中国 次世代トヨタニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

中国 次世代トヨタに関するニュースまとめ一覧

【次世代 中国トヨタ 2013】中古車査定・流通もスマホ&タブレットで変える 画像
自動車 ビジネス

【次世代 中国トヨタ 2013】中古車査定・流通もスマホ&タブレットで変える

自動車販売において、中古車の扱いかカギになる点は、日本も中国も変わりない。広汽トヨタでは、中古車の扱いを徹底的にIT化することで、中古車ビジネスの再構築を進行中である。そこで使われているのも、e-CRBである。

【次世代 中国トヨタ 2013】ワークフローをiPadでカイゼン、新e-CRBのディーラーオペレーション 画像
自動車 ビジネス

【次世代 中国トヨタ 2013】ワークフローをiPadでカイゼン、新e-CRBのディーラーオペレーション

トヨタは販売現場の「カイゼン」の一環として、ディーラー向けクラウド型顧客連携ツール「e-CRB」の構築を進めている。中でも、次世代e-CRBをもっとも早く導入し、販売ワークフローの最適化をすすめているのが、中国・広汽トヨタの旗艦店にあたる第一店だ。

【次世代 中国トヨタ 2013】サービス部門にもタブレット導入、品質向上と作業の効率化を両立 画像
自動車 ビジネス

【次世代 中国トヨタ 2013】サービス部門にもタブレット導入、品質向上と作業の効率化を両立

広汽トヨタ第一店では、セールスだけでなく、アフターサービスについても、iPadの導入によって大幅なワークフローの改善が行われている。結果、広汽トヨタ・第一店は、設備から働き方まで、さらなる大きな変化を遂げることになった。

トヨタ、カーナビの地図配信で中国企業と合弁…中国版マップオンデマンド実現へ 画像
自動車 テクノロジー

トヨタ、カーナビの地図配信で中国企業と合弁…中国版マップオンデマンド実現へ

トヨタ自動車とトヨタメディアサービスの中国・北京を本拠に持つ子会社であるBMTSは、中国の地図製作会社である北京四維図新科技股份(四維図新)と、ナビゲーションの地図配信サービス提供において提携し、合弁会社を設立することで合意した。

【中国 次世代トヨタ】車種拡充に期待…広汽トヨタ第一店 黄永江総経理 画像
自動車 ビジネス

【中国 次世代トヨタ】車種拡充に期待…広汽トヨタ第一店 黄永江総経理

広汽トヨタ(GTMC)の約300あるディーラーのなかで、モデル店舗となっている広汽トヨタ第一店。

【中国 次世代トヨタ】ラインアップ拡充積極的…広汽トヨタ 小椋邦彦総経理 画像
自動車 ビジネス

【中国 次世代トヨタ】ラインアップ拡充積極的…広汽トヨタ 小椋邦彦総経理

主力車種の『カムリ』がモデルチェンジを迎える広汽トヨタ(GTMC)。前モデルからの代替え発生フェーズに差し掛かり、e-CRB導入の真価が問われる。

【中国 次世代トヨタ】アフター充実でファン増やす…広汽トヨタ 小椋邦彦総経理 画像
自動車 ビジネス

【中国 次世代トヨタ】アフター充実でファン増やす…広汽トヨタ 小椋邦彦総経理

主力車種の『カムリ』がモデルチェンジを迎えた広汽トヨタ(GTMC)。大多数が新規顧客である中国市場において、早くも将来の中古車発生、買い替えニーズなどを見据える。いよいよe-CRB(evolutionally Customer Relationship Building)導入の真価が問われ始めている。

【中国 次世代トヨタ】スピード命の苦情管理チーム 画像
自動車 ビジネス

【中国 次世代トヨタ】スピード命の苦情管理チーム

深さを増す広汽トヨタ(GTMC)の販売店連携。最新動向のひとつとして、販売店からの苦情をGTMCで管理している。「e-CRBカスタマーケアセンター」を設置している。

【中国 次世代トヨタ】中国中古車市場に照準 画像
自動車 ビジネス

【中国 次世代トヨタ】中国中古車市場に照準

広汽トヨタ(GTMC)は、販売管理を行なってきたこれまでのSLIM(Sales Logistics Integrated Management)のノウハウを横展開し、アフターサービス分野での収益化という果実獲得に向け、体制構築を加速している。

【中国 次世代トヨタ】点検・補修需要開拓へ 画像
自動車 ビジネス

【中国 次世代トヨタ】点検・補修需要開拓へ

広汽トヨタ(GTMC)は、アフターサービスも管理することを目的に「サービスのSLIM」を開発した。販売店のサービス業務を共有しカイゼンにつなげるというもの。

【中国 次世代トヨタ】ディーラー連携で最適在庫追求 画像
自動車 ビジネス

【中国 次世代トヨタ】ディーラー連携で最適在庫追求

「SLIM」(Sales Logistics Integrated Management)を中心に滞留車の低減活動を進めていくと同時に、販売店のオーダーカイゼンには力がこもっている。

【中国 次世代トヨタ】カイゼン重ね果実獲得へ 画像
自動車 ビジネス

【中国 次世代トヨタ】カイゼン重ね果実獲得へ

トヨタ生産方式の思想を背景に、最先端のICT技術を用いて生み出された「次世代トヨタ方式」。カイゼンを積み重ねたシステムを活用し、いよいよ“果実”を手にするフェーズにさしかかっている。

【トップインタビュー】私の自動車ビジネス革命…豊田章男 トヨタ自動車社長 画像
自動車 ビジネス

【トップインタビュー】私の自動車ビジネス革命…豊田章男 トヨタ自動車社長

トヨタ自動車には豊田章男社長が「トヨタを継承した私の使命」と考えて取り組む一大プロジェクトが存在する---。『TOYOTAビジネス革命』第1章に収録されている豊田章男への単独インタビューを抜粋し、このプロジェクトが始まった経緯と狙いを探る。

【ATTT09】生産から納車、アフターまで自動車流通の最先端が分かる…トヨタ 画像
自動車 ビジネス

【ATTT09】生産から納車、アフターまで自動車流通の最先端が分かる…トヨタ

ATTTのトヨタブースでは広汽トヨタで運用されている新自動車流通システム「SLIM」 (Sales Logistics Integrated Management)をデモンストレーションを交えて披露した。

【ATTT09】豊田社長がトヨタブースを視察 画像
自動車 テクノロジー

【ATTT09】豊田社長がトヨタブースを視察

21日、トヨタ自動車の豊田章男社長が国際自動車通信技術展(ATTT)のトヨタブースを訪れ、SLIM(Sales Logistics Integrated Management:販売物流統合管理)やG-BOOKサービスのデモンストレーションを見学した。

【ATTT09】“視える化”がビジネスを変革する…広汽トヨタ総経理助理 友山茂樹氏 画像
自動車 テクノロジー

【ATTT09】“視える化”がビジネスを変革する…広汽トヨタ総経理助理 友山茂樹氏

国際自動車通信技術展(ATTT)セミナーの基調講演一番手で登場したのは、広汽トヨタ総経理助理(社長代理)の友山茂樹氏。友山氏はe-Toyota部の主査を務め、トヨタの子会社であるICTシステム会社 トヨタメディアサービスの社長も兼務する。

【カーマルチメディア・インサイダー】「製販一体 “つながる” 自動車ビジネス」広汽トヨタ総経理助理 友山茂樹氏 画像
自動車 テクノロジー

【カーマルチメディア・インサイダー】「製販一体 “つながる” 自動車ビジネス」広汽トヨタ総経理助理 友山茂樹氏

先進のICT技術やテレマティクスを駆使し、中国で成長し続ける次世代の「トヨタ方式」。その可能性と今後の戦略について、キーパーソンである広汽トヨタ総経理助理・トヨタ自動車 e-TOYOTA部主査の友山茂樹氏に話を聞いた。

【中国 次世代トヨタ】最適な在庫管理を実現する配車センター 画像
自動車 テクノロジー

【中国 次世代トヨタ】最適な在庫管理を実現する配車センター

広汽トヨタ長凱白雲店に隣接された広大なスペース。同一資本が経営する3店舗分の在庫を持つ共同新車センター(配車センター)である。そこには百数十台はあろうかという『カムリ』と『ヤリス』が保管されているが、いったん配車センターに車両をプールするのはなぜか。

【中国 次世代トヨタ】e-CRBの徹底はディーラー隣接の教育センターから 画像
自動車 テクノロジー

【中国 次世代トヨタ】e-CRBの徹底はディーラー隣接の教育センターから

広汽トヨタ(GTMC)のディーラーオペレーション・顧客管理システム『e-CRB』は、高度に統合されたICTシステムではあるが、これを円滑に運用し、来店・販売やアフターサポートに結びつけるのはあくまでも“人” の仕事である。

【中国 次世代トヨタ】“CAMRY 智能領航版” 中国版G-BOOK 画像
自動車 テクノロジー

【中国 次世代トヨタ】“CAMRY 智能領航版” 中国版G-BOOK

日本ではカーナビの一機能として見られがちなG-Book。だが中国においては、各種の情報提供/コンシェルジュ/エマージェンシーサービスを提供すると共に、『e-CRB』を構成する車載通信端末として、ディーラーとオーナーを繋ぐゲートウェイの役割も担っている。

【中国 次世代トヨタ】入庫と作業が“視える化”BP工場 画像
自動車 テクノロジー

【中国 次世代トヨタ】入庫と作業が“視える化”BP工場

広汽トヨタ(GTMC)ディーラーのほとんどは販売店に本格的な整備・修理工場を併設しており、鈑金塗装ブースまで自社で揃える。取材した広汽トヨタ第一店では、サービス工場に入庫してくる車両はなんと月間900台に達するという。

【中国 次世代トヨタ】攻めと守りのコールセンター 画像
自動車 テクノロジー

【中国 次世代トヨタ】攻めと守りのコールセンター

トヨタが中国に導入しているCRM構想「e-CRB」。その中核システムとして、顧客獲得・販売支援から、アフターサービスや買い換え支援に至るまでの顧客対応を司るのが「i-CROP」だ。そして、顧客とi-CROPとの関係のなかで重要な役割を果たすのがコールセンターだ。

【中国 次世代トヨタ】システムが発注推奨するTOSS 画像
自動車 テクノロジー

【中国 次世代トヨタ】システムが発注推奨するTOSS

「広汽トヨタ(GTMC)の主力車種『カムリ』には、グレードやボディカラー、工場装着オプションを組み合わせた仕様が全部で80あります。この80仕様のうち、7つの仕様がカムリ販売台数の80%以上を占めます。11の仕様なら90%以上です」(広汽トヨタ総経理助理 友山茂樹氏)。

【新聞ウォッチ】中国が新車販売「世界一」、減税車種対応で明暗 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】中国が新車販売「世界一」、減税車種対応で明暗

中国の2009年上半期(1 - 6月)の新車販売台数が609万8800台と前年同期比で17.7%増え、半期ベースで初めて米国を抜き世界一となったという。新華社通信が中国汽車工業協会の統計として報じたのを受けて、きょうの各紙が取り上げている。

【中国 次世代トヨタ】eディーラーの中核システム i-CROP 画像
自動車 ビジネス

【中国 次世代トヨタ】eディーラーの中核システム i-CROP

高額商品であるクルマの販売は、"ひと"と"ひと"の対面販売が基本。セールススタッフのスキルがものを言う世界であり、Amazonなどネット販売や大手家電量販店のような「効率化」・「システム化」が難しい世界であると、多くの人が考えているのではないだろうか。

    1 2 > 次
Page 1 of 2