エコバックスジャパン株式会社、代表取締役社長交代のお知らせ

6月20日

エコバックスジャパン株式会社

エコバックスジャパン株式会社
2018年6月20日付、役員変更のお知らせ
諸橋秀宜が代表取締役社長に就任

エコバックスジャパン株式会社(東京都新宿区、以下、エコバックスジャパン)は、本日2018年6月20日付で代表取締役社長に諸橋秀宜が就任しましたことをお知らせ致します。諸橋はこれまで外資系メーカーの営業、マーケティングを担当するカントリーマネージャーを歴任し、直近では欧州のメーカー(日本法人)の代表取締役社長を務めておりました。今後は、エコバックスジャパンの日本市場における一層の成長を牽引し、同社の日本における地位の確立を目指して参ります。


◆エコバックスロボティクスとエコバックスジャパンについて
エコバックスロボティクス(ECOVACS ROBOTICS, Inc.)は、1998年からロボット掃除機を開発・製造・販売を行っているリーディングカンパニーです。エコバックスジャパン(ECOVACS JAPAN)は、エコバックスロボティクスの合弁会社として2014年に日本に設立、今年2018年4月に100%子会社として新たに始動いたしました。現在、日本だけでなく北アメリカやヨーロッパ等にて販売を行っている、世界規模のロボット掃除機メーカーです。
エコバックスは日々研究を行っており、窓に添えるだけで張りつき自動でお掃除する静音設計の窓用ロボット掃除機「WINBOT(ウィンボット)」や、ゴミの吸引と同時に本格的な水拭きも行える床用ロボット掃除機「DEEBOT OZMO(ディーボット オズモ)」、家具の位置を把握しスマホでお掃除状況も確認きる床用ロボット掃除機等を開発いたしました。
今後もエコバックスは、皆様が快適な暮らしを実現できるよう研究し、技術・デザイン等、時代の先端をリードしていくメーカーとして革新を続けてまいります。
http://www.ecovacs-japan.com/