヴィテスコ・テクノロジーズ」発足 画像
自動車 ビジネス

コンチネンタル、パワートレイン部門が独立…新会社「ヴィテスコ・テクノロジーズ」発足

コンチネンタル(Continental)は10月1日、パワートレイン部門を独立させ、新会社の「ヴィテスコ・テクノロジーズ」を発足させた、と発表した。

BMW 初の48Vマイルドハイブリッド、5シリーズ に 11月欧州発売 画像
エコカー

BMW 初の48Vマイルドハイブリッド、5シリーズ に 11月欧州発売

◆パワートレインの電動化戦略の一環 ◆2.0リットルディーゼルと組み合わせ ◆100km走行あたり最大0.3リットルの燃料を節約

Honda CR-Vで初秋の湖へドライブ…「SPORT HYBRID i-MMD」の走りをチェック! 画像
自動車 ビジネス

Honda CR-Vで初秋の湖へドライブ…「SPORT HYBRID i-MMD」の走りをチェック!PR

エアコンをオフにして、窓を開けたくなる爽やかな初秋の朝。こんな休日は、ちょっと遠くまで足をのばして、小さな秋を探すドライブにピッタリだ。幸運にも今朝は、そんなアクティブな気持ちを盛り上げてくれるSUV、Honda『CR-V』が私を待っている。

プロドライブ、次世代のEVやハイブリッド向けパワートレインの開発を強化 画像
エコカー

プロドライブ、次世代のEVやハイブリッド向けパワートレインの開発を強化

プロドライブ(Prodrive)は9月30日、電動車を含めた新たなパワートレイン開発センターを英国に開設した、と発表した。

ホンダ CR-V に2020年型、表情変化…今秋米国発売へ 画像
エコカー

ホンダ CR-V に2020年型、表情変化…今秋米国発売へ

◆新デザインの前後バンパー ◆センターコンソールを再設計 ◆最新ホンダ・センシング ◆米国のホンダブランドSUVで初のハイブリッド

ホンダ アコード ハイブリッド に2020年型、米国発売 画像
エコカー

ホンダ アコード ハイブリッド に2020年型、米国発売

◆米EPA燃費は約20.4km/リットル ◆最新のホンダ・センシングを標準装備 ◆アマゾン通販の車内配達が可能に

マセラティの新型車計画、全モデルに電動車を設定へ…2020年から 画像
エコカー

マセラティの新型車計画、全モデルに電動車を設定へ…2020年から

◆ギブリにブランド初のハイブリッド設定へ ◆新型SUVも計画 ◆自動運転はレベル3へ進化

【日産 スカイライン 新型試乗】敢えて手を離して運転する意味はないけれど…中村孝仁 画像
試乗記

【日産 スカイライン 新型試乗】敢えて手を離して運転する意味はないけれど…中村孝仁

◆肝はプロパイロット2.0のみ、だけど ◆エンジンは滑らかで静か。足回りは ◆ACCの性能としては「見事!」

【ホンダ ジェイドRS 450km試乗】カローラのライバルになる?意外にも車中泊向きな独特の居住性 画像
試乗記

【ホンダ ジェイドRS 450km試乗】カローラのライバルになる?意外にも車中泊向きな独特の居住性

ホンダのCセグメントステーションワゴン『ジェイド』が2018年に改良を受けた。デビュー当初は2+2+2の3列6人乗りモデルのみだったのだが、この改良で2+3の5人乗りステーションワゴン仕様が選べるようになった。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 152