2021年7月のマツダに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
マツダ2 マツダ3 マツダ6 マツダ AZ-1 マツダ CX-3 マツダ CX-4 マツダ CX-5 マツダ CX-7 マツダ CX-8 マツダ CX-9 マツダ CX-30 マツダ MPV マツダ MX-30 マツダ RX-7 マツダ RX-8 マツダ アクセラ マツダ アテンザ マツダ カペラ マツダ キャロル マツダ コスモ マツダ デミオ マツダ トリビュート マツダ ビアンテ マツダ ファミリア マツダ フレア マツダ フレアクロスオーバー マツダ フレアワゴン マツダ プレマシー マツダ ベリーサ マツダ ボンゴ マツダ ランティス マツダ ロードスター マツダ コンセプトカー マツダ MX-5カップ マツダ SKYACTIV マツダ ロータリー40周年 マツダスピード フォードモーター (グループ、Ford Motor) マツダレンタカー スズキ トヨタ自動車
マツダ 藤本常務「好調市場へ新車優先供給」…第1四半期営業利益は261億円の黒字に 画像
自動車 ビジネス

マツダ 藤本常務「好調市場へ新車優先供給」…第1四半期営業利益は261億円の黒字に

マツダが7月30日に電話会議で発表した2022年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算は、北米などの販売回復により営業利益は261億円(前年同期は453億円の赤字)と黒字を確保した。通期予想は半導体不足などの不透明要素が多く、据え置いた。

マツダ、最終利益114億円…北米で販売好調 2021年4-6月期決算 画像
自動車 ビジネス

マツダ、最終利益114億円…北米で販売好調 2021年4-6月期決算

マツダは7月30日、2021年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。北米市場などが好調で、最終利益114億円を確保した。

マツダの世界販売、コロナ禍前の水準にほぼ回復 2021年上半期 画像
自動車 ビジネス

マツダの世界販売、コロナ禍前の水準にほぼ回復 2021年上半期

マツダは7月29日、2021年上半期(1~6月)の販売・生産・輸出実績(速報)を発表。世界販売台数は前年同期比27.5%増の71万0712台となった。

【マツダ CX-30 新型試乗】小さな進化もいずれ大きな結果となるのか?…中村孝仁 画像
試乗記

【マツダ CX-30 新型試乗】小さな進化もいずれ大きな結果となるのか?…中村孝仁

とある銀座の立体駐車場にて。「これ、入るでしょ?」係員「ちょっと待ってください」するとしばらくして、「ゆっくり入ってみてください。上のバーに当たったらダメです」と。

欧州新車販売が3年ぶりに増加、日本メーカーではトヨタとマツダが3割増 2021年上半期 画像
自動車 ビジネス

欧州新車販売が3年ぶりに増加、日本メーカーではトヨタとマツダが3割増 2021年上半期

◆ドイツなど5大主要国のすべてが前年超えと回復 ◆市場シェアを21.3%に伸ばしたステランティス ◆トヨタの市場シェアは0.4ポイント伸びて6.3%に

ヨーロッパはマツダ・ロータリーを忘れていない! 今も熱いユーザーと現場 画像
自動車 ビジネス

ヨーロッパはマツダ・ロータリーを忘れていない! 今も熱いユーザーと現場

ヨーロッパの愛好家の間では、“ロータリーのマツダ”もけっして忘れられているわけではない、というのが本稿の内容だ。それが最もわかりやすいのは、ドイツ北西部エッセンで毎年開催されるヒストリックカー・ショー「テヒノクラシカ(テクノクラシカ)」だ。

「キャラがわかりにくい?」マツダ MX-30のデザインがわかる十カ条 画像
自動車 ニューモデル

「キャラがわかりにくい?」マツダ MX-30のデザインがわかる十カ条

「いまいちキャラクターがわかりにくい」と、そんな声を耳にするマツダMX-30。それってつまり、デザインの「見所」がわかりにくいのでは? これまで皆さんが慣れ親しんできた魂動デザインとは、あえて違うことをやったのがMX-30だ。

マツダ、太陽光発電設備を本社工場に導入…MX-30 EV の充電などに供給 画像
自動車 ビジネス

マツダ、太陽光発電設備を本社工場に導入…MX-30 EV の充電などに供給

マツダは、製造領域での工場やオフィスのグリーン化推進の一環として、同社初となる太陽光発電設備の稼働を7月13日より開始した。

マツダとミズノのドライビングシューズが2日で完売、250足を追加生産決定 画像
自動車 ビジネス

マツダとミズノのドライビングシューズが2日で完売、250足を追加生産決定

マツダが7月6日に発表した、ミズノとの共同開発によるドライビングシューズが、予約開始から2日と9時間で受注枠数の1100足に達したことが明らかになった。また、好評を受けて急遽、250足を追加生産することを決定した。

マツダとミズノが「ドライビングシューズ」を共同開発…そのねらいは?履き心地は? 画像
自動車 ビジネス

マツダとミズノが「ドライビングシューズ」を共同開発…そのねらいは?履き心地は?

マツダは7月6日、大手総合スポーツ用品メーカーであるミズノと共同開発した、新しいドライビングシューズ「マツダ/ミズノドライビングシューズ」を発表、クラウドファンディグサービス「MAKUAKE(マクアケ)」で、同日14時から予約受注を開始した。

マツダ MX-30 ロータリーレンジエクステンダーは中止になっていない…日経報道はなぜ中止としたか 画像
自動車 ビジネス

マツダ MX-30 ロータリーレンジエクステンダーは中止になっていない…日経報道はなぜ中止としたか

6月28日、日経クロステックに「マツダがロータリーエンジンを使った電動車の開発を中止」したととれる内容の記事を公開した。だが、この記事の内容は正確ではない。

マツダ、米国販売47%増…CX-30 が倍増と貢献 2021年上半期 画像
自動車 ビジネス

マツダ、米国販売47%増…CX-30 が倍増と貢献 2021年上半期

マツダ(Mazda)の米国部門の北米マツダは7月1日、2021年上半期(1~6月)のアメリカ合衆国市場の新車販売の結果を発表した。総販売台数は18万9167台。前年同期比は46.8%増と、3年ぶりに前年実績を上回った。

エアバッグ展開時、「M」エンブレムが飛散…マツダ アクセラ 7万4000台をリコール 画像
自動車 テクノロジー

エアバッグ展開時、「M」エンブレムが飛散…マツダ アクセラ 7万4000台をリコール

マツダは7月1日、『アクセラ』のエアバッグ展開時に乗員が負傷するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2003年5月16日から2006年9月4日に製造された7万4231台。

    Page 1 of 1