キャデラック STSニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

キャデラック STSに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
GM キャデラック
【キャデラック Vシリーズ 海外試乗】世界最速のレーシングサルーンと、世界最良のスポーツセダン…西川淳 画像
試乗記

【キャデラック Vシリーズ 海外試乗】世界最速のレーシングサルーンと、世界最良のスポーツセダン…西川淳

世界最速のレーシングサルーンと、世界最良のスポーツセダン。キャデラックの新型「Vシリーズ」、『CTS-V』と『ATS-V』をシンプルに評すると、そうなる。

GMの新コンセプト販売店が関西地区にオープン 画像
自動車 ビジネス

GMの新コンセプト販売店が関西地区にオープン

ゼネラルモーターズ・ジャパンは5月7日、GMの新たなグローバル・コンセプトに基づいてリニューアルオープンする「キャデラック・シボレー北大阪」を報道関係者に公開した。このコンセプト店の展開は全国2例目で、関西地区では初の事例となる。

キャデラックの中国アクションCM…衛星も味方 [動画] 画像
自動車 ニューモデル

キャデラックの中国アクションCM…衛星も味方 [動画]

中国市場で攻勢を強めるGMの高級車ブランド、「キャデラック」。その現地CMは、アクション映画顔負けの内容だ。

キャデラック CTS の2010年モデル 画像
自動車 ニューモデル

キャデラック CTS の2010年モデル

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、キャデラック『CTS』の2010年モデルを2010年1月から順次発売する。

【リコール】キャデラック STS などのデファレンシャル、潤滑不良 画像
エコカー

【リコール】キャデラック STS などのデファレンシャル、潤滑不良

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは2日、キャデラック『STS』など4車種のデファレンシャルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2005年5月13日 - 07年10月26日に輸入された411台。

キャデラック STS の08年モデルを日本発売 画像
自動車 ニューモデル

キャデラック STS の08年モデルを日本発売

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMAPジャパン)は、新たに右ハンドル仕様を追加した2008年モデルのキャデラック『STS』、『STS-V』(左ハンドルのみ)を発表した。11月から販売開始する。

キャデラック STS と STS-V の2007年モデル 画像
自動車 ニューモデル

キャデラック STS と STS-V の2007年モデル

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMAPジャパン)は、2007年モデルのキャデラック『STS』、『STS-V』を発表した。3月以降、全国のキャデラック正規販売店で販売を開始する。

ヤナセ・キャデラック強化戦略 走りのVシリーズがイメージリーダー 画像
自動車 ビジネス

ヤナセ・キャデラック強化戦略 走りのVシリーズがイメージリーダー

ヤナセが10月から展開する「キャデラック・ブレイクスル−プラン」ではキャデラックの『Vシリーズ』を活用してブランドイメージの刷新を図る。

【リコール】キャデラック STS と SRX の緩衝装置 画像
エコカー

【リコール】キャデラック STS と SRX の緩衝装置

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは30日、キャデラック『STS』、『SRX』の後部リンクロッドに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。04年9月から05年2月までに輸入された204台が対象。

キャデラック STS4.6 の2006年モデル、フロントシートクーラーを装備 画像
自動車 ニューモデル

キャデラック STS4.6 の2006年モデル、フロントシートクーラーを装備

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、キャデラック『STS4.6』の2006年モデルを2006年1月7日から発売する。従来、ラグジュアリーパッケージの専用装備となっていたフロント・シートクーラーをベースグレードに標準装備した。

【東京モーターショー05】写真蔵…キャデラック STS-V 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー05】写真蔵…キャデラック STS-V

キャデラックの東京モーターショー(10月19日−11月6日)ジャパンプレミアは、『STS-V』。『セヴィル』後継モデルである「STS」に、4.4リットルV8 スーパーチャージャーを搭載したハイパフォーマンスモデルだ。「ノーススター」V8・SCエンジンの440psには、最新の6ATが組み合わされる。価格は977万円、2006年1月7日から発売。

キャデラック STS のハイパフォーマンスモデル「V」を日本発売 画像
自動車 ニューモデル

キャデラック STS のハイパフォーマンスモデル「V」を日本発売

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、新型キャデラック『STS-V』を2006年1月7日から発売すると発表した。

キャデラック STS の装備を充実 画像
自動車 ニューモデル

キャデラック STS の装備を充実

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、『キャデラックSTS3.6』の装備を変更して9月3日から発売すると発表した。

【インプレ'05】両角岳彦 キャデラック『STS』 かつてはよい意味での鷹揚さが持ち味だったが… 画像
試乗記

【インプレ'05】両角岳彦 キャデラック『STS』 かつてはよい意味での鷹揚さが持ち味だったが…

『STS』を最初に名乗った1992年登場の『セビル』は佳作だった。だが成功後のフルチェンジ、そして今回のCTS共用FRパッケージ転身と、その資質は急速に低落している。

【インプレ'05】津々見友彦 キャディラック『STS』 大柄なボディを感じさせないLLサルーン 画像
試乗記

【インプレ'05】津々見友彦 キャディラック『STS』 大柄なボディを感じさせないLLサルーン

直線基調のエクステリアデザインはスッキリとして精悍な印象。インテリアはオーソドックスで嫌みがなく、落ち着ける。

【インプレ'05】河村康彦 キャディラック『STS』 既存の印象を大きく変える走りっぷりだが… 画像
試乗記

【インプレ'05】河村康彦 キャディラック『STS』 既存の印象を大きく変える走りっぷりだが…

弟分である『CTS』に続き「ニュルブルクリンクの旧コースで鍛えた」というフットワークは、なるほどひと昔前までの“アメ車”のそれとは大きく異なる印象の持ち主。

【インプレ'05】日下部保雄 キャディラック『STS』 欧州車の味を融合させた新感覚アメ車 画像
試乗記

【インプレ'05】日下部保雄 キャディラック『STS』 欧州車の味を融合させた新感覚アメ車

従来の『セビル』のモデルチェンジ版、FFからFRになってスポーティな走りを訴求したのが特徴。

【インプレ'05】松下宏 キャディラック『STS』 アメ車らしからぬスポーティ感覚 画像
試乗記

【インプレ'05】松下宏 キャディラック『STS』 アメ車らしからぬスポーティ感覚

搭載エンジンは、V8の4.6リッターとV6の3.6リッターの2機種。V8エンジンは新世代キャデラック用に改良が加えられたノーススターエンジンで、パワー&トルクも238kw/420N・mにまで向上している。

【インプレ'05】熊倉重春 キャディラック『STS』 アメ車の過去と未来を感じる一台 画像
試乗記

【インプレ'05】熊倉重春 キャディラック『STS』 アメ車の過去と未来を感じる一台

アメ車は鈍感でボヨヨンで……みたいな思い込みは前世紀の遺物。新型キャデラック『STS』もしっかり国際基準を見据えた設計だ。これなら日本やヨーロッパのビッグセダンとも互角に勝負できそう。

【インプレ'05】木下隆之 キャデラック『STS』 ワインディングスターになったアメ車 画像
試乗記

【インプレ'05】木下隆之 キャデラック『STS』 ワインディングスターになったアメ車

もはや新世代のキャデラックには、古くから語られてきたアメ車の面影は薄い。豪快で荒々しくだが乗り心地はきわめてソフト、といったものではなく、大雑把にいえばヨーロッパ車の雰囲気が漂うのだ。

【インプレ'05】下野康史 キャディラック『STS』 とっつきやすくなったのは歓迎できるが… 画像
試乗記

【インプレ'05】下野康史 キャディラック『STS』 とっつきやすくなったのは歓迎できるが…

“シグマ・アーキテクチャー”という新しい車台を使った新世代キャディラックのデザインにはどうしてもなじめないが、『STS』のカタチはこれまででいちばんとっつきやすい。

【D視点】キャデラック STS …バウハウスが造った夢のピラミッド 画像
自動車 ニューモデル

【D視点】キャデラック STS …バウハウスが造った夢のピラミッド

日本ゼネラルモーターズ(GM)は、10月12日に新型キャデラック『STS』を発表した。『セビルSTS』の後継で、キャデラックのラグジュアリー・パフォーマンス・セダンとしては25年ぶりの後輪駆動モデル。

【キャデラック STS発表】HUDも安全に寄与…ただし 画像
自動車 テクノロジー

【キャデラック STS発表】HUDも安全に寄与…ただし

キャデラック『STS』には一部グレードに4色ヘッドアップディスプレイ(HUD)が設定されている。高輝度なので、昼夜を問わずに使用することができ、さらには表示可能な情報が多彩なこともひとつの特徴となっている。

【キャデラック STS発表】ナビはデンソー製、パーソナライズ機能とは切り分け 画像
自動車 テクノロジー

【キャデラック STS発表】ナビはデンソー製、パーソナライズ機能とは切り分け

キャデラック『STS』のセンターコンソールには、キャデラックビジョンと呼ばれるタッチパネル式8インチモニターが装着されている。国産の高級車では珍しくなくなったが、ここまで大きなサイズのモニターを装備している輸入車は今はまだ珍しい。

【キャデラック STS発表】上級装備が標準設定のイメージリーダー 画像
自動車 ニューモデル

【キャデラック STS発表】上級装備が標準設定のイメージリーダー

キャデラック『STS』(12日発表)の価格は、3.6リットルRWDが695万円、4.6リットルRWDが825万円、4.6リットルAWDが865万円(いずれも消費税込み)となっている。

    1 2 > 次
Page 1 of 2