彦根城博物館の来館者 400万人を達成



 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202103081940-O1-8zaS6HB0
 このたび、滋賀県彦根市の彦根城博物館の来館者が、 昭和62年(1987)2月 の開館から令和3年3月7日で、400万人を達成し、彦根城博物館のロビーにて記念行事が行われました。
 記念行事では、大久保市長やひこにゃんも参加し、くす玉を割ってお祝いするとともに、 400万人目となった方に、ひこにゃんのぬいぐるみ、「国宝・彦根屏風」のミニチュア、彦根城博物館ミュージアムショップグッズセット、「彦根城・玄宮園・博物館セット招待券2枚(ペア)」が贈られました。
 
 彦根城博物館は、 彦根市の市制50周年を記念して 彦根城表御殿跡地にその復元を兼ねて建てられ、彦根藩井伊家伝来の美術工芸品や古文書のほか、彦根および彦根藩に関する資料9万1千件を収蔵し、これらを定期的に入れ替えて展示する博物館です。直近の展示としては、3月12日から4月13日まで、テーマ展「書斎の美ー文房具愛玩ー」として、多彩な魅力を持つ文房具について展示する予定です。また、4月16日から5月16日までは、近世初期風俗画の傑作である「国宝・彦根屏風」を展示予定です。