2021年2月のスバル(ブランド、自動車)に関するニュースまとめ一覧

メーカーとしての原点を、戦前の航空機メーカー中島飛行機に持ち、創業期に元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念に囚われないユニークなメカニズムを特徴とする自動車を多く送り出してきた。そのスタンスは日本の自動車メーカーの中でも、特に技術至上主義の傾向が強い。中でも、自動車技術者百瀬晋六は有名な存在である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連インデックス
SUBARU スバル(コーポレート、企業動向) スバルWRC スバル R1 スバル R2 スバル インプレッサ スバル ヴィヴィオ スバル エクシーガ スバル ジャスティ スバル ステラ スバル デックス スバル トラヴィック スバル BRZ スバル フォレスター スバル プレオ スバル レガシィ スバル コンセプトカー トヨタ自動車 スバル XV スバル アイサイト(EyeSight) スバル サンバー スバル トレジア スバル ルクラ
【スバル レヴォーグ 新型試乗】スバルはやっぱり雪が似合う!新型レヴォーグで走った津軽海峡・冬景色…河西啓介 画像
試乗記

【スバル レヴォーグ 新型試乗】スバルはやっぱり雪が似合う!新型レヴォーグで走った津軽海峡・冬景色…河西啓介

上野発の夜行列車降りたときから、青森駅は雪の中…。と歌ったのは石川さゆりだが、2月のとある日、東京発の新幹線「はやぶさ」から新青森駅に降り立った僕を待っていたのは、やはり一面の雪景色だった。

スバル専用DIATONEスピーカー『SR-G400』の真髄に迫る!! 画像
自動車 テクノロジー

スバル専用DIATONEスピーカー『SR-G400』の真髄に迫る!!

熱いファンに支持されている人気ブランドSUBARU。そのオプションスピーカーのラインナップにこの度、進化したDIATONEスピーカー『SR-G400』が新たに名を連ねた。さて、これはどのようなサウンドを聴かせてくれるスピーカーなのか…。魅力の真髄をリポートする。

SUBARU BRZ GALS BREEZE も発表…スバルSTIモータースポーツ 2021年体制 画像
モータースポーツ/エンタメ

SUBARU BRZ GALS BREEZE も発表…スバルSTIモータースポーツ 2021年体制

スバルSTIは22日に、2021年のモータースポーツ体制を発表した。その中で、2021年のSUPER GTを応援する、SUBARU BRZ GAL BREEZE 2021も発表された。

新型 BRZ GT300 が登場!…スバルSTIが2021年のモータースポーツ体制を発表 画像
モータースポーツ/エンタメ

新型 BRZ GT300 が登場!…スバルSTIが2021年のモータースポーツ体制を発表

スバル・STIは22日、2021年のモータースポーツ体制を発表した。2021年のSUPER GT選手権は新型「BRZ GT300」で参戦すると発表した。またニュルブルクリンク24時間レースは残念ながら参戦を断念することを合わせて発表した。

スバル、ニュル24時間参戦を見送り…SUPER GTには新型BRZ GT300 で参戦 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル、ニュル24時間参戦を見送り…SUPER GTには新型BRZ GT300 で参戦

SUBARU(スバル)とスバルテクニカインターナショナル(STI)は2月22日、2021年のスバルモータースポーツ活動についての概要を発表。ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦を見送ることを決定した。

BRZとは違う!トヨタ 86 新型のデザインはこうなる…気になる発表時期は 画像
自動車 ニューモデル

BRZとは違う!トヨタ 86 新型のデザインはこうなる…気になる発表時期は

発表が近づくスバルの新型『BRZ』。言わずと知れたトヨタとの共同開発で誕生したFRスポーツだが、兄弟車のトヨタ『86』はどうなるのか?BRZとは何が違うのか?「Spyder7」スクープ班が入手した新情報を元に、発表時期、その姿に迫る。

スバル WRX S4 次期型は今秋登場か? レヴォーグと平行して開発 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル WRX S4 次期型は今秋登場か? レヴォーグと平行して開発

『ベストカー』2月26日号のSUPER SPY SCOOPは、1月24日に受注終了しフルモデルチェンジが期待される『WRX S4』次期型についてだ。

スバル 岡田専務「第4四半期も販売は堅調に推移」…半導体不足で通期営業利益は下方修正 画像
自動車 ビジネス

スバル 岡田専務「第4四半期も販売は堅調に推移」…半導体不足で通期営業利益は下方修正

SUBARU(スバル)が2月5日に電話会議で発表した2021年3月期の第3四半期(4~12月期)連結決算は、主力の米国販売が10~12月期に前年を上回るなど回復に転じ、営業利益は983億円(前年同期比36%減)となった。

    Page 1 of 1