カーリースで頭金は必要?頭金あり・頭金なしの疑問をカーローンやボーナス払い含め解消!

購入よりも気軽に車が利用できると人気のカーリースですが、「頭金は払うの?」など支払いに関する疑問も多いですよね。

この記事ではカーリースは頭金が必要なのかをはじめ、カーローンとの比較やボーナス払いについてどこよりもわかりやすくまとめています。

「頭金払った方が審査通るのでは?」
「ボーナス払いをするデメリットってある?」

こんな疑問をお持ちの方は、最後まで読んで不安を一気に解消していきましょう!

頭金なしのカーリースを先にチェックしたい方はこちらをタップしてください。

手っ取り早く頭金なしのおすすめのカーリースサービスを知りたい!という方は以下の記事も合わせてご覧ください。
>>【2021年9月版】おすすめのカーリース比較ランキング!厳選した人気サービスを紹介

頭金なしのカーリースならKINTOがおすすめ

KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

初期費用ゼロでトヨタの新車をリースできる『KINTO』は今人気急上昇中のカーリース。

KINTOなら頭金なしはもちろん、維持費込みで月額1万円台~と無理なく支払いを続けていくことができます。

維持費には車検や任意保険も含まれているので、急な出費に備える必要がなく安心です!

月額をもっと下げたいならボーナス払いを選択して月々の負担を軽くすることもできます◎

【独自調査】KINTOの実際のユーザーからの口コミ

タイヤ交換などのメンテナンスもしてくれますし、サービスはかなり充実しています。数年ごとに車を乗り換えたいと思っている人にとっては、新車を買うよりもかなり安くつきますし、コスパは最高です。海外転勤が決まった時は違約金無しというサービスも嬉しいです。

-ゴンザレスさん/30代/男性
契約した車種:ルーミー
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
月々の支払い:約38,000円

最近の車は安全機能や走行支援機能などの進化がとても早く思えます。 日常に欠かせないものは、最新のものが当たり前に便利にきまっていると思っています。 スマホも車も日常には欠かせないアイテムなので、KINTOというサービスは車の替えやすさや、お金の管理のしやすさなどを含めとても理にかなったサービスだと自分自身は思いました。 古いものを長く大切に使うのも大事なことだとは思いますが、便利なもの、サービスを生活に取り入れてQOL(Quality of Life)をあげられることも大切かと思いました。

-KINTOしましたさん/30代/男性
契約した車種:ヤリスクロス
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
月々の支払い:43,670円

【口コミ調査概要】

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

公式サイトでは乗りたい車種に応じて無料で支払いシミュレーションができるので、申し込み前にじっくり検討できちゃいます!

車選びから審査まではWEBで完結できるため、スキマ時間に手間なく済ませられるのも魅力です。

\安く賢く車に乗るなら/
KINTOで支払い
シミュレーションする
※審査申し込みまでWebで完結※

▼「KINTOのリアルな評判・口コミが知りたい!」という方は以下記事をご覧ください。
>>KINTO(キント)の評判・口コミってどうなの?利用した25人に聞きました!

目次

カーリースは「頭金なし」でOK!その理由とは?

カーリースで頭金を支払わなくていい理由とは?

多くのカーリースサービスは、頭金を支払わなくても申し込めるという特徴を持っています。

カーリースの支払いは車両価格から残価を差し引いて月々のリース料金を決定するため、頭金なしで成り立っているのです。

残価を簡単に言うと「契約満了時の車の値段」で、リース会社があらかじめ想定します。

カーローンと違って利息という概念がなく、必要な支払いは月額にすべて含まれているというイメージです。

「頭金あり」でカーリースを利用する方法も

頭金なしでOKのカーリースですが、中には希望すれば頭金ありにできるサービスも。

頭金の支払い有無」や「頭金の支払額」はカーリースの申し込み画面で選択するのが一般的です。

詳細はリース会社によって異なるので、金額を事前に検討しておくと迷わずに済むでしょう。

【頭金あり・頭金なし】それぞれのメリット・デメリット

カーリースにおいて頭金ありと頭金なしでどのような違いがあるのか、メリット・デメリットに分けて解説します。

メリットデメリット
頭金あり審査通過への不安軽減
月額を抑えられる
まとまった金額が必要
頭金なし初期費用が抑えられる支払額を抑えることができない

頭金ありのメリット

頭金ありの場合、月々の利用料を安く抑えられるのが一番のメリットです。

同時に支払い能力をアピールできるので、審査に通過しやすい傾向があります。

ただし頭金を支払えば審査に必ず通るとは限らないので、あくまでもおまけ程度に考えましょう。

「審査に通過できるかな…」という不安を少しでも軽減したいという方は検討してみてください。

頭金ありのデメリット

頭金ありのデメリットは、ある程度まとまったお金を準備しなければならないことです。

金額の目安としては10万円~50万円程度が多く、一時的とはいえ手元の現金が減ってしまいます。

月々の支払いが多少安くなるとしても、家計が苦しくなる可能性があるため慎重に決めてください。

頭金なしのメリット

頭金不要のカーリースなら月額の支払いのみで生活にゆとり

頭金なしのメリットは、初期費用の負担がないことです。

カーリース利用開始時は月額料金の支払いだけでOKなので、精神的な負担も軽く済みます。

貯金がごっそりと減ることなくカーリースを始められるため、急いで車が使いたい人予算が決まっている人に打ってつけです。

頭金なしのデメリット

頭金なしのデメリットを強いて言うなら、月額料金を提示された以上に安くできないことです。

また支払い能力があることをアピールできないという意味では審査通過への不安もあるかもしれません。

とはいえ頭金なしが売りの業者は最初から頭金の支払いを想定していないため、審査に不利になるとは考えにくいので安心してください。

カーリースとカーローンによる購入はどちらがお得?

維持費も含めた費用でカーリースとカーローンを比べると、カーリースの方がお得です。

例としてルーミーX GAS 1.0L 2WD(5人)に5年乗る場合のシミュレーションを見てみましょう。

カーリースカーローン
車両代月額34,540円
(5年で2,072,400円)
1,956,283円
車両代以外の費用
税金・保険・車検等
626,063
5年後支払総額2,072,4002,928,123

参考:KINTO

車両価格だけを比較するとカーローンのほうが安く見えますが、実際には車両代のほかに税金や保険などの維持費用もかかります。

カーローンの場合月々の返済額に利息がプラスされることも考慮しなければなりません。

しかしカーリースとカーローンの違いは支払い額のみではなく、「車を返却するのかしないのか」など大きな違いがあるのも確かです。

迷っている方は、支払い額の比較と合わせてカーリースの特徴をよく理解しておきましょう。

▼関連記事はこちらを参照してください。

カーリース申込み時にボーナス払いの有無は選択できる

カーリースのボーナス払いは申込み時に選択できることが多く、3~5万円を年2回払うのが一般的です。

一度設定したボーナス払いの有無や金額は変更できないため、慎重に決める必要があります。

ボーナス払いありの場合となしの場合、それぞれのメリット・デメリットをまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

【ボーナス払いあり】のメリット・デメリット

【メリット】
月々の支払い額を抑えられる

【デメリット】
ボーナス月は大きな出費がある
支払いの変更はできない

頭金と同じように月額を抑えることができるので、余裕があるならボーナス月だけは多く支払うのも賢いやり方。

借りる車を短期間で変更したい人は、ボーナス払いを併用したほうが支払いが早く終わるのでおすすめです。

その代わり、ボーナス月には大きな出費があることや支払い設定のキャンセルができないことがデメリットでしょう。

「やっぱり家計が苦しいからやめたい…」と思っても、簡単には変更できないので注意が必要です。

ボーナス払いなしのメリット・デメリット

ボーナス払いなしなら支払期間は長くなるが自由に使える楽しみも

【メリット】
ボーナスを別の用途に使える

【デメリット】
月額料金の負担が変わらない
支払い完了までの期間が長くなる

ボーナス払いなしなら、もらったボーナスは貯金したり好きなものを買ったり自由な用途に使えるのがメリットです。

一方でカーリースの月額料金はそのままなので、毎月の支払いがギリギリという方は負担に感じるかもしれません。

しかし同じ車両に乗り続ける予定なら、支払い期間は長くなるもののその分月額が安くなるため無理にボーナス払いをする必要はないでしょう。

初期費用を抑えるならカーリースが最適

初期費用を抑えて車に乗りたい方は、頭金不要のカーリースを利用するのがおすすめです。

何だかんだ言っても、大金を用意しなくても済むなら助かりますよね。

ここで当サイト一押しのカーリースサービスを2つ紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

【KINTO】なら頭金なし&任意保険込みで安心

KINTO画像引用元:KINTO公式サイト

KINTO』はトヨタの新車をリースできる車のサブスクサービスで、そもそも頭金の仕組みがありません。

その背景には、利用者に「潤沢なお金とともに日常を過ごしてほしい」というKINTOの想いが込められています。

月額料金を下げたい方は、ボーナス併用払いを選択できるので安心してくださいね。

【独自調査】KINTOの実際のユーザーからの口コミ

最近の車は安全機能や走行支援機能などの進化がとても早く思えます。 日常に欠かせないものは、最新のものが当たり前に便利にきまっていると思っています。 スマホも車も日常には欠かせないアイテムなので、KINTOというサービスは車の替えやすさや、お金の管理のしやすさなどを含めとても理にかなったサービスだと自分自身は思いました。 古いものを長く大切に使うのも大事なことだとは思いますが、便利なもの、サービスを生活に取り入れてQOL(Quality of Life)をあげられることも大切かと思いました。

-KINTOしましたさん/30代/男性
契約した車種:ヤリスクロス
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
月々の支払い:43,670円

定額制なので、非常にお金の管理がしやすいと思いました。常に車に乗るわけではないので、必要な時に車に乗っているという感じなので。軽ですと、都会でもスイスイ走りやすいので車種も気に入ってます。また、最初の契約段階で車に手を出すハードルが少ないと感じました。

-とりっちさん/30代/男性
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
契約した車種:パッソ
月々の支払額:37,510円

【口コミ調査概要】

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

KINTOは任意保険込みの月額制のため、別途任意保険に加入する必要がありません。

任意保険の等級が低く保険料が高くなりがちな若い方には特におすすめです!

\頭金なし&任意保険込みで安心/
KINTOで支払い
シミュレーションする
※審査申し込みまでWebで完結※

▼「KINTOのリアルな評判・口コミが知りたい!」という方は以下記事をご覧ください。
KINTO(キント)の評判・口コミってどうなの?利用した25人に聞きました!

【定額カルモくん】はコスパ重視派に人気

画像引用元:カルモくん公式サイト

安さを重視するなら、月々1万円台~OKの『定額カルモくん』がおすすめです。

定額カルモくんにはそもそも頭金やボーナス払いの制度がないので、支払い方法で悩むことがありません。

契約満了時の残価精算もないので、契約期間の月額さえ払えればOK!

月額プランには各種税金やサポート料なども含まれていて安心です。

実際の定額カルモくんユーザーからの口コミ

頭金がなくても月額利用料を支払うことで国内大手メーカーの人気車種の新車に乗れるのが魅力です。車にかかる様々な税金も含んだ料金なので追加料金が発生しません。基本ネットでのやりとりで安い値段設定なのも魅力です。

-かなさん/30代/女性
選んだ理由:新車に月額制で乗れるから
契約した車種:【トヨタ】ヤリス
月々の支払額:約30,000円

スマートフォンで簡単に申し込むことができ、頭金の用意はしなくても良いですし、初期費用がかからないので、お得にカーリースすることができます。こちらの要望に沿った車を提案してくれたのもとても良かったです。自分は「納車が1番早くて、月額料金が1番安い車」と要望したら、提案されたのがミライースだったので、そのまま契約しました。

-パラパッパさん/30代/男性
選んだ理由:諸費用も含まれているから
契約した車種:【ダイハツ】ミライース/B
月々の支払額:12,870円

【口コミ調査概要】

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:カルモくんを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

定額カルモくんでは、万が一審査に落ちてしまっても別のプランを提案してもらえるサービスが好評です!

選べる車種も豊富なので、無理なく満足度の高いカーリースライフとなること間違いありません。

\ネット申し込みで最大49500円割引/
定額カルモくんで
お得なプランをチェックする
※申込みはオンライン完結♪※

▼「定額カルモくんについてもっと知りたい」という方は以下の記事で詳しく解説しています。
【月々1万円台~】定額カルモくんの評判・口コミは?審査が厳しいってホント?

頭金なしのカーリースを利用する上で出費がかさむケース

頭金なしで利用できて便利なカーリースですが、思わぬことで大きな出費につながってしまうこともあります。

事前に知っておくだけで回避できるので、ぜひ一度目を通してみてください。

▼その他カーリースを選ぶさいの注意点は下記記事で詳しくまとめています。
>>安いカーリースには落とし穴がある?本当に安いおすすめのカーリース会社3選

残価精算が必要なサービスもある

カーリースには契約満了時に残価精算が必要なサービスがあり、高額な支払いを要求されることも。

残価精算リスクのあるサービスはオープンエンド方式と呼ばれ、月額料金が安い代わりに最後に追加請求される可能性があります。

カーリースを選ぶ際は残価精算の心配がないクローズドエンド方式を採用しているサービスを選ぶのがおすすめです。

中途解約には違約金が発生する

カーリースは原則的にキャンセルができないため、中途解約するには高額な違約金が発生してしまいます。

「気に入らなければ解約すればいいや…」と安易な気持ちで契約することは避けてください。

違約金は基本的に残期間分のリース料金なので、残りの契約期間が長ければ長いほど高額になると覚えておきましょう。
※違約金はリース会社によって異なります。

任意保険に未加入だと大きな出費の可能性がある

任意保険未加入だと自己負担するか別途加入する必要があるので負担が大きい

カーリースで任意保険に未加入の場合、思わぬ出費がかさんでしまうリスクがあります。

例えばリース車の修理費用は利用者負担のため、保険が出ないとなれば出費が高額になってしまうことも。

加入手続きが面倒な方は、月額料金の中に任意保険が含まれているサービスを選ぶのがおすすめです。

▼任意保険込みのカーリースについて詳しくはこちら
カーリースは「任意保険込み」が安心!任意保険付きを推奨する理由と入るべき保険とは

カーリースは頭金なしで気軽にスタートできる!

カーリースは頭金を用意しなくていい分、カーローンで購入するより手軽な方法です。

初期費用だけでなくその後の維持費も節約できるので、家計の負担を軽くしたい人に向いています◎

一方、お金に余裕がある人は頭金やボーナス払いを使って月額料金を抑えることも検討してみてください。

とはいえ初期費用ゼロでも乗れるのがカーリースの大きな特徴なので、無理に支払わなくても問題ありません。

まずは頭金なしでOKのKINTO定額カルモくんをぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる