トヨタ グランビアニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

トヨタ グランビアに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
トヨタ自動車
車両盗難、ハイエース が1位…07年 画像
自動車 社会

車両盗難、ハイエース が1位…07年

日本損害保険協会は07年11月に保険金を支払った事業(車両盗難825件、車上荒らし3138件)を対象に自動車盗難事故実態調査を実施し、このほどその結果を公表した。

【リコール】トヨタ グランビア など10車種、走らない止まらない 画像
エコカー

【リコール】トヨタ グランビア など10車種、走らない止まらない

トヨタ自動車は4日、『グランビア』など10車種のプロペラシャフトとブレーキブースタに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。95年9月から05年10月まで生産された7万6248台が対象。

【東京国際消防防災展写真蔵】トヨタの高規格救急車『ハイメディック』 画像
モータースポーツ/エンタメ

【東京国際消防防災展写真蔵】トヨタの高規格救急車『ハイメディック』

トヨタの高規格救急車『ハイメディック』は、すでに生産が中止されている初代『グランビア』をベースとしたクルマだ。今もこのタイプで作られているというが、今後は他車をベースにしたものに代わっていくのかもしれない。

【トヨタ『アルファード』発表】これが30代ファミリー層への最大のアピールだ!! 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ『アルファード』発表】これが30代ファミリー層への最大のアピールだ!!

トヨタ『アルファード』は、先代モデルにあたる『グランビア』や『グランドハイエース』より、ターゲットとするユーザーの年代を30歳代とした。セールスマンが「これはエルグランドより良い」と自慢できるファミリー向け装備がひとつある

【トヨタ『アルファード』発表】ディーゼル廃止がFF化の要因か? 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ『アルファード』発表】ディーゼル廃止がFF化の要因か?

トヨタ『アルファード』は『グランビア』、そして『グランドハイエース』の後継となるクルマだ。これらはFRレイアウトを採用していたが、アルファードはFFレイアウトとなった。レイアウト変更の後押しをしたのは、搭載されるエンジンが一因だった。

【トヨタ『アルファード』発表】『エルグランド』に負けない自信あります 画像
エコカー

【トヨタ『アルファード』発表】『エルグランド』に負けない自信あります

『グランビア/グランドハイエース』の後継となる『アルファード』だが、ディーゼルエンジン搭載が見送られたため、『エスティマ』のFFシャシーをベースとすることになった。搭載されるエンジンも、エスティマと同様3.0リットルV6と2.4リットル直4というラインナップ。

【トヨタ『アルファード』発表】ミニバン・フラッグシップ---張社長が口にしたライバル 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ『アルファード』発表】ミニバン・フラッグシップ---張社長が口にしたライバル

トヨタ自動車は新型の最上級ミニバン『アルファードG』『アルファードV』を22日発表、発売した。『グランビア』の後継にあたるが、駆動レイアウトはFF=フロントエンジン・前輪駆動となった。「G」はトヨペット店、「V」はビスタ店で販売される。

『グランビア』後継、新型『エルグランド』……5月に軒並みディーゼル廃止へ 画像
自動車 ニューモデル

『グランビア』後継、新型『エルグランド』……5月に軒並みディーゼル廃止へ

乗用車とRV車に搭載されているディーゼルエンジンは、今後モデルチェンジや一部改良を機に相次いで廃止となる見通しだ。粒子状物質やNOxの排出ガスが多いために、今後の強化規制達成が難しいことや、販売台数が落ちているため生産効率が悪くなってことが背景にある。

紫外線対策万全! トヨタ『グランビア』に特別仕様車 画像
自動車 ニューモデル

紫外線対策万全! トヨタ『グランビア』に特別仕様車

乗り降り楽ちん、トヨタ『グランビア』などに追加モデル 画像
自動車 ニューモデル

乗り降り楽ちん、トヨタ『グランビア』などに追加モデル

    Page 1 of 1