オートモーティブワールドニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

オートモーティブワールドに関するニュースまとめ一覧

リード エグジビション ジャパンは、企業向けの自動車次世代技術専門展「第10回 オートモーティブ ワールド」を2018年1月17日(水)から19日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催する。

記念すべき10周年目の今回は、「第10回 カーエレクトロニクス技術展」「第9回 EV・HEV駆動システム技術展」「第6回 コネクティッド・カー EXPO」「第8回 クルマの軽量化 技術展」「第4回 自動車部品 加工EXPO」の5つの展示会に加え、「第1回 自動運転EXPO」が新規開催され、クルマの先端技術を網羅する。

「第10回 オートモーティブ ワールド」には、カーエレ技術、自動運転/ADAS、EV・HEV技術、軽量化技術、部品・加工技術コネクテッドカー技術など、それぞれの分野における有力企業が一堂に出展。出展社数は10年連続で増加しており、今回は昨年から140社増え1,100社が出展する。これは同種の展示会では世界最大規模であり、世界中の自動車メーカー・自動車部品メーカーとの技術相談・商談のための展示会となっている。

また、期間中は展示会とあわせて自動運転/ADAS、AI(人工知能)、コネクティッド・カー、EV・HEV技術、軽量化といった、自動車業界注目のトピックを扱う専門技術セミナーが全120講演開催される。各分野のキーマンが自動車業界の今、そして未来について語る本セミナーには期待が高まる。

招待券請求はこちらから »
名古屋オートモーティブワールド2018、待望の初開催に自動車技術者3万6000人が来場 画像
自動車 ビジネス

名古屋オートモーティブワールド2018、待望の初開催に自動車技術者3万6000人が来場

ものづくり集積地、名古屋での初開催となった自動車技術展「オートモーティブワールド」。9月5日から7日の3日間、自動車技術者3万6281人が来場し、会場は大盛況となった(主催:リードエグジビションジャパン)。

名古屋オートモーティブワールド、大盛況に出展社「ニーズ感じる」…3日間で3万人見込む 画像
自動車 ビジネス

名古屋オートモーティブワールド、大盛況に出展社「ニーズ感じる」…3日間で3万人見込む

9月5日から7日まで、ポートメッセなごやで開催される「名古屋オートモーティブワールド」。待望の名古屋での初開催となった同イベントは、初日から多くの来場者で賑わった。

ソニーの映像技術を自動運転車に活用、「人の眼超える」認識…名古屋オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ビジネス

ソニーの映像技術を自動運転車に活用、「人の眼超える」認識…名古屋オートモーティブワールド2018

ソニーは5日に開幕した「名古屋オートモーティブワールド」で、同社のイメージセンサーを活用した自動運転向けソリューションをアピール。「人の眼を超える」と掲げ、自動運転に必要な高感度CMOSイメージセンサーのデモンストレーションをおこなった。

オートモーティブワールド、要望に応え名古屋で初開催「商談金額は250億円」 画像
自動車 ビジネス

オートモーティブワールド、要望に応え名古屋で初開催「商談金額は250億円」

日本最大の自動車技術展「オートモーティブワールド」が、名古屋に初上陸。9月5日、ポートメッセなごやで開幕した。日本の自動車産業にとっての最重要地でもある名古屋からのラブコールを受けての初開催となった同展には、関連展と合わせ590社が出展。

【名古屋オートモーティブワールド2018】ものづくり集積地で初開催、いよいよ明日開幕 画像
自動車 ニューモデル

【名古屋オートモーティブワールド2018】ものづくり集積地で初開催、いよいよ明日開幕

ものづくり集積地、名古屋での初開催となる自動車技術展「オートモーティブワールド」。いよいよ明日9月5日、ポートメッセなごやで開幕する。

ケーヒン、初開催の名古屋オートモーティブワールド出展へ 画像
自動車 ビジネス

ケーヒン、初開催の名古屋オートモーティブワールド出展へ

ケーヒンは、8月28日から中国・深センで開催される「オートモーティブワールド チャイナ 2018」および、9月5日から名古屋で開催される「第1回名古屋オートモーティブワールド」に出展する。

オートモーティブワールド を名古屋で初開催、310社が出展 9月5-7日 画像
自動車 ニューモデル

オートモーティブワールド を名古屋で初開催、310社が出展 9月5-7日

リード エグジビション ジャパンは、9月5日から7日までの3日間、自動車技術展「オートモーティブワールド」を名古屋(ポートメッセなごや)で初開催する。

自動運転技術の研究開発を加速させる「クラウド型のリアルタイム車両データ計測・解析」…アプトポッド 画像
自動車 ビジネス

自動運転技術の研究開発を加速させる「クラウド型のリアルタイム車両データ計測・解析」…アプトポッドPR

◆車両情報をリアルタイムで計測

国内でも注目、48Vハイブリッド用P2モジュールをボルグワーナーが開発中…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

国内でも注目、48Vハイブリッド用P2モジュールをボルグワーナーが開発中…オートモーティブワールド2018

業界ではEVかハイブリッド(または内燃機関)かといった論争がある。その一方でハイブリッド技術の中でもストロングかマイルドか、という議論がある。プリウスに代表されるストロングハイブリッドと欧州メーカーやスズキなどが採用するマイルドハイブリッドの違いだ。

「空飛ぶクルマ」は実現するか!? 立ちはだかる壁…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

「空飛ぶクルマ」は実現するか!? 立ちはだかる壁…オートモーティブワールド2018

トヨタやAeroMobilなどが開発に着手し、世界中のモビリティ企業が注目する「空飛ぶクルマ」。

eCallをプラグイン化するデバイス、EUでは装着義務化…ボッシュがオートモーティブワールド2018に MEMS を出展 画像
自動車 ニューモデル

eCallをプラグイン化するデバイス、EUでは装着義務化…ボッシュがオートモーティブワールド2018に MEMS を出展

オートモーティブワールド2018、ボッシュのブースはMEMSと呼ばれる加速度センサーをメインに展示を行っていた。MEMSとは、半導体技術を応用したマイクロマシンを使ったセンサーデバイスのこと。内部のシリコン片が動くことで物体の動き、傾きなどを検出する。

CANかイーサネットか? 車載ネットワークの最新動向…オートモーティブワールド2018 専門セッション 画像
自動車 ニューモデル

CANかイーサネットか? 車載ネットワークの最新動向…オートモーティブワールド2018 専門セッション

コネクテッドカー時代にどんな車載ネットワークが求められ、業界ではどのような取り組みが行われているのか。オートモーティブワールド専門セッションから考察する

ARウエアラブルPCで故障診断できるHoloGARAGE、開発中のYAMAGATAがデモ…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

ARウエアラブルPCで故障診断できるHoloGARAGE、開発中のYAMAGATAがデモ…オートモーティブワールド2018

YAMAGATAのブースではマイクロソフトが開発したHMD(ヘッドマウントディスプレイ)型のウエアラブルコンピュータ「HoloLens」を用いた故障診断装置「HoloGARAGE」のデモが行われていた。

UL Japan 、新規格対応EV/HV用試験設備をアピール…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

UL Japan 、新規格対応EV/HV用試験設備をアピール…オートモーティブワールド2018

米国第三者安全科学機関 UL Inc.の日本法人であるUL Japan は、国内初の CISPR 25:2016 Edition4 Annex I 対応EV/HV用試験設備「EHV Chamber」を愛知県みよし市に新設。今夏より稼働を開始する。

開発中のフル液晶メーターとデフィー・スポーツディスプレイを展示した日本精機…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

開発中のフル液晶メーターとデフィー・スポーツディスプレイを展示した日本精機…オートモーティブワールド2018

日本精機のブースには、最新の量産車に採用されているメーターがズラリと並んでいた。今回の目玉は、開発中の次世代メーターパネルの展示。2020年以降の量産車に採用を提案していくものだ。

なぜ? サンディスクのブースにSUPER GTの ニスモGT-R が登場…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

なぜ? サンディスクのブースにSUPER GTの ニスモGT-R が登場…オートモーティブワールド2018

メモリカードで有名なサンディスクのブースに鎮座していたのは、何とSUPER GTの常勝マシン、「ニスモGT-R」。どちらも赤をイメージカラーにしているだけにスポンサーにでもなったとかと思い、話を聞いて見ると、意外な答えが……。

ネクスティエレクトロニクスがマイクロEVのスリーホイラーを試作…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

ネクスティエレクトロニクスがマイクロEVのスリーホイラーを試作…オートモーティブワールド2018

ネクスティエレクトロニクスのブースには、前2輪の3輪自動車リバーストライクが展示されていた。同社はトーメンエレクトロニクスと豊通エレクトロニクスという電子部品の専門商社が昨年合併して設立されたものだ。

完全自動運転時代の法規動向、テュフラインランドジャパンが予想…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

完全自動運転時代の法規動向、テュフラインランドジャパンが予想…オートモーティブワールド2018

第三者検査機関の テュフ ラインランド ジャパンは、「EVから自動運転へのシフト。技術、法規動向とロードマップ」と題して講演。法規動向からの視点で「日本メーカーが世界で勝ち抜くためのポイント」などを指南した。

透明人間テクノロジー! 映像に映り込む人間をリアルタイムに消す旭化成…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

透明人間テクノロジー! 映像に映り込む人間をリアルタイムに消す旭化成…オートモーティブワールド2018

映像に入り込む人間を、みんな消しちゃえ---。

120km/hでワイヤレス充電できるシステム、クアルコムが「速く&早く」…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

120km/hでワイヤレス充電できるシステム、クアルコムが「速く&早く」…オートモーティブワールド2018

EVやPHVを走らせながら充電できる時代へ---。

ブラックベリー、自動運転車向けサイバーセキュリティソフトJarvisを日本初公開…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

ブラックベリー、自動運転車向けサイバーセキュリティソフトJarvisを日本初公開…オートモーティブワールド2018

カナダのブラックベリー社は1月17日に開幕したオートモーティブワールド2018で、自動運転車やコネクティッドカー向けサイバーセキュリティソフト「Jarvis(ジャービス)」を日本初公開した。

トヨタが考える自動運転開発のアプローチとは…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

トヨタが考える自動運転開発のアプローチとは…オートモーティブワールド2018

トヨタ自動車先進技術開発カンパニーの松尾芳明主査は1月17日に開幕したオートモーティブワールド2018での自動運転に関するセミナーに登壇し、段階的に自動化のレベルを上げていく方法と、一気に完全自動運転を目指す2つのアプローチで開発を進めていると述べた。

なぜ「オートモーティブワールド」が世界最大級の自動車技術展となりえたのか 画像
自動車 ビジネス

なぜ「オートモーティブワールド」が世界最大級の自動車技術展となりえたのか

今や日本のみならず世界最大規模の自動車技術展にまで成長したオートモーティブワールドは、なぜ、いかにして拡大し続けるのか、その理由を同展事務局長のリード エグジビジョン ジャパン早田匡希氏に訊いた。

ロードスター那副社長「18年は中国で無人タクシー元年に」…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

ロードスター那副社長「18年は中国で無人タクシー元年に」…オートモーティブワールド2018

ロードスター・エーアイの那小川副社長は1月17日に開幕したオートモーティブワールド2018の技術セミナーで講演し、「2018年は中国で無人タクシーの元年になる」とした上で、「ロードスターは2018年に中国で20台の自動運転タクシーを走らせる」ことを明らかにした。

眠気感知するウェアラブル端末、愛知県プロジェクトが公開…オートモーティブワールド2018 画像
自動車 ニューモデル

眠気感知するウェアラブル端末、愛知県プロジェクトが公開…オートモーティブワールド2018

愛知県の産学連携研究プロジェクトのひとつ、知の拠点あいち重点研究プロジェクト プロジェクトR チームRは1月17日に東京ビッグサイトで開幕したオートモーティブワールド2018で、既存のメガネに着脱可能な眠気感知できるウェアラブル端末を公開している。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 14