2015年2月のコラムに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
注目の記事
【川崎大輔の流通大陸】中間所得層増加によるインドネシアの新メンテナンス需要 画像
エマージング・マーケット

【川崎大輔の流通大陸】中間所得層増加によるインドネシアの新メンテナンス需要

中間所得層の増加に伴い2次ユーザーのための新しいメンテナンス需要が出始めている。中間所得層をねらい、彼らに合う商品・サービスを提供していく重要性がこれからインドネシアで増していくだろう。

【土井正己のMove the World】「アジア経済の未来」と「トヨタ燃料電池技術特許公開」の意味 画像
自動車 ビジネス

【土井正己のMove the World】「アジア経済の未来」と「トヨタ燃料電池技術特許公開」の意味

先月に引き続き、2月もシカゴ便に乗った。1月の時はシカゴからデトロイトに向かったが、今回は、ミズーリ州セントルイスが最終目的地だった。

【川崎大輔の流通大陸】インドネシアの中古車乗入れ規制での影響 画像
エマージング・マーケット

【川崎大輔の流通大陸】インドネシアの中古車乗入れ規制での影響

以前より話があがっていたが、「車齢10年超の中古車乗り入れ規制」がインドネシアの首都ジャカルタで2017年より本格導入する計画が浮上している。2015年1月15 日付で地元新聞のビスニス・インドネシアなどが伝えた。渋滞を解消するための1つの施策となっている。

【池原照雄の単眼複眼】トヨタとVWが初の1000万台突破…14年世界販売ランキング 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】トヨタとVWが初の1000万台突破…14年世界販売ランキング

◆上位10社のランキングは前年と変わらず

【土井正己のMove the World】世界に影響を与えた「琳派」と、レクサス・デザイン 画像
自動車 ビジネス

【土井正己のMove the World】世界に影響を与えた「琳派」と、レクサス・デザイン

ニューヨークに来ると、随分と日本のファッションやデザインが市民権を得てきたと感じる。道路には、『カムリ』のイエロー・キャブが溢れかえっており、有名ブランドが並ぶ5番街には、「ユニクロ」のファッションビルが、強いインパクトを持ってそびえ立っている。

【川崎大輔の流通大陸】変換期にいるタイ自動車ローン市場 画像
エマージング・マーケット

【川崎大輔の流通大陸】変換期にいるタイ自動車ローン市場

タイの自動車ローン会社は各社与信を引き締め、特に中古車ローンのボリュームを意図的に減少させている。これからのタイ自動車ローン市場は変換期に突入することになるだろう。

【川崎大輔の流通大陸】跳躍するタイ中古車流通市場 画像
エマージング・マーケット

【川崎大輔の流通大陸】跳躍するタイ中古車流通市場

アセアン諸国で自動車事業を拡大していく場合は、タイの中古車流通市場を理解する意義は大きい。アセアン統合によりこの市場は跳躍するだろう。

悪質な自転車乗りに「安全講習」が義務化…受講拒否なら罰金も 画像
自動車 社会

悪質な自転車乗りに「安全講習」が義務化…受講拒否なら罰金も

悪質な自転車運転者に対する安全講習の義務化を盛り込んだ、改正道路交通法の施行令が閣議決定されました。3年以内に2回以上摘発された場合に3時間の講習を受けねばならないというもので、受講しないと5万円以下の罰金が科せられます。

【池原照雄の単眼複眼】ホンダ減益、輸出の“激ヤセ”が響く 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】ホンダ減益、輸出の“激ヤセ”が響く

タカタ製エアバッグなどのリコールに伴う影響が出たが、国内販売の下方修正による日本での生産減も収益を圧迫する。2年前までの超円高時から絞り込んできた輸出の“激ヤセ”が国内生産の柔軟性を奪っている格好だ。

    Page 1 of 1