車売却は買取とディーラー下取り、どっちがお得?違いやメリット・デメリットを徹底比較

車を売って金額を得る一般的な方法には、「買取」と「下取り」があります。

愛車を手放したいと考えているなら、誰しも迷うところですよね。

実際にネット上でも以下のような意見が見られます。

そこで本記事では買取と下取りの違いやメリット・デメリット、それぞれの流れなどをわかりやすく解説しています。

どちらの方法がいいのか迷っているなら、両方の特徴を知って目的に合わせて選ぶのがオススメです。

買取・下取りどちらでも「まず一括査定」がおすすめ

買取か下取りどちらで車を手放すとしても、利用しておくとお得なのが一括査定サービスです。

複数の買取店から査定額をもらえるので、より高く買い取ってくれる業者を選ぶことができます。

最終的に下取りを選んだとしても、下取り額交渉の際に買取店での査定額を提示すれば損しにくいでしょう。

カーセンサー申し込み手順1

画像引用元:カーセンサー公式サイト

当サイトおすすめのカーセンサーは一括査定大手で、以下のような特徴があります。

  • 提携している業者数が1,000社以上を誇る人気サイト
  • 一回の申し込みで最大30社に同時申し込み可能
  • メール連絡も希望できる

愛車をより高く売りたいと考えているなら、多くの業者に査定依頼し比較してみるのが一番です。

カーセンサーはメール連絡も希望できるため、電話がとれない忙しい方にも最適。

申し込みは無料で、90秒程度で完了できて簡単なのでぜひトライしてみてください!

\完全無料で約1,000社から比較/
カーセンサーで
一括査定を申し込む
申し込みは90秒で完了します!

カーセンサーについては、以下の記事で詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

>>カーセンサーの評判・口コミを確かめる

カーセンサー以外の一括査定サイトに関して、以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

>>「車一括査定サイト」ランキングTOP5!おすすめのとこだけ厳選して紹介

目次

買取店での売却とディーラー下取りの特徴と違い

買取と下取りの違い

まずは買取と下取り、それぞれの特徴と違いをお伝えします。

どちらの方法がご自身の希望に合っているか考えながら読み進めてみてください。

買取店での売却の特徴

  • 高く売れる可能性がある
  • 売ったお金は自由に使える
  • 高く売るには複数の買取店をまわり交渉も必要

買取店が車を査定しその金額に納得できれば契約が成立となり、車両引き渡し後に入金されるという仕組みです。

中古車としての価値があればそれだけ高い査定額を提示されるので、一般的には下取りよりも高く売れる可能性を秘めています

しかも売却したお金は自由に使える現金として手に入るというのも特徴です。

ただしひとつの買取店で査定しただけでは、必ずしも高い査定額を出されるとは限りません。

いくつかの買取店をまわり、査定額を比較したり時には交渉したりすることも必要です。

次の車への買い替えを別の店舗で行う場合はなおさら、必要書類の準備などに時間と労力がかかることは覚えておきましょう。

ディーラー下取りの特徴

  • 新車購入が条件
  • 低い査定額になりやすい
  • 売却と購入が一カ所で済む

ディーラーでの下取りは、新車を購入するタイミングで古い車を引き取ってくれるサービスです。

したがって中古車への買い替えや売却のみを検討しているなら、そもそも下取りはしてもらえないので注意してください。

下取り費用は新車購入の費用に充てられるため自由に使える現金は手元に残らず、新車を値引きしてもらう感覚に近いでしょう。

買取よりは低い金額を提示されやすいので、購入費用の値引きという形での交渉が肝心です。

値引をしていない車種を購入したい方は、下取り費用が差し引かれる分お得に購入できるというメリットがあります。

新車購入と売却を同じ販売店で手続きが完了できるので、あちこちに出向いたり多くの書類を準備する手間は省けるのも利点です。

「車買取」のメリット・デメリット

【メリット①】高値が付きやすい

車買取の一番のメリットは、高く売れる可能性があることです。

人気装備や人気グレード、社外パーツなどが買取価格にダイレクトに反映されます。

より高額で売るために、数店舗まわって最も査定額が高い店に売ることも可能。

その際、買取店によって得意な車種やメーカーが異なるので、売りたい車が得意な買取店を選ぶのがコツです。

【メリット②】買取店を選べる

複数の買取店の中から選べる

車買取は複数の業者に見積もりを依頼できるので、査定金額の一番高い業者を選ぶことができます。

言い換えれば、査定額に納得できない場合は別の買取店へ行くことができるのです。

査定額のほかに、サービスや対応の印象なども買取店を決める判断基準になります。

大事な愛車ですから、納得できる店舗で売りたいと考えるのは当然ですよね。

【メリット③】お金の使い道は自由

車買取では車を売ったお金を自由に使うことができるので、必ずしも次の車を購入する必要がありません。

「口座に入金」「現金で手渡し」など形式は店舗によって異なりますが、入ってきたお金をどう使うかは完全にあなた次第。

例えば引っ越し費用や旅行費用などに充てることも可能です。

【デメリット】売るタイミングが曖昧だと損をする可能性も

車買取は相場変動が激しいため、売るタイミングがはっきりしていないと査定額に響く恐れがあります。

また低年式や過走行車など、必ず買取手がつくとは限らないという要素も。

同時に新車を購入するなら、買取店での売却とディーラーでの購入を別々に手続きする必要があるため手間がかかるでしょう。

さらに車の引き渡しと新車納入のタイミングがずれると、車を所有していない期間が発生してしまい不便です。

買取店のサービスは、売却したい車や状況に応じて上手く使いましょう。

「下取り」のメリット・デメリット

ここでは、下取りのメリットとデメリットを解説していきます。

下取りは購入と売却を一カ所で済ませられる一方、査定額は低くなりがちという面もあるので注意しましょう。

下取りのメリット

一カ所で済むという点が利点

下取りのメリットの一つは、車の売買を店舗で完結できるところです。

いくつもの店舗を往復する必要がなく面倒な手続きも1度に終わるのため、手間がないのがポイント。

交渉相手や書類の提出等も1ヵ所で済むので圧倒的に楽です。

新車納入まで下取車を使用できるため、車が無くて困る心配もいりません。

また買取店で値が付かないような低年式・過走行の車でも値段がつきやすいというのも特徴です。

ディーラーでは下取りの上限額は決まっているものの、それを越えなければOKなのである程度の値段が付きやすいという面があります。

ディーラーで中古車購入を検討しているならこちら↓
中古車をディーラーで買うのはアリ?保証や値引きに言及した上で徹底解説!

下取りのデメリット

下取りのデメリットは、査定額は低くなりがちなことが挙げられます。

下取り査定はディーラーのマニュアルに基づいた評価を行うだけなので、中古車市場での需要はほとんど関係ありません。

そのため、たとえ人気の車種や装備があっても査定に反映してもらいにくいでしょう。

むしろ社外品オプションや他メーカー車種であった場合には、査定額が付かずに下取り費用が請求されてしまうことも。

また下取り代金は購入する新車の支払いに充てられるので、売ったお金を他のことに使うことはできません。

しかも新車の値引き額としてまとめられるため、いくらで下取りされたのか把握できない場合が多いのも実態です。

「買取」と「下取り」、結局どっちがいいの?

ここまで買取と下取りの特徴を解説してきました。

まだ迷っているという方のために、それぞれがどんな人に向いているのかを以下にまとめてみました。

<買取が向いている人>

  • 買い替え予定はない
  • 車の処分を考えている
  • 買取金額をできるだけ高くしたい
  • 売却したお金の使い道が車購入以外にある

<下取りが向いている人>

  • 新車に買い替える
  • 手間なくスムーズに手続きを済ませたい
  • 買取店で値が付かなかった
  • 下取り金を現金で受け取る必要がない

それぞれの特徴を踏まえると、新車への買い替えがあるか否かが大きな分かれ道になるでしょう。

また愛車が中古車市場で需要が高いかどうかも重要な判断基準です。

▼買い替えのタイミングについてはこちらの記事を参照して下さい。

>>車の買い替えはもったいない?後悔しないタイミングや保険について詳しく解説

「買取」でも「下取り」でも一括査定を受けると損しにくい

買取・下取りのどちらのにしても一括査定がおすすめ

買取と下取りのどちらを選ぶにしても、一括査定サービスを利用すると査定額や下取り価格が高くなりやすいのでおすすめです。

一括査定とは、一度情報を入力するだけで複数業者にの査定依頼が完了する便利なサービス。

大まかな見積額だけなら電話やメールのみでも把握することができます。

※ただし正確な査定額は実際に車を査定してもらわないと分かりません。

「この買取店で売る」と決めている場合でも、一括査定を通すことで業者間の競合関係が生まれ査定額が高くなりやすいのです。

また下取りで予想より低い査定だった時も、下取り額交渉の材料になる可能性があるので試してみる価値は充分でしょう。

▼新車購入時の下取り額交渉については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>新車の値引き交渉術(下取り額交渉が重要)をチェックする

▼どの一括査定サービスを使えばいいか分からないという方は以下の記事を参考にしてください。

>>おすすめの一括査定サイトランキングTOP5をチェックする

一括査定するならカーセンサーがイチオシ!

カーセンサー申し込み手順1

画像引用元:カーセンサー公式サイト

カーセンサーはリクルートグループが運営する一括査定の大手サイト。

提携業者数1,000社、同時申し込み最大30社という数字は業界トップクラスです。

サイトから一度申し込むと、複数の買取業者から査定してもらえるため自分で一から業者を選定する手間が省けます。

便利な一括査定ですが、多くの方が敬遠している理由の一つは電話がしつこいという噂。

その点カーセンサーでは電話連絡の他にメール連絡を選択することも可能なため、電話に抵抗がある方にもおすすめです。

【カーセンサーでメール連絡を指定する方法】

カーセンサーの入力フォームにある「車の状態」という項目下に「任意項目」の欄があります。

その任意の項目をクリックすると「任意希望時間帯」が出てくるので、「メール連絡を希望」と記載すればメールでの連絡に指定することが可能です。

ただし業者によっては、電話でしか対応していない場合もありますので予めご了承ください。

申し込みは90秒で終わるカンタンなフォーム入力のみなので、ぜひ試してみてください。

\完全無料で約1,000社から比較/
カーセンサーで
一括査定を申し込む
申し込みは90秒で完了します!

カーセンサーについては、以下の記事で詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

>>カーセンサーの評判・口コミを確かめる
カーセンサー以外の記事に関しても以下の記事でまとめていますので、興味のある方はどうぞ。

>>「車一括査定サイト」ランキングTOP5!おすすめのとこだけ厳選して紹介

買取と下取りそれぞれの流れ

買取と下取りで、具体的にどのような手順で進めていくのかイメージしてから決めたいという方もいらっしゃると思います。

ここではそれぞれの流れを簡単に紹介するので、ぜひ参考にしてください。

買取の流れ

買取の流れは下記の通りです。

  1. 必要な書類を準備する
  2. 買取店舗の査定を受ける
  3. 売却手続きをする
  4. 車両の引き渡し
  5. 入金を待つ

査定額に納得できなければ、他の買取店へ行って査定してもOK。

いくつかの買取店をまわることで、相場より安く買い叩かれることもなくなり安心です。

下取りの流れ

続いて下取りの流れは下記の通りです。

  1. 購入したい車を検討
  2. 購入と同時に下取り査定を依頼
  3. 必要に応じて値引き交渉
  4. 書類を用意し契約&支払い
  5. 納車・下取り車の引き渡し

まずは購入したい新車を決定するところからスタートします。

値引き交渉にはコツがあるので、事前に情報を集めておくのがオススメです。

>>中古車の値引き交渉術を知りたい方はこちらをチェック!
>>新車の値引き交渉術を知りたい方はこちらをチェック!

買取・下取りに関するその他のQ&A

ここでは、買取や下取りにまつわるよくある疑問をまとめました。

Q1.車の下取り価格はどう決まる?

車の下取り価格は、各ディーラーが独自の基準で評価し決められています。

基本価格から車の状態に応じて加点したり減点したりして決まるため、市場価格やライバル業者の影響はほとんどありません。

どうしても査定額に納得できない場合は、買取店で売ることも検討してみるとよいでしょう。

Q2.買取と下取りではどれくらいの差額になるか?

差額は正確には査定してから分かる

買取と下取りの差額については数万から30万円程度の差が出ることもありますが、明確には答えられないのが実情。

理由としては、購入や売却をする車の価格帯によって差があるという点が大きいでしょう。

下取りは購入と一緒の契約であり、はっきりとした査定額が分かりにくいのも要因の一つです。

正確な金額の差は、残念ながら両方の査定を受けてみるまでわかりません。

Q3.下取りで税金は戻ってくる?

基本的に下取りでは、既に支払った税金の還付はありません

ただし未経過分の自動車税は査定額にプラスされることもあります。

廃車が決定した場合は自賠責保険料を含め各種税金の還付があるので、よく業者に確認してから手続きするようにしましょう。

Q4.下取り相場を調べるには?

下取り相場は専用のシミュレーターサイトに車の情報を入力すると知ることができます。

もちろん正確性はありませんが、年式や走行距離などからも絞れるので、気軽に試せるのが利点です。

ネット環境さえあればスマホやPCから簡単に完了できるので、ぜひ活用してみてください。

新車購入の際の参考や買取相場との比較に、ぜひ活用してみましょう。

下取りと買取は状況次第で決める

一口にどちらがいいということではなく、状況に応じて適した方を選択するのが賢いでしょう。

新車購入と同時にできて手間が省けるのは下取りですが、買取店では市場価格を反映した査定で高く売れる可能性もあります。

後で後悔しないよう、可能であれば両方で査定を受けてみると失敗がありません。

ご自身の希望・条件・状況をよく加味して、一番損のない方法を選択しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる