2019年3月のリコール・不具合情報に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
国土交通省(国交省) 日本自動車工業会(自工会) JNCAP NASVA 自動車事故対策機構 NHTSA 米国運輸省道路交通安全局 IIHS 道路安全保険協会 ユーロNCAP
メルセデスベンツ Sクラス、車両停止システムが作動しないおそれ リコール 画像
自動車 テクノロジー

メルセデスベンツ Sクラス、車両停止システムが作動しないおそれ リコール

メルセデス・ベンツ日本は3月27日、『Sクラス』など7車種の電動パワーステアリングおよびステアリングコラムブーツに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

メルセデスベンツ Cクラスなど、シートベルトテンショナが作動しないおそれ リコール 画像
自動車 テクノロジー

メルセデスベンツ Cクラスなど、シートベルトテンショナが作動しないおそれ リコール

メルセデス・ベンツ日本は3月27日、『Cクラス』など12車種のシートベルトバックルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

ポルシェ 718ボクスター/ケイマン、車体前部の強度不足でリコール 画像
自動車 テクノロジー

ポルシェ 718ボクスター/ケイマン、車体前部の強度不足でリコール

ポルシェジャパンは3月22日、「718」シリーズ6車種について、車体前部の強度が不足しているものがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

ホンダ PCX 8万6000台、ヘッドライトなどが点灯しなくなるおそれ リコール 画像
モーターサイクル

ホンダ PCX 8万6000台、ヘッドライトなどが点灯しなくなるおそれ リコール

ホンダは3月20日、スクーター『PCX(125cc)』『PCX150』の灯火類が点灯しなくなるおそれがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは2014年3月18日~2017年8月30日に製造された8万6981台。

BMW X1、テールライトが脱落するおそれ リコール 画像
自動車 テクノロジー

BMW X1、テールライトが脱落するおそれ リコール

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は3月14日、「X1 xDrive 18d」など3機種について、テールライトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年9月19日~12月4日に製造された796台。

アウディ A4、燃料漏れのおそれでリコール 画像
自動車 テクノロジー

アウディ A4、燃料漏れのおそれでリコール

アウディジャパンは3月13日、『A4 1.4TFSI』の燃料パイプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2016年9月15日~2017年6月3日に輸入された578台。

ヤマハ発動機、セロー/トリッカー250 をリコール ECU不具合で故障診断できないおそれ 画像
モーターサイクル

ヤマハ発動機、セロー/トリッカー250 をリコール ECU不具合で故障診断できないおそれ

ヤマハ発動機は3月12日、『セロー250』および『トリッカー250』のエンジンコントロールユニット(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2018年8月9日~2019年2月8日に製造された2804台。

三菱ふそう、スーパーグレート など1万2000台をリコール リアブレーキに不具合 画像
自動車 テクノロジー

三菱ふそう、スーパーグレート など1万2000台をリコール リアブレーキに不具合

三菱ふそうトラック・バスは3月12日、大型トラック『スーパーグレード』および大型バス『エアロエース』『エアロクイーン』のリヤブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

ハーレー、24車種5000台をリコール クラッチが切れなくなるおそれ 画像
モーターサイクル

ハーレー、24車種5000台をリコール クラッチが切れなくなるおそれ

ハーレーダビッドソン ジャパンは3月6日、『ストリートグライド スペシャル』などのクラッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

VW ポロ、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ リコール 画像
自動車 テクノロジー

VW ポロ、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ リコール

フォルクスワーゲングループジャパンは2月28日、『ポロ(1.0/70kW)』の駐車ブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年12月25日から2018年12月8日に製造された9666台。

スバルが過去最大規模のリコール、年間販売2倍以上の226万台[新聞ウォッチ] 画像
自動車 テクノロジー

スバルが過去最大規模のリコール、年間販売2倍以上の226万台[新聞ウォッチ]

スバルが、ブレーキランプをつけるためのスイッチの不具合によってエンジンが始動できなくなる恐れがあるなどとして、『インプレッサ』と『フォレスター』の2車種のリコール(回収・無償修理)を実施する発表した。

    Page 1 of 1