2018年3月のレスポンス試乗記ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

2018年3月のレスポンス試乗記に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
日本自動車工業会(自工会)
【ホンダ N-ONE RS 試乗】さすがに新型 N-BOXとの差は感じるが…島崎七生人 画像
試乗記

【ホンダ N-ONE RS 試乗】さすがに新型 N-BOXとの差は感じるが…島崎七生人

スタンダード、セレクト、プレミアム、RSと、テイストの異なる4つのラインを揃える最新『N-ONE』。ヒエラルキーではなく、好みで仕様が選べるところがいいし、各ラインごと豊富なボディ色が設定されている点も嬉しいところだ。

【ホンダ ステップワゴン モデューロX 試乗】車高と車重を意識させない一体感のある走り…片岡英明 画像
試乗記

【ホンダ ステップワゴン モデューロX 試乗】車高と車重を意識させない一体感のある走り…片岡英明PR

ホンダの純正ドレスアップ用品などを開発しているホンダアクセスが開発した専用のカスタマイズパーツを装着したコンプリートカーが「モデューロX」である。

【日産 セレナe-POWER 試乗】非の打ち所がない仕上がり、だが本当に弱点はないのか?…会田肇 画像
試乗記

【日産 セレナe-POWER 試乗】非の打ち所がない仕上がり、だが本当に弱点はないのか?…会田肇

モーターで走るのに充電を気にせずロングドライブが楽しめる。それが『セレナe-POWER』最大の魅力だ。日産がハイブリッド車の新しい形としてリリースしたe-POWERは、『ノート』に続く第二弾。

【VW ポロ 試乗】ゴルフに迫る快適さに「手堅さの極み」…島崎七生人 画像
試乗記

【VW ポロ 試乗】ゴルフに迫る快適さに「手堅さの極み」…島崎七生人

手堅さの極み…といったところか。日本でも累計25万台以上が輸入・販売されたという『ポロ』は、兄貴分の『ゴルフ』に優るとも劣らない看板車種。それだけにハズシのない仕上がりぶりなのである。

【ホンダ フリード モデューロX 試乗】走りにこだわるファミリー派には魅力的な存在…片岡英明 画像
試乗記

【ホンダ フリード モデューロX 試乗】走りにこだわるファミリー派には魅力的な存在…片岡英明PR

ホンダの純正ドレスアップ用品や純正オプションなどを開発し、送り出しているホンダアクセスを代表する用品ブランドが「モデューロ」だ。

【ジープ コンパス 試乗】いい意味でも悪い意味でも、日本車的である…諸星陽一 画像
試乗記

【ジープ コンパス 試乗】いい意味でも悪い意味でも、日本車的である…諸星陽一

軍用車にそのルーツを持つジープは、道なき道もものともしないヘビーデューティなポテンシャルが魅力だが、現在のジープブランドにはいくつかのモデルが存在し、用途を棲み分けしている。

【ベントレー ベンテイガV8 海外試乗】今、あえて12気筒を選ぶ理由はあるか…西川淳 画像
試乗記

【ベントレー ベンテイガV8 海外試乗】今、あえて12気筒を選ぶ理由はあるか…西川淳

『コンチネンタルGT』や『フライングスパー』がそうであったように、W12モデルを先にデビューさせて頂点を極め、そこからある程度の数を狙うべく“ちょっと安め”のV8モデルを市場へと投入し主力モデルとする、というのが、モダン・ベントレーの販売戦略の要。

【ホンダ シビックセダン 試乗】走りもスタイルも“なめらか”がキーワード…島崎七生人 画像
試乗記

【ホンダ シビックセダン 試乗】走りもスタイルも“なめらか”がキーワード…島崎七生人

ハッチバックがイギリス生産なのに対し、日本向けセダンは埼玉・寄居工場での生産。とはいえどちらも新世代プラットフォームを採用し、2700mmのホイールベースは共通、全長はセダンのほうが130mm長く、車重は50kg軽い。

【日産 セレナe-POWER 試乗】大いに迷って選んでいただきたい…岩貞るみこ 画像
試乗記

【日産 セレナe-POWER 試乗】大いに迷って選んでいただきたい…岩貞るみこ

運転席に座ると、目の前には大きなウィンドーからの景色が広がる。見晴らしがよく心地いい。『セレナ』に人気があるワケである。そして今回、『ノート』で採用されている「e-POWER」が搭載された。

【シボレー カマロSS 試乗】“直線番長”だと思ったら大間違い…諸星陽一 画像
試乗記

【シボレー カマロSS 試乗】“直線番長”だと思ったら大間違い…諸星陽一

シボレーにはブランドを代表するスポーツモデルが2機種ある、2つは『コルベット』、もう1つが今回試乗した『カマロ』だ。カマロは1967年に初代モデルが登場、現行モデルは2015年にアメリカで発表され2016年から日本でも販売されている。

都会的だけど意外と本格派? マイチェンで進化した「ルノー・キャプチャー」の実力は 画像
自動車 ニューモデル

都会的だけど意外と本格派? マイチェンで進化した「ルノー・キャプチャー」の実力はPR

注目のSUV、ルノー・キャプチャーが2018年3月にマイナーチェンジを受けた。1.2リットルモデルというとかなりコンパクトなボディを想像するかも知れないが、キャプチャーの全長は4135mm、全幅は1780mm、全高は1680mmと堂々としたもの。

【アルファロメオ ジュリア 試乗】アルファのセダンを走らせる愉しみ、なら「スーパー」を選ぶ…島崎七生人 画像
試乗記

【アルファロメオ ジュリア 試乗】アルファのセダンを走らせる愉しみ、なら「スーパー」を選ぶ…島崎七生人

受注生産のベースグレードと「ジュリアスーパー」の価格差は97万円。両車は同スペックのエンジンを搭載するから、「シンプル、ベーシックなスタイルがいいよね」と考えるユーザーは、ベースグレードを選びそう、だ。

【ロータス エリーゼ スプリント220 試乗】クルマの本質だけを突き詰めた1台…諸星陽一 画像
試乗記

【ロータス エリーゼ スプリント220 試乗】クルマの本質だけを突き詰めた1台…諸星陽一

イギリスのバックヤードビルダーとしてスタートしたロータスは、ライトウエイトスポーツを得意とするメーカーとして有名だ。

【マツダ CX-8 試乗】ミニバンは卒業したけど捨てがたい、という人に…岩貞るみこ 画像
試乗記

【マツダ CX-8 試乗】ミニバンは卒業したけど捨てがたい、という人に…岩貞るみこ

切れ長のヘッドライトと、厚みを少なくしてすっとした印象のリアのテールライト。伸びやかに描かれたボディデザインに油断させられるけれど、実際の数字は全長4900mm、高さは2000mm。いつも使っている駐車場に入れてみて改めて、大きさを実感する。

【スバル アウトバック×ブリザック 雪上試乗】「ゆるさ」が真骨頂のロングツアラー…中村孝仁 画像
試乗記

【スバル アウトバック×ブリザック 雪上試乗】「ゆるさ」が真骨頂のロングツアラー…中村孝仁

年次改良という言葉が、スバルとマツダの間で定着している。曰く、見た目もさることながら、日々進化する改良をまとめて行うもので、パソコンなどでは年次どころか、半期に一度は最低でも行われる。

【VW ポロ 試乗】燃費だけを求めるならポロは選ばない…岩貞るみこ 画像
試乗記

【VW ポロ 試乗】燃費だけを求めるならポロは選ばない…岩貞るみこ

日本でも1996年の発売以降、定番として愛されている『ポロ』である。ほとんどのクルマが、モデルチェンジをするたびに、「室内空間」「衝突安全性」を言い訳に大きくなる。ポロは頑なに固辞していたけれど、ついにその波はポロにまで押し寄せた。

【KTM 790DUKE 試乗】「外科用メス」のような走り、その神髄は扱いやすさにある…佐川健太郎 画像
モーターサイクル

【KTM 790DUKE 試乗】「外科用メス」のような走り、その神髄は扱いやすさにある…佐川健太郎

今世界的に需要が伸びているのが600~800ccクラスのネイキッドモデルと言う。今回そのセグメントに切り込んだのが、KTM初となる並列2気筒を搭載した790DUKEである。

【日産 セレナe-POWER 試乗】モータードライブでライバルに差をつけた…諸星陽一 画像
試乗記

【日産 セレナe-POWER 試乗】モータードライブでライバルに差をつけた…諸星陽一

日産の『セレナ』に「e-POWER」が追加された。e-POWERとはエンジンで発電した電気でモーターを駆動するシリーズハイブリッドのことだ。

【ブリヂストン BATTLAX ADVENTURE A41 試乗】長距離を走りたくなる乗り心地…青木タカオ 画像
モーターサイクル

【ブリヂストン BATTLAX ADVENTURE A41 試乗】長距離を走りたくなる乗り心地…青木タカオ

乗り心地が良く、疲れないからいつまでも走っていられる。日本サイクルスポーツセンター(伊豆・修善寺)の1周5kmのクローズドコースをひたすら周回するテストライドであったが、そこを抜け出して高速道路で長距離クルージングの旅に出たくなった。それほどに快適なのだ。

【VW ポロ 試乗】ずいぶん大きく育ったもんだ…中村孝仁 画像
試乗記

【VW ポロ 試乗】ずいぶん大きく育ったもんだ…中村孝仁

一目見て、大きくなったなぁ…と言うのが第一印象。何てったって、3ナンバー車である。『ポロ』にとっては初めての1700mm越えのワイドボディを持つ。

【レンジローバー ヴェラール 試乗】今までのランドローバー系と比べるとだいぶ異質…中村孝仁 画像
試乗記

【レンジローバー ヴェラール 試乗】今までのランドローバー系と比べるとだいぶ異質…中村孝仁

昨年、日本市場にレンジローバー『ヴェラール』が登場した時、試乗したのは3リットルのV6ガソリンエンジン搭載車。それから少し遅れて昨年末にインジニウムの名を持つ2リットル直4ターボディーゼルを搭載するモデルが、ラインナップに加わった。

【ロールスロイス ファントム 後席試乗】エンジンのついた魔法の絨毯…諸星陽一 画像
試乗記

【ロールスロイス ファントム 後席試乗】エンジンのついた魔法の絨毯…諸星陽一

ロールスロイスのなかでも最上級とされる『ファントム』が2018年、14年ぶりにフルモデルチェンジし8代目となった。

【メルセデスベンツ S450 試乗】革新の直6エンジンに、驚きの連続…中村孝仁 画像
試乗記

【メルセデスベンツ S450 試乗】革新の直6エンジンに、驚きの連続…中村孝仁

メルセデスの内燃機関の今後を左右するかもしれない大事なエンジンが、新しい『S450』に搭載された。

【VW ポロ 試乗】エントリーモデルにも手を抜かないクルマ作りはさすが…竹岡圭 画像
試乗記

【VW ポロ 試乗】エントリーモデルにも手を抜かないクルマ作りはさすが…竹岡圭

「おおっ!さすがのハンドリング!とっても扱いやすいなぁ~」と、ハンドリングのいいクルマが好きな私は大満足! すっかりいい気分で、ゆるいワインディングロードと高速道路のドライブを堪能させていただきました。

【ブリヂストン BATTLAX SPORT TOURING T31 試乗】不安なく車体を寝かせていける…青木タカオ 画像
モーターサイクル

【ブリヂストン BATTLAX SPORT TOURING T31 試乗】不安なく車体を寝かせていける…青木タカオ

フロントからスッと向きが変わり、グイグイ曲がる。グリップ状態を感じ取りやすく、突然スリップなんていう不安もないから安心してさらに車体を寝かせていける。

    1 2 3 > 次
Page 1 of 3