2004年5月のプジョー 307に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
プジョー(Peugeot) プジョー 306 プジョー 308
【WRCキプロスラリー】リザルト変更…プジョー失格 画像
モータースポーツ/エンタメ

【WRCキプロスラリー】リザルト変更…プジョー失格

26日、WRCキプロスラリーについてFIA審査委員会は、プジョー「307WRC」に取り付けられていたウォーターポンプが規格外であるとして、マーカス・グロンホルム(暫定優勝)とハリ・ロバンペラ(同5位)を失格とした。セバスチァン・ローブ(シトロエン・クサラWRC)が繰り上げ優勝。

【WRCキプロスラリー】プジョー、グロンホルムがトップに 画像
モータースポーツ/エンタメ

【WRCキプロスラリー】プジョー、グロンホルムがトップに

WRC世界ラリー選手権第5戦、キプロスラリーは16日にフィニッシュ、プジョー「307WRC」に乗るマーカス・グロンホルムが総合優勝した。グロンホルムはドライバーズランキングのトップになった。

【WRCキプロスラリー】リザルト…プジョ−307CC初勝利 画像
モータースポーツ/エンタメ

【WRCキプロスラリー】リザルト…プジョ−307CC初勝利

1:グロンホルム(プジョー307WRC)/2:ローブ(シトロエン・クサラWRC)/3:マーチン(フォード・フォーカスRS・WRC04)/4:サインツ(シトロエン・クサラWRC)/5:ロバンペラ(プジョー307WRC)/6:ソルベルグ(スバル・インプレッサWRC2004)

【WRCキプロスラリー】レグ2…スバル挽回、三菱リタイア 画像
モータースポーツ/エンタメ

【WRCキプロスラリー】レグ2…スバル挽回、三菱リタイア

キプロスで14日から開催されているWRC=世界ラリー選手権第5戦キプロス・ラリーは15日までに第2レグを終了、総合トップはプジョー307CCのマーカス・グロンホルム。

【インプレ'04】松田秀士 プジョー『307CC』 完成された感のある猫足フィール  画像
試乗記

【インプレ'04】松田秀士 プジョー『307CC』 完成された感のある猫足フィール 

足のしなやかさは、さすがプジョーといわしめるところ。ロールの初期はフリクションがなく、ロールが深くなるにつれてプログレッシブに減衰力が立ち上がる。

【インプレ'04】小沢コージ プジョー『307CC』 今、イチバンいい4人乗りオープンカー 画像
試乗記

【インプレ'04】小沢コージ プジョー『307CC』 今、イチバンいい4人乗りオープンカー

○『206CC』より完成度の高いリアスタイル、プジョーらしいしなやかな足回り、ナチュラルなハンドリング、信頼性の高い電動メタルトップ、4人が座れるパッケージング、オープンカーにしては破格に広く使いやすいトランク……

    Page 1 of 1