40代におすすめの安い自動車保険とは?選び方のポイントや安くするコツも解説

40代におすすめの自動車保険とは?

自動車保険を探している40代の方の中には、「より安いおすすめの自動車保険を知りたい」保険料を更に安くする選び方を知りたい」と考える方もいることでしょう。

損害保険料率算出機構の調べでは、対人対物など何かしらの自動車保険の加入割合は約75%です。
(参考:「損害保険料率算出機構」)※2021年3月末時点の統計による

しかし自動車保険の補償内容や契約内容は様々あり、「結局どこの自動車保険を選べばいいの?」と迷ってしまいますよね。

今回の記事では「40代におすすめの自動車保険を知りたい!」という方のために、自動車保険の選び方のポイント安くするコツを解説します!

40代の方にピッタリの自動車保険についても詳しくお伝えするので、参考にしてよりお得な自動車保険を見つけてみてくださいね◎

>>>40代におすすめの自動車保険ランキングはこちら

40代におすすめの自動車保険は『おとなの自動車保険』

大人の自動車保険LP

画像引用元:おとなの自動車保険公式サイト

おとなの自動車保険は事故率の低い世代が割安になる料金体系になっているため、特に「40代におすすめ」の自動車保険です。

従来の「35歳を超えると保険料が一定になる」という仕組みを見直し、おとなの自動車保険では1歳きざみの料金体系を実現◎

さらに『おとなの自動車保険』は走行距離に応じた保険料なので、車に乗った分の支払いのみで済みます。

車にあまり乗らない場合は余分な支払いがなく保険料が安くなるため、嬉しい料金体系ですね♪
※過去1年間の走行距離で保険料が算出されます。

「事故率」や「走行距離」に合う自動車保険を賢く選ぶことで、手厚い補償安い保険料で受けられます。

『おとなの自動車保険』はネット申し込みなら最大13,600円割引となり、保険料を最大限安くすることが可能!

保険料のシミュレーションも個人情報不要で行えるため、気軽に年間の自動車保険料の算出ができます◎

40代で安い自動車保険を探している」という方は、『おとなの自動車保険』で保険料がいくらになるのか見積もりしてみましょう!

\40代におすすめ!/
おとなの自動車保険で
見積もり依頼してみる!

公式サイトはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/

最大13,600円引きのチャンス!

目次

40代の自動車保険料は相場が安い!2つの理由を解説

40代の自動車保険料の相場は年間3~5万円台※と言われており、これは10代・20代と比べると約1/3と非常に安くなっています。
※ただし等級・契約内容によって異なるためあくまで参考です。

40代の自動車保険料が安い理由は、主に以下2つが挙げられます。

  • 割引率が高い等級になっているから
  • 事故が少ない年代だから

自動車保険料は「年齢別の事故率データ」や「等級」によって値段が変わるケースが多いです。

ここからは40代の自動車保険料が安くなる2つの理由について、詳しく解説します。

▼30代の配偶者においては自動車保険料などの設定が変わるため、以下記事もぜひ参考にしてください。
>>30代におすすめの自動車保険は?保険選びのポイントや保険料を抑えるポイントも解説

理由①割引率が高い等級になっているから

40代では割引率が高い等級になっているというのも、自動車保険料が安いことの1つの要因です。

自動車保険は使用することなく年数が経過すると、6等級~20等級まで保険等級が上がり割引率も増えていく仕組み。

過去に保険を使用していなければ、最高等級の20等級の40代の方もいるでしょう。

20等級は6等級と比較すると、年間で自動車保険料が数万円も安いのでお得です。

理由②事故が少ない年代だから

40代の自動車保険料が安い理由の1つとしては、事故が少ない年代であるためです。

警視庁の「令和3年中交通事故の発生状況」の資料から見ても、40代は事故が少ない年代ということがわかります。
(※参考:警視庁「令和3年中交通事故の発生状況」)

事故率が低いと保険を使用して損害賠償する可能性も低いため、保険会社にとってもリスクが低いと言えるのです。

従来の自動車保険では35歳以上の保険料は同じでしたが、今は40代以上の方の保険料を下げている保険会社もあります。

自動車保険に入りなおして6等級になったとしても、40代なら他の年代と比べて割安の保険料となるでしょう。

【厳選7社】40代向けおすすめの自動車保険会社を比較しランキング紹介!

40代向けおすすめの自動車保険会社を比較し、ランキング表としてまとめました。

自動車保険会社名 1位:おとなの自動車保険 2位:チューリッヒ保険会社 3位:アクサダイレクト 4位:ソニー損害保険 5位:三井ダイレクト損害保険 6位:イーデザイン損害保険 7位:SBI損害保険
契約方式 ダイレクト型 ダイレクト型 ダイレクト型 ダイレクト型 ダイレクト型 ダイレクト型 ダイレクト型
補償内容 ・対人賠償保険
・対物賠償保険
・人身傷害保険
・無保険車傷害
・他車運転特約
・対人賠償保険
・対物賠償保険
・人身傷害保険
・人身傷害定額払保険
・搭乗者傷害保険
・車両保険
・対人賠償保険
・対物賠償保険
・自損事故保険
・無保険車傷害保険
・人身傷害補償特約
・搭乗者傷害保険
・車両保険
・対人賠償
・対物賠償(対物超過修理費用)
・人身傷害
・搭乗者傷害
・車両保険
・事故時レンタカー費用特約
・弁護士特約
・個人賠償特約
・対人賠償保険
・対物賠償保険
・対人賠償保険
・対物賠償保険
・人身傷害保険
・搭乗者傷害保険
・車両保険
・対人賠償保険
・対物賠償保険
・他の自動車運転危険補償特約
・被害者救済費用等補償特約
・人身傷害補償保険
・搭乗者傷害保険
・自損事故保険
・無保険車傷害保険
・車両保険
ロードサービス内容 ・応急処置・運搬費用サポート
・燃料切れ時の給油サービス
・宿泊費用・移動費用
・GPS位置検索サービス
・レッカーサービス
・ホテル代(宿泊費用)サポート
・レンタカーサポート
・帰宅費用サポート
・ペットケアサポート
・ピックアップ費用サポート
・キャンセル費用サポート
・バッテリー上がり
・パンクなどのトラブル
・24時間365日のプレミアムロードサービス
・指定修理工場サービス
・訪問面談サービス
・レッカーサポート
・応急作業サポート
・宿泊費用サポート
・ペット宿泊費用サポート
・帰宅費用サポート
・レンタカー費用サポート
・修理後搬送サポート
・レッカーサービス
・車両トラブル緊急対応サービス
・GPS位置情報サービス
・緊急宿泊費用、緊急帰宅費用、車両搬送費用サービス
・相談・情報提供サービス
・ご契約2年目以降のサービス
・レッカーサービス
・引き上げ・引き下ろしサービス
・応急対応サービス
・燃料切れ時ガソリン配達サービス
・故障相談サービス
・情報提供サービス
・レッカーサービス
・緊急対応サービス
・帰宅・宿泊・搬送・引取りサービス
・車輪引き上げ・乗り上げ時の引き降ろしサービス
・ガソリン給油サービス
・駆けつけナビ
割引 ・ネット割
・早割
・自動ブレーキ(ASV)割引
・電気・ハイブリッド車で1,200円割引
・ゴールド免許割引
・おとなの2代目割引
・インターネット割引
・e証券割引
・早期契約割引
新車割引
・エコカー割引
・自動ブレーキ割引
・ゴールド免許割引
・紹介割引
・インターネット割引
・インターネット継続割引
・子育て応援割引
・20等級継続割引
・ASV割引
・複数所有新規割引
・無料割引
・EV割引
・インターネット割引
・無事故割引
・運転者限定割引
・くりこし割引
・ゴールド免許割引
・新車割引
・継続割引
・ASV割引(自動ブレーキ割引)
・電気自動車割引
・証券ペーパーレス割引
・セカンドカー割引
・マイページ新規申込割引
・継続時複数契約割引
・インターネット契約割引
・eサービス(証券不発行)割引
・継続割引
・長期無事故割引
・長期無事故割引プラス
・複数台割引
・ご紹介割引
・インターネット割引
・早割
・証券e割
・新車割引
・ASV割引(自動ブレーキ割引)
・セカンドカー割引
・無事故割引
・継続割引
・インターネット割引
・証券不発行割引
・ゴールド免許割引
・新車割引
・セーフティ・サポートカー割引
・ASV割引
公式サイト https://www.ins-saison.co.jp/ https://www.zurich.co.jp/ https://www.axa-direct.co.jp/ https://www.sonysonpo.co.jp/ https://www.mitsui-direct.co.jp/ https://www.edsp.co.jp/ https://www.sbisonpo.co.jp/

中でも40代へ特におすすめな自動車保険は、『おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)』と『チューリッヒ保険会社』です。

ここから2社の特徴やおすすめな理由を詳しく解説するので、40代で自動車保険を探す方はぜひ参考にしてください!

▼更に詳しく自動車保険の人気ランキングが知りたいという方は以下記事もぜひ参考にしてください。
>>自動車保険が安いおすすめ人気ランキング10社を徹底比較!

ランキング1位:おとなの自動車保険

大人の自動車保険LP

画像引用元:おとなの自動車保険公式サイト

40代に最もおすすめの自動車保険はおとなの自動車保険です!

『おとなの自動車保険』のおすすめポイントは以下の通り。

  • 事故率の低い40代は安くなる
  • 様々な割引制度がある
  • 走行距離に合った料金体系
  • 事故対応が充実している

事故率の低い世代が安い上に走行距離に合わせた料金体系で、家族割引や継続割引などの様々な割引制度でも保険料が抑えられる『おとなの自動車保険』。

事故対応についても業界初のALSOK事故現場安心サポートがついているため、安い上に補償内容も安心だと高評価を集めています◎

40代におすすめの安い自動車保険を探している」という方は、評判の良い『おとなの自動車保険』で気軽に見積もりシミュレーションしてみましょう!

\無駄のない料金形態!/
おとなの自動車保険で
気軽に無料見積もりする

公式サイトはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/

割引制度も充実◎

ランキング2位:チューリッヒ保険

チューリッヒ自動車保険

画像引用元:チューリッヒ公式サイト

40代におすすめの自動車保険2位は、合理的かつおトクな保険料で提供している『チューリッヒ保険』です。

『チューリッヒ保険』のおすすめポイントは以下の通り。

  • 自分専用の補償内容を組めておトク
  • ダイレクト販売で大幅な保険料引き下げを実現
  • 豊富な割引で料金がさらに安くなる
  • 業界最高レベルのロードサービスが受けられる
  • 事故対応満足度も92.5%(※1)と事故対応時も安心
    (※1)2021年4月~2023年3月チューリッヒ自社調べ

保険料満足度93.8%(※2)以上、年間保険料が平均24,797円節約(※3)できたと利用者から高評価を受けている「チューリッヒ保険」。
(※2)2023年8月チューリッヒ自社調べ
(※3)2023年9月~2023年10月チューリッヒ自社調べ

4つの基本保障に加えて「オプション保障」を自由に選べる、無駄のない補償内容が特徴的です。

今ならネット申し込みで最大21,000円が割引きになり、さらに保険料を節約できます。

40代におすすめで自分に合った自動車保険を探している」という方は、『チューリッヒ保険』で見積もりをしてみましょう!

\最大21,000円も割引に!/
チューリッヒ保険で
気軽に無料見積もりする

公式サイトはこちら
https://www.zurich.co.jp/car/

年間保険料が大幅節約できる◎

『おとなの自動車保険』の40代利用者の良い口コミ・評価

ここでは40代の利用者に限定して、『おとなの自動車保険』の口コミや評価を紹介していきます。

『おとなの自動車保険』を検討している方は、加入前に利用者のリアルな口コミや評価をぜひ参考にしてください。

ダイレクト型ということで、保険料が安い。

乗り換え時は1万円引きとか他社ではよくあるが、毎年の継続時も乗り換え時に同等の継続割引があるので助かる。補償対象となる人や家族を限定したり、年齢で選んだり、必要なものを選びながら自分なりの内容にすることができる。これを付けたら保険料がいくらか細かくわかるところが透明性があってよい。全体的にコスパがよい保険会社だと思う。

40代 / 男性 / スバル スバルXV / 車両保険あり

-引用:価格.com

インターネットの一括見積を使って、一番安い保険会社だった。

コマーシャルの内容に嘘偽りがなく、お得だと思った。前に契約していた保険会社と比べて、補償内容は変わらないのに安くなった。自分の年齢にあった保険料で納得できる。これ以上安くなってしまうと逆に心配になるような気がするので、満足している。

40代 / 男性 / ダイハツ キャスト スポーツ / 車両保険あり

-引用:価格.com

自分で必要な補償内容を選べて、細かく値段がわかるところがよい。

ロードサービスなども、JAFと被る場合は削れる。補償内容そのものは、一般的な自動車保険の内容で特筆することはない。独自のものはとくにないように感じる。

40代 / 男性 / スバル スバルXV / 車両保険あり

-引用:価格.com

『おとなの自動車保険』は自分に合う補償内容が細かく選べるため、余分なものを削り月額保険料を安くできると評判です。

ロードアシスタンス特約も必要がなければ削れるので、さらに値段が安くなります。
※ロードアシスタンス特約:運転中のパンクなどのトラブル時に、応急処置やレッカー移動してもらえる補償のこと。

口コミや評価を見ても安心できる保険なので、『おとなの自動車保険』の利用を迷っている方は気軽に見積もりシミュレーションしてみましょう!

\口コミ・評判で選ぶなら!/
おとなの自動車保険で
無料見積もりしてみる♪

公式サイトはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/

補償内容を細かく選べる◎

『おとなの自動車保険』の悪い口コミは?

『おとなの自動車保険』の良い口コミだけで判断するのが不安な方のために、ここでは悪い口コミを紹介していきます。

利用者は実際に『おとなの自動車保険』のどんな部分に不満を持つのか、加入前に確認してみましょう!

TVCMなどでうたっているように、50代の保険料がお得で、安いということなのでここ何年か継続加入しています。実際に保険料比較サイトで相見積もりをしてみても、最安値というケースがほとんどでした。ただ60代になってからはそれもちょっと微妙な感じもしてました。満期になったらしっかり比較して選ぼうと考えています。

60代 / 男性 / BMW 6シリーズ グラン クーペ / 車両保険あり
-引用:価格.com

自損事故を起こした時に、まず自身の体の心配をしてくれたことが嬉しかった。事故の様子の聞き取りもていねいだった。その後修理工場での対応をまかせたが、その結果もきちんと連絡をもらった。修理にかかった費用は修理工場に支払ってくれたが、支払いのスピードがもう少し早いともっと嬉しかった

60代 / 男性 / フォルクスワーゲン ゴルフ / 車両保険あり

-引用:価格.com

60代の利用者では「50代にはぴったりな補償内容で保険料も安く満足だが、60代も合う補償なのか疑問」との声も。

年代ごとに保険料は変動するため、最も合う自動車保険かどうかは定期的に見直すのも賢いと言えるでしょう。

また「支払いの対応スピードを上げてほしい」という声も。

とは言え『おとなの自動車保険』の内容自体には満足する声が多いのは事実のため、「40代におすすめの安い自動車保険を探している」方はぜひ検討してみてくださいね。

40代の自動車保険の選び方【ポイント4選】

40代における自動車保険の選び方のポイントは以下の4つです。

  • 車の使用用途を整理する
  • 年間の自動車保険料を確認する
  • 事故後の対応を確認する
  • 子供が免許取得した場合の料金も考慮する

自動車保険を選ぶ際は、車の使用用途や契約後のライフスタイルの変化を予測する必要があります。

先のことを予測せず余分な補償を付けてしまい「保険料が高くなってしまった」というのは避けたいですよね。

ここからは40代がどのように自動車保険を選ぶと良いのかを一つずつ解説します。

▼より詳しく「自動車保険の選び方について知りたい!」という方は、以下記事もぜひご参照ください。
>>自動車保険の選び方を分かりやすく解説!保険料を節約するコツも知っておこう

車の使用用途を整理する

自動車保険選びのポイントの1つとして、まずは車の使用用途を明確しましょう。

「通勤」「買い物」など車の使用用途は様々ですが、「誰がどのように使用するか」で自動車保険の必要な補償内容と値段が変わります

例えば自動車保険の補償範囲が「運転者が契約者のみ」の場合は、「契約者の家族も含める」場合よりも保険料を安く抑えることが可能◎

契約車両の主な運転手は誰でどこへ運転することが多いのか、保険料を必要最低限で抑えるために細かく整理しておきましょう。

年間の自動車保険料を確認する

2つ目の自動車保険を選ぶ際のポイントは、年間の自動車保険料を確認することです。

年間の自動車保険料を契約前に確認し比べることで、最も安い保険会社の把握が可能

自動車保険の各公式サイトで契約前に年間保険料が見積もりシミュレーションできるため、忘れずに確認しましょう。

ただ年間の自動車保険を比較する際は補償内容を統一する必要があるため注意してください。

「安い自動車保険を探している」という方は、年間の自動車保険料をいくつか比較検討するのがおすすめです!

事故後の対応を確認する

自動車保険選びの3つ目のポイントとして、事故後の対応の確認も忘れないでください。

事故後の対応は保険会社によって差が出るため、万が一の時に頼りがいのある自動車保険を選択したいですよね。

各自動車保険会社のホームページで、事故後の対応方法について確認することができます。

とは言え「本当にこの対応で大丈夫なの?」とご不安な方は、公式サイトだけでなく口コミや評価を参考にしてみてください。

「子供への補償範囲」の料金も考慮する

「免許取得済みの子供と同居している」「もうすぐ子供が免許を取得する」という場合は、子供が契約車両の運転をするか否かを想定した補償内容にしましょう。

「子供の運転を考慮した保険料」と「子供の運転を考慮しない保険料」の差額を把握することが大切です。

基本的には運転者の年齢範囲を広げる分、子供の運転を考慮した保険料のほうが高くなります。
そこまで頻繁に運転手にならないのであれば、子供の運転を考慮せず保険を選びましょう。

とは言え補償の面から見れば、お子さんの安全のためにも保険内容は充実させておきたいところ。

差額が大きい場合は、子供が車を使用する1日のみ『1日自動車保険』を適用するという選択肢もありますよ。

40代における自動車保険の補償の選び方【ポイント4選】

40代における自動車保険の補償の選び方には、ポイントが4つあります。

  • 相手方への補償内容
  • 自分や同乗者への補償内容
  • 車両保険の内容
  • その他の補償内容

対人・対物や契約車両に対して等どこまで補償するかで保険料が異なるため、各補償内容を理解し選ぶことが大切です。

40代が自動車保険を選ぶ際に注意すべきそれぞれの補償内容について、詳しく解説します。

相手方への補償内容

自動車保険を選ぶ際には、まず「相手方への補償内容」について確認しましょう。

自動車事故における相手方への補償内容には、2つ種類があります。

  • 対物賠償保険:事故相手の物を対象とした補償
  • 対人賠償保険:事故相手の人を対象とした補償

事故によっては費用が高額になる可能性もあるため、「相手方への補償」は無制限で補償される保険内容がおすすめです。

万が一の事故時に支払えない……」とならないように、自動車保険の補償でしっかりカバーできるようにしましょう◎

自分や同乗者への補償内容

自動車保険を選ぶ際は、自分自身や同乗者への補償内容も理解し決める必要があります。

万が一の事故の際に自分や同乗者に支払われる保険金の支払条件は以下2つです。

  • 怪我をした場合
  • 死亡や後遺障害を負った場合

自動車保険では事故による怪我などの具合によって、どれだけ保険金が支払われるかを事前に選択できます。

万が一の際の自分や同乗者の身体に関わることですので、手厚い補償内容を選ぶようにしましょう。

車両保険の内容

自動車保険の補償を選ぶポイントの1つとして、自分の車に対しての補償内容をどうするかも重要です。

補償範囲を限定すると自動車保険料は安くなりますが、被害にあった時に補償されないと困るため保険料のバランスを見て決めましょう。

車両保険に加入する場合は車を事故修理する場合の保険上限金額を設定する必要があり、車の価値などを考慮して決めます。

自分で車の価値を判断できず車両保険の内容をどうすべきがわからないときは、自動車保険会社に相談してみましょう。

その他の補償内容

自動車保険には以下のような運転中トラブルに見舞われた際の補償などもあり、付帯すべきか判断する必要があります。

  • 他車運転特約
  • ロードアシスタンス特約

他車運転特約」とは、契約車両以外の車を運転し事故を起こした際に補償される保険を指します。

運転中のパンクなどトラブルの際に応急処置もしくはレッカー移動してもらえる「ロードアシスタンス特約」の補償内容も加入しておくと安心です。

車のトラブルや事故は「いつ起こるか」や「どの車両で起こるか」などは予測できないため、乗車頻度や料金をふまえて必要なものを判断しましょう◎

自動車保険は2種類ある

自動車保険には2つの種類があります。

  • 代理店型の自動車保険
  • ダイレクト型(通販型)の自動車保険

同じ自動車保険を取り扱っていても、「代理店型」と「通販型」ではサービス内容が異なり金額も変わるのです。

代理店型」と「ダイレクト型(通販型)」それぞれの自動車保険にはどんな特徴があるのか、詳しく解説します。

代理店型の自動車保険

代理店型の自動車保険は店舗を構えて営業する保険会社のことで、何かあれば店舗で相談することができます。

契約者に営業担当者が付き保険内容の説明をしてもらえるので、自分に合った自動車保険を簡単に見つけられるでしょう。

自動車保険に対してわからないことをその場で聞けるのは「代理店型」のメリットですね◎

しかし利便性と安心に特化している反面、ダイレクト型(通販型)自動車保険に比べ保険料は高くなります。

ダイレクト型(通販型)の自動車保険

ダイレクト型(通販型)自動車保険は、店舗を持たずネットから自動車保険に加入するタイプの保険です。

ネットから加入する自動車保険なので自分で補償内容を調べて、乗り方に合った自動車保険を選択する必要があります。

困ったときでも「お客様サポート」が用意されているケースが多いため、電話で気軽に相談が可能

代理店型の自動車保険と比較しても「ダイレクト型」の補償内容に差はないので、安心して利用できますね♪

ダイレクト型(通販型)自動車保険は自分に合った補償内容を選択でき、代理店型と比べ年間保険料も安いのも特徴です。

【コツは3つ】40代の自動車保険料を安くする方法

自動車保険料を安くするコツは主に以下の3つがあります。

  • ダイレクト型(通販型)自動車保険を活用する
  • 割引制度を活用する
  • 複数の自動車保険を比較する

上記3つのコツを理解し自動車保険を賢く選ぶことで、同じ補償内容でも保険料を安くすることが可能です◎

ここからは自動車保険料を安くするコツ3つを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

1.ダイレクト型(通販型)自動車保険を活用する

自動車保険料を安くするコツとして、ダイレクト型(通販型)自動車保険を活用する方法があります。

通販型の自動車保険は店舗運営費や人件費が抑えられる分、代理店型の自動車保険よりも年間の保険料を抑えることが可能!

ダイレクト型(通販型)自動車保険はコスト削減した分を、契約者還元分として保険料を安く設定できます。

月額料金の安い自動車保険を選ぶなら、ダイレクト型(通販型)を利用しましょう♪

2. 割引制度を活用する

40代の自動車保険料を安くするなら、割引制度をうまく活用しましょう。

自動車保険にはネット申込み割引家族割引など、様々な割引制度が多様に用意されている場合も。

割引が適用される加入方法を選択することで、自動車保険料の金額を下げられ月額料金も安くなるのでおすすめです。

40代で自動車保険に初めて加入する場合は、各保険会社の割引制度をうまく活用しましょう◎

各保険会社が実施している乗り換えキャンペーンも確認しておくと更にお得になる可能性もあります!

▼自動車保険のキャンペーンについは以下記事にまとめているので参考にしてください。
>>自動車保険キャンペーンでもらえるプレゼント一覧!保険をお得に乗り換える方法も解説

3.複数の自動車保険を比較する

40代で安い自動車保険に加入するなら、複数の自動車保険を比較しましょう。

ダイレクト型(通販型)自動車保険で補償内容が同じだとしても、保険会社によって月額の保険料は異なります

複数の保険会社に見積もり依頼し比較することで、一番安い自動車保険が簡単に見つかるでしょう◎

自動車保険はネットから無料で見積もりシミュレーションできるので、気軽に見積もりしてみてください!

複数の自動車保険保険を比較するならインズウェブが便利!

インズウェブ

画像引用元:インズウェブ公式サイト

40代の自動車保険を安くする方法の1つとして「複数の自動車保険を比較する」と紹介しましたが、比較するのに最もおすすめなのは「インズウェブ」を活用することです!

【インズウェブがおすすめな理由】

  1. 最大20社へ見積もりの一括依頼ができる
  2. 利用は無料!最短3分で見積もり表示

  3. 累計利用者数が1000万人超え!確かな実績アリ

インズウェブは、車や保険証券などの簡単な情報を入力するだけで最短3分最大20社の保険会社への一括見積もり依頼が可能です。

「自動車保険を比較検討したいけど、1社ずつ調べて見積もり依頼するのが面倒……」という方も、インズウェブなら簡単にまとめて比較検討できます。

またインズウェブは累計利用者数が1000万人を突破し「平均で約3万円の節約に繋がった」という実績も!

「節約できる」というのは多くの利用者のアンケート結果から出た確かな実績ですので、気になる方は「インズウェブ」で気軽に見積もり依頼してみてください!

\最短3分で見積り確認できる/
インズウェブの一括見積もりで
安い自動車保険を探す

インズウェブの公式サイトはこちら
https://www.insweb.co.jp/

※最大20社からの見積もりをリアルタイム表示※

自動車保険料の基礎知識

ここでは以下2つの自動車保険料の基礎知識を紹介します。

  • 自動車保険料の内訳
  • 自動車保険の等級と割引率

紹介する基礎知識を活かして、より納得のいくお得な自動車保険を探してみてください!

自動車保険料の内訳

契約者が支払う自動車保険料の内訳は以下の通り。

  • 純保険料保険会社が損害などの支払いに充てる保険料
  • 付加保険料:保険会社が会社を運営するために必要な事業費に充てられる保険料

純保険料はどの保険会社も一律ですが、付加保険料で差がでるため保険料が安い会社と高い会社が存在します。

自動車保険を選ぶ際には、会社ごとに異なる「付加保険料」に注目して選ぶのが大切だと言えますね。

自動車保険の等級と割引率

自動車保険料は保険会社が定めた金額もありますが、個人の等級によっても割引率が異なるのも特徴。

等級が高ければ割引率も高くなり、年間保険料がより安くなるのです。
(※参考:損害保険料率算出機構 ノンフリート等級制度における「事故あり」と「無事故」の割引率の比較)

初めて自動車保険に加入する方は6等級からスタートとなり、20等級との割引率の差は44%と保険料に大きな差がでます。

自分の等級での保険料はいくらだろう?」と気になる方は、保険会社の見積もりシミュレーションを利用してみましょう!

40代の自動車保険についてよくある質問

40代の自動車保険についてよくある質問を紹介します。

自動車保険に加入する前に上記のような疑問は解消しておきたいことでしょう。

40代で「子供に等級を引き継いで新規加入する場合の等級はどうなるのか?」などの質問に詳しく回答していきます。

40代で6等級の自動車保険の平均相場や月額は?

40代で6等級の自動車保険の平均相場や月額料金は、補償内容によって変わるため一概に値段を言うことはできません。

契約車両が普通車軽自動車かでも保険料は異なります。

「自動車保険の具体的な保険料が知りたい」という方は、おすすめの『おとなの自動車保険』などで見積もり依頼してみましょう!

\安い自動車保険をお探しなら!/
おとなの自動車保険で
見積もりシミュレーションしてみよう!

公式サイトはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/

『おとなの自動車保険』なら走行距離に合わせた支払いが可能◎

40代における軽自動車の自動車保険の相場は?

40代における軽自動車の自動車保険料の相場は、等級や補償内容によって異なるため一概にお伝えすることはできません。

契約車両が新しめか、年数が数年経過しているかでも自動車保険料は変わります。

今乗っている軽自動車の保険料の相場が知りたければ、複数の会社で見積もりシミュレーションし比較してみてください。

40代で自動車保険に初めて加入する場合の等級は?

40代など年齢に関係なく、自動車保険に初めて加入する場合の等級は6等級からスタートです。。

おとなの自動車保険』であれば、先述したように年齢ごとの事故率の低さを保険料に反映できます。
例えまだ6等級であっても、40代であれば保険料をグッと抑えることが可能です◎

「40代でも等級が低くて保険料が割高…」とお悩みの方は、ぜひ『おとなの自動車保険』で見積もりしてみましょう!

自動車保険を40歳以上に限定すると安くなる?

保険会社によっては、自動車保険を40歳以上限定にすると安くできるケースもあります。

他にも自動車保険料を安くするコツとして、運転者を被保険者のみにするなどの方法も。

補償内容・範囲を充実させたい!」という方は、保険料が安くランキング上位の『おとなの自動車保険で見積もりしてみてくださいね!

【記事まとめ】40代における自動車保険について

今回の記事では、以下のような自動車保険の選び方ポイント保険料を安くするコツなどを紹介してきました。

  • 安くするコツ①:ダイレクト型(通販型)自動車保険の活用
  • 安くするコツ②:割引制度の活用
  • 安くするコツ③:複数の自動車保険を比較
  • 選び方ポイント①:車の使用用途を整理する
  • 選び方ポイント②:年間の自動車保険料を確認する
  • 選び方ポイント③:事故後の対応を確認する
  • 選び方ポイント④:子供が免許取得した場合の料金も考慮する

40代の方でよりお得な自動車保険に加入したい方は、ぜひ紹介したポイントやコツを活かしてみてください♪

当記事でご紹介した『おとなの自動車保険』は、40代の方にはぴったりな内容です。

40代の自動車保険料をお得に済ませたい!」とご希望の方は、ぜひ以下ボタンから気軽に見積もりを依頼してみてくださいね◎

\40代に合う安い自動車保険をお探しなら!/
おとなの自動車保険で
見積もりシミュレーションしてみよう♪

公式サイトはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/

『おとなの自動車保険』の無駄のない補償内容で保険料を抑えよう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次