【2024年4月】自動車保険のおすすめ10選を比較!選び方や各保険の特徴も紹介

おすすめの自動車保険を紹介

※本ページはプロモーションが含まれています。

自動車保険の会社は数多くあり、補償内容や特約なども様々なのでどこが良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。

自分が求める補償内容や特約、保険料の予算の点でも適した自動車保険を選びたいですよね。

当記事では自動車保険のおすすめ10選の比較を含め以下の内容について紹介しています。

自分にあった自動車保険を見つけられるよう徹底解説しているので、ぜひ参考にしてください。

<自動車保険を比較するならインズウェブ>

インズウェブのロゴ画像

画像引用元:インズウェブ

インズウェブは最大20社の自動車保険の見積もりを無料で依頼できるため、契約内容の見直しに複数社を比較検討したい際に便利でおすすめです。

一括で多数の自動車保険の見積もりを比較できるほか、以下の魅力もあります。

  • 最短3分で見積もりが出る
  • ネット型・代理店型両方比較できる
  • 豪華賞品が貰えるキャンペーンがある

インズウェブでは最短3分で見積もりが出るため、早く自動車保険に加入したい方も安心◎

またネット型・代理店型両方に対応しているため、詳細に料金やサービスを比較できます。

さらに時期によっては、豪華賞品が貰えるキャンペーンもあり非常にお得です。

複数の自動車保険を比較したうえで加入したい方は、インズウェブで見積もりを依頼してみましょう。

最短3分で見積もり完了!

インズウェブ公式サイト
https://www.insweb.co.jp/
※最大20社を無料で見積もり※

目次

自動車保険(任意保険)が必要な理由

自動車保険(任意保険)が必要な理由は、自賠責保険ではカバーできない補償が受けられるためです。

自賠責保険は相手が死傷した際の補償はありますが、自分や車・モノへの補償がありません。

そのため自分の治療費や車・モノへの修理費を保険適応で賄いたい場合、任意保険の加入が求められます。

また任意保険であれば自賠責保険と異なり、補償の限度額も自分で決められるメリットも◎

被害者への補償金額が自賠責保険で賄えない際も、任意保険に加入していれば補填分がきちんと支払われます。

もしもの時のためにも、自賠責保険と併せて任意保険への加入を検討してみましょう。

自動車保険の選び方やコツ

自動車保険の選び方とコツは以下の通りです。

代理店型やダイレクト型の違い、特約などの基本情報を含めて解説します。

さらに詳しく知りたい方は、補償内容や節約に繋がる自動車保険の選び方を参考にしてください。

代理店型・ダイレクト型で選ぶ|加入方法をオンラインか対面で選べる

自動車保険は店舗で直接契約する代理店型、インターネットから契約するダイレクト型に分かれています。

代理店型自動車保険・ダイレクト型自動車保険のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
担当者と対面で相談できる

手続きのサポートをしてくれる
担当者が事故対応してくれる可能性が高い
ダイレクト型自動車保険より保険料が高い
直接お店で契約する必要がある

代理店型は対面でしっかり相談したい方、ネット型自動車保険は安さ・手軽さを求める方にぴったりでしょう。

特にダイレクト型自動車保険で費用を抑えつつ、手厚い契約サポートも受けたい方は三井ダイレクト損害保険がおすすめです。

補償内容で選ぶ|対人・対物・人身の基本補償の内容を確認する

基本補償の内容や限度額から自分に合った補償を選びましょう。

多くの自動車保険で提供されている基本補償は、以下の通りです。

補償の種類補償内容
対人賠償
対物賠償
相手やモノに対する賠償補償(加入必須)
人身傷害
搭乗者傷害
自分や同乗者が怪我をした時の補償
(人身傷害は加入必須な会社もある)
車両保険自分の車への補償
(補償の範囲は保険会社によって異なる)

対人や対物は事故内容によっては賠償額が1億円を超える例もあるため、限度額は無制限を選択した方がいいでしょう。

また車両保険の補償範囲は会社によって異なるため、補償される範囲も含めて検討してください。

自動車保険の特約で選ぶ|自分に必要な補償内容で選ぶと安心できておすすめ

自動車保険の特約は会社によって異なるため、自分に必要な特約があるかしっかり確認しましょう。

多くの自動車保険で取り入れられている特約は以下の通りです。

特約の種類特約の内容
対物超過特約損害を与えた相手の車の時価額を超える修理費用が発生した時の補償
他車運転特約他人から借りた車で事故を起こした時の補償
搭乗者傷害特約搭乗者が死傷した時の損害補償
弁護士費用特約事故の被害者になった時に賠償請求を弁護士に委任する際の弁護士費用の補償
車内身の回り特約車内に積載中のモノに生じた損傷に対する補償

被害者・加害者になった場合に使う確率の高い、対物超過特約弁護士費用特約への加入をおすすめします。

その他の特約は個人によって異なるので、しっかり内容を見極めてから加入しましょう。

ロードサービスや事故対応サービスで選ぶ|内容の充実度や対応スピードは問題ないか

会社によってロードサービス事故対応サービスは異なるため、内容も併せて選ぶ必要があります。

ロードサービスは事故や車のトラブルにより自力走行が不可能になった場合、救援依頼できるサービスのこと。

一方、事故対応サービスは専任スタッフにトラブルの相談や救援依頼ができるサービスを指します。

ロードサービスと事故対応サービスの具体的な内容は、以下の通りです。

サービスの種類内容
ロードサービス・レッカーサービス
・バッテリー上がりへの対処
・パンクしたタイヤの交換
・鍵の閉じ込み/紛失の際の解錠と作成
・ガス欠による給油
・オイル漏れの補充
・エンジントラブルへの対処
事故対応サービス・専任スタッフが契約者に代わって相手方へ相談する
・要請があれば緊急対処員を派遣する
・電話/メール/チャットで相談できる

上記のサービス内容は会社によって異なり、弁護士による示談交渉や宿泊費サービスを提供している会社もあります。

またチューリッヒ自動車保険では無料のロードサービスがあるため、気になる方はチェックしてみましょう。

口コミ・評判で選ぶ|SNSやGoogleの口コミ評判をチェック

自動車保険を選ぶ際は、SNSやGoogleの口コミ評判も参考にするといいでしょう。

各会社のホームページに口コミは記載されていますが、基本的に悪い口コミは記載されていません。

そのため、自動車保険会社への正直な感想が記載されているSNSやGoogleをチェックしてください。

もちろん個人と会社の相性もあるため、SNSやGoogleの口コミが全て真実という訳ではありません。

あくまでも参考程度に、悪い口コミも含めて参考にしてみるといいでしょう。

自動車保険(任意保険)のおすすめ10選を比較!【人気プランを選ぶならどこがいい?】

自動車保険(任意保険)のおすすめ10選は以下の通りです。

自動車保険おすすめポイント
三井ダイレクト損保のLP画像
三井ダイレクト損害保険
・コンシェルジュが補償内容の作成をサポートしてくれる
・ネット型自動車保険初のレスキュードラレコがある
・24時間365日事故受付している
おとなの自動車保険のLP画像
セゾン自動車火災保険
・30~50代の保険料が割安になる
・割引プランが豊富にある
・ALSOKによる事故現場サポートがある
チューリッヒのLP画像
チューリッヒ自動車保険会社
・ダイレクト販売で保険料が安い
・宿泊費用やレンタカー費用サポートあり
・最短で当日に保険金が受け取れる
SBI損害保険
SBI損害保険
・インターネット新規申し込みで割引が受けられる
・一定の条件を満たすとロードサービスがアップデートされる
・プロの専任スタッフによる示談交渉がある
イーデザイン損保LP画像
イーデザイン損害保険
・セコムの事故現場急行サービスあり
・担当者が事故解決までサポートしてくれる
・安全運転によるポイントは特典と交換できる
楽天のLP画像
楽天損保
・ダイヤモンド会員は新規契約で30%割引
・無事故の場合は5%の割引
・交通費・宿泊費サービスが無料
ソニー損保のLP画像
ソニー損害保険
・スピーディーな事故対応
・給油やスペアタイヤへの交換が無料
・安全運転で保険料最大30%キャッシュバックあり
アクサダイレクトのLP画像
アクサ損害保険
・距離無制限のレッカーサービスがある
・LINEでの連絡も可能
・状況に応じて訪問面談に対応してくれる
あいおい損保のLP画像
あいおいニッセイ同和
・車内外身の回り品を30万円補償
・夜間休日医療機関情報の提供あり
・地震・噴火・津波による車両全損時定額払特約あり
三井住友のLP画像
三井住友海上
・プレミアムドラレコ型で常時通報機能が利用可能
・駐車監視機能あり
・夜間・休日でも初期対応を実施している

各自動車保険の特徴も解説しているので、新規加入や乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてください。

三井ダイレクト損害保険|24時間365日インターネットで申し込み可能

三井ダイレクト損保のLP画像

画像引用元:三井ダイレクト損害保険
概要詳細
契約型ダイレクト型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
車両保険
条件設定使用目的
年間走行距離
運転者年齢条件
運転者の範囲
運転免許証の色
特約対物超過修理費用特約
被害者救済費用特約
他車運転特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数約4,300ヶ所
公式サイトhttps://www.mitsui-direct.co.jp/

三井ダイレクト損害保険は24時間365日いつでもインターネットから加入可能な自動車保険で、他にも以下のような魅力があります。

  • コンシェルジュが補償内容の作成をサポートしてくれる
  • ネット型自動車保険初のレスキュードラレコがある
  • 24時間365日事故受付している

三井ダイレクト損害保険では、専門のコンシェルジュが顧客に合わせた補償プランを提案してくれるので安心◎

また、ドライブレコーダーが一定以上の衝撃を感知すると安否確認の連絡が入るサポートも揃っています。

24時間365日事故受付をしているので、予期せぬ事故に遭った時はいつでも相談できる点も嬉しいポイント。

三井ダイレクト損害保険の利用者からは、料金が安くなった・特約が問題なく利用できたと好評でした。

三井ダイレクト損害保険の口コミ・評判

三井ダイレクト損保のつよやさに保険を変更。 同じグレードでとても安くなった! ものすごいコーマーシャルっぽいツイートだが、本当なのでしょうがない!

引用元:X(Twitter)

私が使ってる三井ダイレクト損保安いのに搭乗者傷害保険も弁護士特約も渋らず使わせてくれて良かったぞ!

引用元:X(Twitter)

等級が進んでもあまりにも安くならないので、アクサから三井ダイレクトに替えたら似たような内容でも年間2万下がった

引用元:X(Twitter)

自動車保険の料金を見直したい・補償内容を相談したい方は三井ダイレクト損害保険を申し込みましょう。

24時間365日Web受付中!

三井ダイレクト損害保険公式サイト
https://www.mitsui-direct.co.jp/
※トラブルも相談しやすい※

セゾン自動車火災保険|自動車保険の中で走行距離が少ない方におすすめ

おとなの自動車保険のLP画像

画像引用元:セゾン自動車火災保険
概要詳細
契約型ダイレクト型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
他車運転
無保険車傷害
人身傷害保険
対物賠償保険
搭乗者損害保険
車両保険
条件設定使用目的
走行距離
運転者限定条件
運転免許証の色
特約対物全損時修理差額費用特約
搭乗者傷害特約
車両無過失事故に関する特約
車両新価特約
車両全損修理時特約
事故時代車費用特約
ロードアシスタンス特約
弁護士費用特約
個人賠償責任特約
自動車傷害特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数約9,200ヶ所
公式サイトhttps://www.ins-saison.co.jp/

セゾン自動車火災保険は年間走行距離が保険料に反映されるため、走行距離が少ない方ほど保険料がお得になります。

走った分だけ保険料が反映される点のほか、セゾン自動車火災保険のおすすめポイントは以下の通り。

  • 30~50代の保険料が割安になる
  • 割引プランが豊富にある
  • ALSOKによる事故現場サポートがある

セゾン自動車火災保険では、事故率が低い30~50代の保険料が安くなります。

またネットからの加入で最大13,000円割引、ハイブリッド車で1,200円割引など割引プランも充実

さらにALSOKによる無料の事故現場サポートもあり、救急車の手配や現場写真の撮影を行っています。

セゾン自動車火災保険の口コミでは、サポートが手厚い・料金が安くなったと評価されていました。

セゾン自動車火災保険の口コミ・評判

加入してるおとなの自動車保険でロードアシスタント特約を付けてあったのでサポートに電話したら最寄りのタイヤ屋さんまで運んで貰える事になりました。

引用元:X(Twitter)

いま加入中の某任意保険を継続すると1年契約で59,000円だけど、おとなの自動車保険だと25,000円くらいで収まった。

引用元:X(Twitter)

ネットで契約出来る、自動車保険会社多数あるが「大人の自動車保険」は、契約内容書類不要 (300円程安くなる)にしても、手続き完了案内が郵送されるので好感持てる。

引用元:X(Twitter)

走行距離が少ない方や30~50代の方は、セゾン自動車火災保険への加入を検討してみましょう。

走行距離が少ない方はお得!

セゾン自動車火災保険公式サイト
https://www.ins-saison.co.jp/
※最大13,000円の割引あり※

チューリッヒ自動車保険会社|業界最高レベルのロードサービスあり

チューリッヒのLP画像

画像引用元:チューリッヒ自動車保険会社
概要詳細
契約型ダイレクト型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
車両保険
条件設定ドライバーの年齢
運転免許証の色
居住地域
車の使用目的
年間予定走行距離
車の種類
特約対物超過特約
車内身の回り品特約
代車提供特約
免責ゼロ特約
地震等による車両全損一時金特約
傷害特約
弁護士費用等特約
個人賠償責任補償特約
ファミリーケア特別見舞金特約
地震等による死亡一時金特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数約10,400ヵ所
公式サイトhttps://www.zurich.co.jp/

チューリッヒ自動車保険会社は、レッカー100㎞・ガス欠給油10Lまで無料で利用できるロードサービスで、以下のような魅力があります。

  • ダイレクト販売で保険料が安い
  • 宿泊費用やレンタカー費用サポートあり
  • 最短で当日に保険金が受け取れる

チューリッヒ自動車保険はダイレクト販売で中間コストを無くし、大幅に保険料を下げることに成功しました。

また事故に遭った際の宿泊やレンタカー費用をサポートする補償など、旅行中の事故にも対応しています。

事故内容によっては最短で当日に保険金が受け取れるので、突然の出費に困る心配もありません。

実際の契約者からは、事故対応が良かった・特典が充実しているといった口コミが多かったです。

チューリッヒ自動車保険会社の口コミ・評判

今度はチューリッヒさんにお世話になります〜25000円くらい安くなった

引用元:X(Twitter)

そんな中で感じたのは圧倒的にチューリッヒの対応がよかったわ。 やっぱり保険は事故対応ですよ。

引用元:X(Twitter)

チューリッヒの自動車保険、特典でギフトカードが送られてきたわ。すげえ。

引用元:X(Twitter)

無料のロードサービスを受けたい方は、チューリッヒ自動車保険会社を検討してみましょう。

業界最高レベルのロードサービス!

チューリッヒ自動車保険会社公式サイト
https://www.zurich.co.jp/
※最短当日に保険金を受け取り可能※

SBI損害保険|事故対応やロードサービスが充実していて安心

SBI損害保険

画像引用元:SBI損害保険
概要詳細
契約型ダイレクト型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
無保険車傷害保険
自損傷害保険
車両保険
条件設定年間走行距離
記名被保険者の住所
運転者限定
運転者年齢条件
使用目的
運転免許証の色 など
特約自動車事故補償特約
車内外身の周値品補償特約
弁護士費用等補償特約
個人賠償責任危険補償特約
全損時諸費用保険金特約
自宅・車庫等修理費用補償特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数10,400ヶ所
公式サイトhttps://www.sbisonpo.co.jp/

SBI損害保険は24時間365日事故受付している自動車保険で、以下のようなおすすめポイントがあります。

  • レッカー・ガソリン補給などのロードサービスが充実
  • インターネット新規申し込みで割引が受けられる
  • 一定の条件を満たすとロードサービスがアップデートされる
  • プロの専任スタッフによる示談交渉がある

SBI損害保険はインターネットから新規で申し込むと、最大14,500円割引になるのでおすすめです。

また契約年数3年以上など一定の条件を満たすと、レッカー距離の延長鍵開けレンタカーなどのサポートが受けられます。

さらにプロの専任スタッフによる示談交渉があるため、突然の事故で対応に困る心配がありません。

SBI損害保険の契約者からは、事故の初期対応が安心・継続でも保険料がほぼ変わらなかったとの声が多かったです。

SBI損害保険の口コミ・評判

SBIで継続契約しました。 テスラがかなり上がっていると噂があり、怯えてましたがほぼ変わらず?よかったー

引用元:X(Twitter)

事故時の初期対応、SBI損保ですが今のところ安心な感じです 現場からは以上です…

引用元:X(Twitter)

SBI損保に聞いてみたら、新規契約ではなくて乗り換えの場合は即日適用されるらしい。神かぁ?

引用元:X(Twitter)

手厚いロードサービスを求めている方は、早速SBI損害保険で新規加入・乗り換えを検討してみましょう。

ロードサービスが充実!

SBI損害保険公式サイト
https://www.sbisonpo.co.jp/
※最大14,500円割引あり※

イーデザイン損害保険|事故時にもサポートしてくれる安心センサー付きで安い保険料

イーデザイン損保LP画像

画像引用元:イーデザイン損害保険
概要詳細
契約型ダイレクト型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
無保険車事故傷害保険
自損事故傷害保険
車両保険
条件設定運転者限定
年齢条件
特約対物超過修理費用特約
入院諸費用特約
育英費用特約
女性のお顔手術費用特約
車両全損諸費用特約
車両新価特約
事故時レンタカー費用特約
車載身の回り品特約
個人賠償特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数約2,600ヶ所
公式サイトhttps://www.e-design.net/

イーデザイン損保は安心センサーで衝撃を感知するとアプリで事故連絡や救急車の手配をサポートしてくれる他に、以下のような点が魅力です。

  • セコムの事故現場急行サービスあり
  • 担当者が事故解決までサポートしてくれる
  • 安全運転によるポイントは特典と交換できる

イーデザイン損保ではセコムの事故現場急行サービスがあり、事故車の写真撮影などのサポートがあります。

また担当者が事故解決までサポートしてくれるので、事故対応に慣れていない方でも安心◎

さらにアプリで運転スコアを貯めると、コンビニのドリンクやスイーツと交換できる特典もあります。

イーデザイン損保の利用者からは、料金が手頃・トラブルの際に親身に対応してもらえたと好評でした。

イーデザイン損害保険の口コミ・評判

DS3カブリオの保険は車両保険付けても年5万と手頃だったイーデザインにしました。 (11等級以上のセカンドカー割、ゴールド免許割含)

引用元:X(Twitter)

うちはこのイーデザイン損保、&eに加入してます。トラブルの際には親身にご対応頂いたことがあり、「ネット損保って大丈夫?」っていう声に胸を張って「自分は大丈夫でした。安心して加入できるる保険です」と答えてもいいです。

引用元:X(Twitter)

イーデザイン損保とあいおいニッセイと保険料比較したらあいおいが5万も割安になったけどおなじ等級にしたらイーデザインのほうが安くなった。びびった(笑)

引用元:X(Twitter)

便利な安心センサーを設置したい方は、イーデザイン損保の&eへの新規加入・乗り換えを検討してみましょう。

便利な安心センサー付き

イーデザイン損保公式サイト
https://www.e-design.net/
※事故連絡や救急車の手配をサポートあり※

楽天損保|自動車保険で楽天ポイントが2倍貯まる

楽天のLP画像

画像引用元:楽天損保
概要詳細
契約型ダイレクト型
補償内容対人賠償保険
対人賠償責任保険
人身傷害保険
車両保険
条件設定運転者家族
年齢条件
特約弁護士費用等補償特約
搭乗者傷害特約
個人賠償責任補償特約
事故・故障時レンタカー費用補償特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数7ヶ所
公式サイトhttps://www.rakuten-sonpo.co.jp/

楽天損保は保険料の支払いで楽天ポイントが2倍貯まる自動車保険で、以下のようなおすすめポイントがあります。

  • ダイヤモンド会員は新規契約で30%割引
  • 無事故の場合は5%の割引
  • 交通費・宿泊費サービスが無料

楽天の会員ランクがダイヤモンドの場合は、30%割引で新規契約できる嬉しい特典付きです。

さらに前年に無事故だった場合(乗り換えも含む)も、保険料が5%割引になるので非常にお得◎

交通費・宿泊費サービスが無料で受けられるため、事故に遭って交通手段を失った際も安心です。

楽天損保の口コミでは、保険料をポイント払いできるのでお得・ロードサービスの対応も良いと好評でした。

楽天損保の口コミ・評判

楽天の自動車保険に乗り換えた 全額ポイント払いできるのがデカい

引用元:X(Twitter)

楽天損保の自動車保険、手続き簡単で契約証明もすぐ出せた。あとは事故対応とか、支払いがどうか気になるくらい。ディスクロージャー見たけど、収入保険料が下がってる。

引用元:X(Twitter)

楽天のクルマ保険、ロードアシスタンスが付いてて、バッテリーのジャンピングを依頼。 依頼から、手配完了までも特にストレス無かったし、来てくれた業者さんも感じ良かった!

引用元:X(Twitter)

楽天サービスを利用している方や楽天ポイントを貯めている方は、楽天損保へ申し込んでみましょう。

楽天ポイントが2倍貯まる!

楽天損保公式サイト
https://www.rakuten-sonpo.co.jp/
※交通費・宿泊費サービスも無料※

ソニー損害保険|走行距離区分に無制限もあるから走行距離が多い人にもおすすめ

ソニー損保のLP画像

画像引用元:ソニー損害保険
概要詳細
契約型ダイレクト型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
搭乗者傷害保険車両保険
人身傷害補償保険
車両保険
条件設定年齢条件
使用目的
走行距離
運転者限定条件
運転免許証の色
特約新車買い替え特約
事故時レンタカー費用特約
車内身の回り特約
弁護士特約
個人賠償特約
おりても特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数約2,600ヶ所
公式サイトhttps://www.sonysonpo.co.jp/

ソニー損害保険は走行距離区分に無制限も含まれるため、日頃から車で長距離移動している方におすすめです。

走行距離区分を含めた、ソニー損保のおすすめポイントは以下の通り。

  • スピーディーな事故対応
  • 給油やスペアタイヤへの交換が無料
  • 安全運転で保険料最大30%キャッシュバックあり

ソニー損害保険は事故受付の1時間以内に連絡があるため、突然の事故でも安心◎

またタイヤがパンクした際のスペアタイヤの交換や、給油も無料で受けられる点も嬉しいポイントです。

さらに安全運転でキャッシュバックプランに加入すると、保険料が最大で30%キャッシュバックされる特典もあります◎

ソニー損害保険の口コミでは、料金が安くなった・不調時や事故時の対応が良いという高評価が多かったです。

ソニー損害保険の口コミ・評判

次からは、ソニー損保へ切り替えることに。 なんと、保険費用が年間¥24,000ほど安くなりました 嬉しい!

引用元:X(Twitter)

私はソニー損保なのだが実際の事故対応もしっかりしてておすすめ。

引用元:X(Twitter)

自動車保険は20の頃からソニー損保一択 事故った事無いから事故対応はわからないけどタイヤバーストエンジン不調その他でレッカー3回してくれてありがたい

引用元:X(Twitter)

走行距離が多い方や事故対応を重視する方は、ソニー損害保険をチェックしてみましょう。

走行距離区分に無制限あり!

ソニー損害保険公式サイト
https://www.sonysonpo.co.jp/
※事故受付の1時間以内に連絡あり※

アクサ損害保険|電話交代サービスで事故現場でも安心!

アクサダイレクトのLP画像

画像引用元:アクサ損害保険
概要詳細
契約型ダイレクト型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
車両保険
搭乗者傷害保険
条件設定年齢条件
使用目的
年間予想最大走行距離
運転免許証の色
居住地域
ノンフリート等級
用途車種・型式
車齢
特約人身傷害補償特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数10,415ヶ所
公式サイトhttps://www.axa-direct.co.jp/

アクサ損保は事故受付の際に電話交代で相手と交渉できるサービスがある自動車保険で、以下のようなおすすめポイントがあります。

  • 距離無制限のレッカーサービスがある
  • LINEでの連絡も可能
  • 状況に応じて訪問面談に対応してくれる

アクサ損害保険は距離無制限のレッカーサービスがあり、事故の際に車が動かなくなっても心配ありません。

また電話のほかLINEにも対応しているので、手軽に連絡を取ることも可能です。

さらに状況に応じて専任スタッフが訪問面談してくれるため、事故相手と揉めた場合も安心◎

アクサ損害保険の契約者からは、ロードサービスが手厚い・弁護士費用を払ってもらって満足との声が多かったです。

アクサ損害保険の口コミ・評判

アクサダイレクトの保険入っててロードサービスも受けられたけど、バイク屋さんが来てくれるので有償でも助かったあヽ(o’ω’o)ノありがとう

引用元:X(Twitter)

月曜の朝から旦那の車のエンジンがかからずてんやわんや。アクサのロードサービスに電話したら30分で来てくれた!バッテリーかと思ったらプラグかぶりってやつでした。ささっとエンジンかけてくれて神に見えました。ありがとう!アクサダイレクトさん、次回も更新するせ!!

引用元:X(Twitter)

アクサダイレクトには死ぬほど弁護士費用払ってもらったから感謝してる 多分レッカー代と弁護士費用と支払い諸々で全額キャッシュバックされた

引用元:X(Twitter)

事故対応が手厚い自動車保険を選びたい方は、アクサ損害保険への加入を検討してみましょう。

事故相手との電話交代サービスあり!

アクサ損害保険公式サイト
https://www.axa-direct.co.jp/
※距離無制限のレッカーサービス付き※

あいおいニッセイ同和|事故現場で応急作業やレッカーけん引対応あり

あいおい損保のLP画像

画像引用元:あいおいニッセイ同和
概要詳細
契約型代理店型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
搭乗者傷害保険
人身傷害保険
車両保険
条件設定使用目的
年齢条件
運転免許証の色
車のタイプ
特約他車運転特約
臨時代替自動車特約
弁護士費用に関する特約
日常生活賠償特約
自動車賠償特約
車内外身の回り品特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数約4,000ヶ所
公式サイトhttps://www.aioinissaydowa.co.jp/

あいおいニッセイ同和は事故で車が故障した場合レッカー移動や搬送作業などに対応しているほか、以下のような魅力があります。

  • 車内外身の回り品を30万円補償
  • 夜間休日医療機関情報の提供あり
  • 地震・噴火・津波による車両全損時定額払特約あり

車での外出中や保管中に事故が遭った場合、身の回り品の損害が1事故につき最大30万円補償される特約があるので安心◎

またスタッフが夜間や休日でも医療機関の情報を提供してくれるため、土日や夜間に事故に遭っても対応可能です。

地震・噴火・津波によって車両が全損した場合も、定額で50万円が支払われる特約も提供されています。

あいおいニッセイ同和の口コミでは、ロードサービスや補償の手厚さを評価する声が多数ありました。

あいおいニッセイ同和の口コミ・評判

東京海上は強いって聞くけどレッカーは15万円までなんよな あいおいニッセイは30万円まで出るしロードサービスはあいおいの方が充実してる気がする

引用元:X(Twitter)

三井住友とあいおいニッセイはロードサービス最高だよ、基本30万だけど車両保険入ってるかなんかの人で60万の特約の人いたし 仙台から東京までベンツのパンク運んで55万くらいなってウハウハなった

引用元:X(Twitter)

あいおいニッセイ同和損害保険のロードサービスは神。 A→Bに向かっていて、途中時でロードサービスを使った場合、事故したところをPとしたら普通ならA→P→Aと直接戻るとなるんだが、A→P→B→Aで、P→B→Aの目的地経由帰宅も全額お金出してくれるんですよね。 マジ最高。

引用元:X(Twitter)

事故対応の手厚さや特約の内容にこだわりたい方は、あいおいニッセイ同和をチェックしてみましょう。

レッカーけん引対応あり!

あいおいニッセイ同和公式サイト
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
※最大30万円補償される特約あり※

三井住友海上|ドラレコ型の自動車保険あり!

三井住友のLP画像

画像引用元:三井住友海上
概要詳細
契約型代理店型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
車両保険
条件設定年齢条件
運転者限定条件
用途車種・型式
車齢
運転免許証の色
ノンフリート等級
特約他車運転特約
臨時代替自動車特約
心神喪失などによる事故の被害者救済費用特約
弁護士費用に関する特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数約4,300ヶ所
公式サイトhttps://www.ms-ins.com/

三井住友海上はドライブレコーダー付きの自動車保険があり、衝撃を感知すると安否確認の連絡が入る自動車保険で以下のような魅力があります。

  • プレミアムドラレコ型で常時通報機能が利用可能
  • 駐車監視機能あり
  • 夜間・休日でも初期対応を実施している

プレミアムドラレコ型の場合は、軽微な事故や煽り運転に遭遇した際も安否確認デスクと連絡できるので安心◎

またドラレコは駐車時も録画しているため、万が一盗難や当て逃げにあっても証拠を残せます。

夜間・休日でも事故の初期対応を実施しているので、夜間や土日祝に事故に遭っても心配ありません。

三井住友海上の契約者からは、ロードサービスの対応が丁寧だったと好評する声が多かったです。

三井住友海上の口コミ・評判

三井住友海上の自動車保険に加入してるので、ロードサービスを呼びました 三井住友海上自動車保険はロードサービスが無料です

引用元:X(Twitter)

仕事帰り、家に着く直前に車が突然パンクして大変だった…。でもレッカーもレンタカーも無事手配終わったよー。明日もまだやることあるけど、三井住友海上さんのスムーズな対応に助けられて、何とか乗り切れそう

引用元:X(Twitter)

ロードサービスの方が本当に本当に良い方達で、一生保険は三井住友海上に加入しとこうと思った

引用元:X(Twitter)

ドライブレコーダーの導入を検討している方は、ドラレコ型自動車保険のある三井住友海上に申し込んでみましょう。

ドラレコ型自動車保険あり!

三井住友海上公式サイト
https://www.ms-ins.com/
※安否確認デスクとすぐ連絡できる※

自動車保険のおすすめを目的別に解説【10社の比較表あり】

自動車保険10社の比較表は以下の通り。

ネット型自動車保険や乗り換え割引、車両保険の有無など会社によって対応している保険や割引は異なります。

上記の3つの中でもおすすめな自動車保険は以下の3社です。

いずれかの自動車保険を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ネット自動車保険|三井ダイレクト損害保険がおすすめ

おすすめのネット自動車保険は、補償プラン作成サポートのある三井ダイレクト損害保険です。

専任のコンシェルジュがユーザーに合わせた最適な補償プランを提案してくれるので、初めての方も安心◎

またチャットや電話でのサポートもあるので、不明点があっても気軽に相談できる点が魅力です。

さらにPCやスマホ操作が苦手な方にもWeb操作のフルサポートがあり、高齢者の方も心配ありません。

ネット自動車保険への加入を検討している方は、三井ダイレクト損害保険に申し込んでみましょう。

チャット・電話サポートあり!

三井ダイレクト損害保険公式サイト
https://www.mitsui-direct.co.jp/
※トラブルも相談しやすい※

自動車保険の乗り換え|チューリッヒ自動車保険会社がおすすめ

自動車保険の乗り換えにぴったりな会社は、お得な割引のあるチューリッヒ自動車保険会社です。

チューリッヒ自動車保険会社はWeb新規申し込みで最大21,000円割引があるため、お得に乗り換えができます。

またレッカーが100km・ガス欠給油10Lまで無料のロードサービスもあり、事故対応を重視する方も安心◎

技術力の高い工場とも提携しているため、車が故障した際も安心して修理を任せられます。

自動車保険の乗り換えを検討している方は、チューリッヒ自動車保険会社をチェックしてみましょう。

最大21,000円割引あり!

チューリッヒ自動車保険会社公式サイト
https://www.zurich.co.jp/
※最短当日に保険金を受け取り可能※

自動車保険の乗り換え方法や手順に関しては、自動車保険の乗り換えが気まずい時の対処法を参考にしてください。

車両保険のある自動車保険|アクサ損害保険

車両保険のある自動車保険なら、様々な状況を全てカバーした車両保険のあるアクサ損害保険がおすすめ。

アクサ損害保険の車両保険(フルカバータイプ)は、以下の状況に全て対応した補償になっています。

アクサ損害保険の車両保険(フルカバータイプ)の内容
  • 車同士の衝突・接触
  • 落書き・いたずら・窓ガラスの破損
  • 盗難
  • 飛来物や落下物との衝突
  • 台風・竜巻・洪水・高潮
  • 火災・爆発
  • 電柱・ガードレール・車庫への接触・衝突
  • 自転車との接触
  • 当て逃げ
  • 墜落・転覆

フルカバータイプ以外にも、一部の状況に対応したスタンダードタイプもあるので状況に合わせて選択できます。

全ての状況に対応した車両保険を選びたい方は、アクサ損害保険をチェックしてください。

フルカバーの車両保険あり!

アクサ損害保険公式サイト
https://www.axa-direct.co.jp/
※距離無制限のレッカーサービス付き※

そもそも自動車保険とは【自賠責保険と任意保険の違いは何?】

自賠責保険と任意保険の違いは、保険への加入が国に義務付けられているか否かです。

自賠責保険は国に加入が義務付けられていますが、任意保険は自賠責保険を超える賠償金などに備えて加入します。

自賠責保険と任意保険の具体的な違いは以下の通り。

補償内容自賠責保険任意保険
自分や搭乗者が死傷した際の補償×
相手が死傷した際の補償
傷害 120万円まで
死亡 3,000万円まで
後遺障害 4,000万円まで
車やモノへの補償×
示談交渉×
引用:チューリッヒ自動車保険会社

自賠責保険は相手への補償はあるものの、自分・搭乗者・車・モノへの補償は無く手厚いとは言い難いです。

自分や車を含めた補償を手厚くしたい・プロに示談交渉を依頼したいのであれば任意保険がおすすめ。

自動車保険(任意保険)に加入するにあたって、重視したいのがノンフリート等級や割引率についてです。

以下ではノンフリート等級のほか、乗り換え手続きや保険の中断方法についても解説しているのでぜひ参考にしてください。

自動車保険の等級・割引率・ノンフリートについて解説

自動車保険のノンフリート等級とは、事故歴に応じて保険料を決める制度のこと。

等級は1~20等級まで区分されていて、初めて自動車保険に加入する場合は6級から始まります。

1年間無事故の場合は等級が上がり、事故を起こした場合は等級が下がる仕組みにです。

そのため等級が上になるほど割引率が上がり、等級が下がるほど保険料が割増しになるので注意しましょう。

同じ等級でも事故歴がある場合は割引率が下がるため、保険料の負担を軽減するためにも安全運転を心掛ける必要があります。

車の乗り換え時の手続きや保険料・等級はどうなる?

ノンフリート等級は全ての保険会社に共通している基準なので、基本的に現在の等級がそのまま引き継がれます

そのため10等級の人が1年間無事故の場合、乗り換え先では11等級にアップした状態になると考えて良いでしょう。

ただし保険料は同じ等級でも自動車保険の会社によって異なるので、事前にチェックする必要があります。

基本的には中間コストを削減したダイレクト型の自動車保険が安く、中でも三井ダイレクト損害保険がおすすめ。

三井ダイレクト損害保険は補償プランの作成サポートがあるほか、電話やチャットによる相談を受け付けています。

気になる方は、サポートスタッフに見積もり依頼してみましょう。

見積もり相談可能!

三井ダイレクト損害保険公式サイト
https://www.mitsui-direct.co.jp/
※補償プランの作成サポートあり※

車に一時的に乗らなくなるなら「中断」もおすすめ

海外移住などの諸事情で一時的に車に乗らなくなった場合、任意保険の中断をおすすめします。

何故なら自動車保険を途中解約してしまうと、これまでの等級がリセットされてしまうからです。

仮に18等級になっていたとしても、自動車保険を解約すると6級スタートになってしまうので注意しましょう。

しかし、中断証明書を保険会社に提出した場合は最長10年間現在の等級がキープできます。

中断証明書は会社に依頼すると発行してもらえるので、しばらく車に乗らない方は中断を検討してください。

自動車保険を手っ取り早く見直すなら一括見積もりがおすすめ!

現在の自動車保険を見直したい方は、一括見積もりの請求をおすすめします。

自動車保険の一括見積もりによるメリットは以下の通り。

  • 1度に複数の会社を比較できるため時間短縮になる
  • 料金や特徴を比較しやすい
  • 自分に合った自動車保険が見つかりやすい

自分で複数の会社を比較・検討する場合、何度も調べる手間がかかり貴重な時間が失われてしまいます。

1度に比較・検討し自分に合ったサービスを手軽に見つけるためにも、一括見積もりをして損はないでしょう。

一括見積もりの利用・契約方法は以下の通りです。

一括見積もりの利用・契約方法
  1. 見積もりサイトにアクセスする
  2. 車の情報を入力する
  3. 運転者・保険契約者の情報を入力する
  4. 希望する補償内容を選択する
  5. 内容を確認し「見積もりGET」ボタンを押す
  6. メールor手紙で見積もりの詳細が届く
  7. 自分の気に入った自動車保険に申し込む

自分で調べる時間が無い方や、1度に複数の会社を比較したい方は、自動車保険の一括見積もりサイトを利用しましょう。

自動車保険の一括見積もりなら「インズウェブ」がおすすめ

インズウェブのロゴ画像

画像引用元:インズウェブ

自動車保険の一括見積もりサイトなら、最短3分で最大20社が比較できるインズウェブがおすすめです。

インズウェブではダイレクト型だけではなく、代理店型も比較できるのでどちらも検討している方にぴったり。

時期によっては一括見積もりの申し込みで、豪華賞品が貰えるキャンペーンを行っていることも◎

またWebだけでなくアプリも利用できるので、手軽に一括見積もりを依頼できる点も魅力的です。

自動車保険の見直しを検討している方は、SBIホールディングスが運営するインズウェブに見積もり依頼してみましょう。

最短3分で見積もり完了!

インズウェブ公式サイト
https://www.insweb.co.jp/
※最大20社を無料で見積もり※

自動車保険に関するよくある質問と回答

自動車保険に関するよくある質問と回答は以下の通りです。

1日だけの自動車保険や保険料の安い自動車保険も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Q1:auの自動車保険はどんなサービス?

au自動車本舗

画像引用元:au自動車ほけん
概要詳細
契約型ダイレクト型
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
車両保険
条件設定年間走行距離
ドライバーの範囲
運転免許証の色
特約対物超過修理費用特約
自損事故傷害特約
無保険車傷害特約
新車特約
レンタカー費用特約
ドラレコ特約
日常生活賠償特約
弁護士費用特約
現場急行サービスあり
ロードサービスの拠点数約4,300ヶ所
公式サイトhttps://www.au-sonpo.co.jp/pc/lp_car/
※すべて税込み表記です。

au自動車ほけんはKDDIが提供しているネット型の自動車保険で、auユーザーは最大11,000円割引になります。

また年間保険料の1%+au PAYカード決壊金額の1%、計2%がPontaポイントに還元される嬉しい特典も◎

さらにコンシェルジュが補償内容の作成をサポートしてくれるため、どの補償内容が適しているか分からない場合も安心です。

au自動車ほけんは三井ダイレクト損害保険の代理店なので、24時間365日事故対応を受け付けている点も魅力。

auユーザーで自動車を見直したい方は、お得な割引があるau自動車ほけんへの申し込みがおすすめです。

auユーザーは最大11,000円割引!

au自動車ほけん公式サイト
https://www.au-sonpo.co.jp/pc/lp_car/
※Pontaポイントの還元あり※

Q2:学生の自動車保険1日はどこがおすすめ?

学生が友人や親の車などを1日借りる際、加入におすすめな保険は三井住友海上の1DAY保険です。

三井住友海上の1DAY保険は以下の3つのプランがあり、内容によって金額が異なります。

三井住友海上の1DAY保険の種類
プラン名金額内容
エコノミープラン800円/24時間
※2人以上の場合1,120円/24時間
対人賠償保険
対物賠償保険(免責金額5万円)
対物超過修理費用特約
自損傷害保険
搭乗者傷害(入通院・一時金)
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)
ロードサービス
スタンダードプラン1,000円/24時間
※2人以上の場合1,400円/24時間
対人賠償保険
対物賠償保険(免責金額なし)
対物超過修理費用特約
自損傷害保険
搭乗者傷害(入通院・一時金)
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)
ロードサービス
プレミアムプラン2,500円/24時間
※2人以上の場合3,500円/24時間
対人賠償保険
対物賠償保険(免責金額なし)
対物超過修理費用特約
自損傷害保険
搭乗者傷害(入通院・一時金)
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)
ロードサービス
※すべて税込み表記です

スタンダードプラン・プレミアムプランともに、対物賠償保険は免責金額を負担する必要がありません。

ただしプレミアムプランは事前登録の8日目以降でなければ契約できないので、注意してください。

1DAY保険はコンビニからレジ払いで登録できるので、クレジットカードを持っていない学生でも安心です。

Webから登録する場合はキャリア決済が利用できるので、気になる方はWebから申し込んでみましょう。

1DAY保険はキャリア決済で加入可能!

三井住友海上公式サイト
https://www.ms-ins.com/
※学生でも安心して利用可能※

Q3:1日利用できる自動車保険のおすすめはある?

1日だけ自動車保険を利用する際は、あいおいニッセイ同和のワンデーサポーターがおすすめです。

ワンデーサポーターは24時間単位で加入できる自動車保険で、スマホのキャリア決済で簡単に加入できます。

あいおいニッセイ同和のワンデーサポーターの種類は以下の通りです。

あいおいニッセイ同和のワンデーサポーターの種類
プラン名金額内容
エコノミープラン800円/24時間対人賠償保険(無制限)
対物賠償保険(免責金額5万円)
対物超過修理費用特約
自損傷害保険(1,500万円)
搭乗者傷害(入通院・一時金)
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)
(1,000万円)
ロードサービス
ベーシックプラン1,000円/24時間対人賠償保険
対物賠償保険(免責金額なし)
対物超過修理費用特約
自損傷害保険
搭乗者傷害(入通院・一時金)
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)
ロードサービス
ワイドプラン2,500円/24時間
対人賠償保険
対物賠償保険(免責金額なし)
対物超過修理費用特約
自損傷害保険
搭乗者傷害(入通院・一時金)
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)
車両復旧費用保険(300万円/免責金額15万円)
ロードサービス
※すべて税込み表記です

ワイドプランは車両復旧費用保険付きですが、登録から7日目以降でなければ利用できないので注意しましょう。

いずれのプランもスマホのキャリア決済で契約できるため、店舗に出向く必要はありません。

また2回目以降の利用は保険料の割引対象になる特典もあり、複数回利用する予定がある方にもぴったり。

一時的に友人や家族の車を借りる予定のある方は、あいおいニッセイ同和のワンデーサポーターに申し込んでみましょう。

800円・24時間で加入できる!

あいおいニッセイ同和公式サイト
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
※2回目以降も割引の対象※

Q4:ネット型の自動車保険はおすすめできない?

ネット型の自動車保険は、代理店型の自動車保険と比較して補償内容の違いはほぼありません。

そのため、ネット型の自動車保険も代理店型の自動車保険と同様におすすめです。

しかしどちらにもメリット・デメリットは存在するので、自分に合った形の自動車保険を選びましょう。

ネット型自動車保険と代理店型の自動車保険のメリット・デメリットは、以下の通り。

メリットデメリット
中間コスト削減で保険料が安い
いつでもインターネットで申し込み可能
インターネット申し込み割引がある
対面での相談が受けられない
自分で手続きや申し込みを完結させる必要がある

保険料を抑えたい方はネット型自動車保険、担当者と対面で相談したい方は代理店型の自動車保険が良いでしょう。

Q5:自動車保険が安いおすすめの会社は?

自動車保険を安さで選ぶのであれば、ダイレクト型自動車保険の三井ダイレクト損害保険がおすすめです。

ダイレクト販売なので中間コストがカットされ、代理店型と比較して保険料が安価になっています。

三井ダイレクト損害保険と他社の保険料を比較すると、平均22,459円も節約(※)になったというデータも。
※参考:三井ダイレクト損害保険「三井ダイレクト損保の保険料が安い理由」

さらにコンシェルジュの補償内容の作成サポートやWeb操作サポートなども手厚く、信頼できる保険になっています。

保険料が安くサポートの手厚い自動車保険をお探しの方は、三井ダイレクト損害保険をチェックしてみましょう。

ネット型自動車保険で保険料が安い!

三井ダイレクト損害保険公式サイト
https://www.mitsui-direct.co.jp/
※トラブルも相談しやすい※

安い自動車保険をさらに比較

Q6:三井ダイレクトとソニー損保はどっちがおすすめ?

三井ダイレクト損害保険とソニー損保は、契約者によってどちらがおすすめかが変わります。

  • 走行距離区分に無制限があるソニー損保…普段から長距離運転をしている方におすすめ
  • 補償内容の作成サポートがある三井ダイレクト損害保険…自動車保険の加入が初めての方におすすめ

どちらもダイレクト型自動車保険なので、代理店型の自動車保険と比較すると保険料が安いです。

しかし個人によって求める料金やサービスは異なるため、自分にとってどちらが合っているか分からない方もいるでしょう。

サービスも含めて2社を比較したい方は、最短3分で見積もりできるインズウェブがおすすめです。

まずは、インズウェブの一括見積もりで両社の保険料やサービスを比較・検討してみましょう。

2社をまとめて比較するならおすすめ!

インズウェブ公式サイト
https://www.insweb.co.jp/
※最短3分で見積もり可能※

Q7:ダイレクト型自動車保険のおすすめは?

ダイレクト型自動車保険のおすすめは、サポートの手厚い三井ダイレクト損害保険です。

三井ダイレクト損害保険はコンシェルジュが補償内容の作成サポートしてくれるので、初めての方も安心◎

また契約の際に不明な点があっても、プロのコンシェルジュが丁寧に対応してくれます。

さらに24時間365日事故受付しているので、夜間や休日に事故に遭っても心配ありません。

ダイレクト型自動車保険をお探しの方は、年中無休で受け付けている三井ダイレクト損害保険がおすすめです。

Q8:自賠責保険と任意保険のどちらが優先される?

自賠責保険と任意保険に両方加入している場合、任意保険に優先的に請求しましょう。

任意保険に請求する場合、加入している自賠責保険の補償分も含めた金額が支払われるためです。

自賠責保険では不足してしまう保証金額でも、任意保険に加入していれば補填されるので安心◎

特に自賠責保険は自分や車・モノへの補償が無いため、もしもの時のために両方加入しておいた方がいいでしょう。

初めての自動車保険なら三井ダイレクト損害保険がおすすめ!

自賠責保険では補償が足りない部分も多いため、万が一に備えたい方は任意保険への加入をおすすめします。

自動車保険(任意保険)の中でも、おすすめはネット型自動車保険の三井ダイレクト損害保険

ネット型自動車保険は中間コストを削減しているため、代理店型より保険料がお手頃になっています。

また補償内容作成サポートや、Webの入力操作サポートなど初心者にもわかりやすいサービスを提供しています。

初めての加入保険料を見直したい方は、三井ダイレクト損害保険に申し込んでみましょう。

ネット型で保険料がお得!

三井ダイレクト損害保険公式サイト
https://www.mitsui-direct.co.jp/
※トラブルも相談しやすい※

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社イードが運営する自動車メディア・カーライゼーションのコンテンツ作成を担当。コンテンツ作成の根拠・流れは左記ページでも詳しくご紹介しています。

目次