2015年5月の防衛省・自衛隊に関するニュースまとめ一覧

防衛省、固定翼哨戒機「P-1」を20機長期契約で調達…予算総額3396億円 画像
航空

防衛省、固定翼哨戒機「P-1」を20機長期契約で調達…予算総額3396億円

防衛省は、2015年度予算で調達する固定翼哨戒機「P-1」の概要を発表した。

アメリカ政府、空軍用オスプレイを横田基地配備へ 画像
航空

アメリカ政府、空軍用オスプレイを横田基地配備へ

外務省は12日、アメリカ政府から日本政府に対し、アメリカ空軍の輸送機「CV-22 オスプレイ」を横田基地(東京都福生市など5市1町)に配備する旨の連絡(接受国通報)があったことを明らかにした。2017年後半に3機、その後に7機を配備する。

アメリカ国務省、日本向け V-22オスプレイ の販売を承認 画像
航空

アメリカ国務省、日本向け V-22オスプレイ の販売を承認

アメリカ国務省は5日、日本政府から要請されていた垂直離着陸可能なティルトローター機「V-22オスプレイ」と、同機に使用されるエンジン等の予備パーツ販売を承認した。FMS(対外有償軍事援助)によるもので、30億ドル(約3600億円)規模となる。

日本政府、豪州の将来潜水艦の共同開発を検討で合意 画像
船舶

日本政府、豪州の将来潜水艦の共同開発を検討で合意

防衛省は、中谷防衛大臣とアンドリューズ豪国防大臣が電話会談し、豪州の将来潜水艦の設計・建造に日本が協力することを検討することで合意したと発表した。

自衛隊と米軍の宇宙協力を深化…ワーキンググループ設置 画像
宇宙

自衛隊と米軍の宇宙協力を深化…ワーキンググループ設置

防衛省は、日米宇宙協力ワーキンググループ(SCWG)を新設すると発表した。

    Page 1 of 1