40代におすすめの安い自動車保険とは?平均の月額料金や安くするコツも解説

40代におすすめの自動車保険とは?

※本ページはプロモーションが含まれています。

「40代でおすすめの自動車保険は、何があるの?」

「お得に使える、自動車保険のキャンペーンを知りたい。」

40代は何かと生活費や趣味に投資する機会も増えてくる世代で、支払っている固定費を抑えたい方は多いのではないでしょうか。

その中でも自動車保険料を見直す40代は、以下のアンケート調査からも分かりますがとても増えています

40代 自動車保険 見直したい理由

本記事では40代の自動車保険料の相場感や選び方も踏まえて、分かりやすく解説しているのでぜひ参考にしてください。

40代で特におすすめの自動車保険なら
コスパ最高のおとなの自動車保険
おとなの自動車保険のlp画像
画像引用元:おとなの自動車保険公式サイト

おとなの自動車保険は40代での利用なら、事故率が低い世代として保険料が割安に契約できます

また必要な補償だけを選んで賢く節約できるため、無駄のない自動車保険としても人気です。

安さと無駄のないおとなの自動車保険が40代にも選ばれる特徴は、以下の通り。

  • 理想的な自動車保険を組み立てられる
  • 1歳きざみで保険料体系を見直し
  • 24時間365日ALSOKの無料サポート

さらに年間の走行距離に応じて保険料が見直しされるため、あまり走らなかった年は安くなるのも嬉しいポイントです。

40代で初めての方から現状の保険料を見直したい方は、ぜひコスパ最高のおとなの自動車保険を利用しましょう

\40代で人気の自動車保険

おとなの自動車保険公式サイト
https://www.ins-saison.co.jp/otona/
※ネット割引アリ※

※この記事では、第三者機関のクラウドワークスで調査したアンケート内容を根拠として記事を執筆しています。

目次

40代の自動車保険の相場はいくら?【初めての方も必見】

自動車保険 40代 50代 月額
自動車保険 40代 最も重視すること

約半数が保険内容の安さを重要視している、という結果でした。

40代の自動車保険の年間・月額相場は、等級ごとに大きく異なるのが特徴です。

自賠責保険とは違い任意保険には1~20までの区分があり、契約者の事故リスクに応じた等級が適用されます。

等級とは

保険に初めて加入する際は6等級からスタートし、期間内に保険を使用しなければ1年ごとに1等級ずつグレードアップします。

反対に事故を起こして保険金を利用した場合は、1~3等級ダウンとなり毎月の保険料が高くなる仕組みです。

ここからは以下2つの例をもとに、40代の自動車保険の月額・年間相場を紹介します。

初めての自動車保険と一番割引率の高い20等級の相場の違いがわかるので、ぜひ参考にしてください。

40代で初めて(6等級)自動車保険に契約した場合の月額・年間相場

40代の方が日常・レジャー使用目的で初めて(6等級)自動車保険に加入する場合の月額・年間相場は、以下の通りです。

プラン内容月額料金年間料金
車両保険なしプラン2,450~3,734円27,270~44,090円
車両保険ありプラン4,500~9,141円50,000~109,690円
出典元:Rakuten保険一括見積もり

また契約車両のグレードや契約者本人の免許証の色(※)、契約手続き方法によっても料金は変わります

※運転免許証の色の種類
ゴールド 【優良運転者】 対象者:免許証を5年以上継続して保有かつ無事故・無違反の方 有効期限:5年
ブルー 【一般運転者】 対象者:免許証を5年以上継続して保有かつ3点以下の違反が1回のみの方 有効期限:5年 【違反運転者】 対象者:複数回の違反または怪我を伴う事故を起こした方 有効期限:3年 【初回更新者】 対象者:免許証の保有期間が5年未満かつ違反運転者講習の区分に該当しない方 有効期限:3年
グリーン 【新規取得者】 対象者:初めて運転免許証を取得する方 有効期限:3年

参照:千葉県警察

ダイレクト型(通販型)は代理店手数料がかからない分安めに設定されているので、なるべく保険料を抑えたい方におすすめです。

【関連記事】
安い自動車保険のおすすめが気になる方はこちら

40代で20等級で自動車保険に契約した場合の月額・年間相場

40代の方20等級で自動車保険に加入する場合の月額・年間相場は、以下の通りです。

プラン内容月額料金年間料金
車両保険なしプラン1,246~1,829円14,240~20,910円
車両保険ありプラン2,226~4,032円25,440~46,090円
出典元:ソニー損保

事故リスクが低い20等級は区分の中で最も割引率が高く、料金相場は6等級の約半分以下

また年間の保険料を12分割する月額払いは、1回の出費が少なく家計の負担を抑えられるのが大きなメリットです。

ただし月額払いは5%程度の分割手数料が上乗せとなるため、年間払いと総額で比べると割高になるデメリットもあります。

メリットとデメリットを比較して、自分に合う支払い方法を選択しましょう。

40代におすすめの自動車保険を紹介!
※タップすると該当見出しにスクロールします

40代の自動車保険料を安くする3つのコツ

自動車保険料を安くするコツは、主に以下の3つがあります。

3つのコツを理解し自動車保険を賢く選ぶことで、同じ補償内容でも保険料を安くできるのでぜひ最後まで参考にしてください。

複数の自動車保険を比較する

40代で安い自動車保険に加入するなら、複数の自動車保険を比較しましょう。

40代 自動車保険 見積比較

1〜2社のみが7割以上と、ほとんどの人が他者と比較せずに決めています。

またダイレクト型(通販型)自動車保険で補償内容が同じだとしても、保険会社によって月額の保険料は異なります

自動車保険に加入する際に後悔や失敗をしないためには、しっかりと複数の保険会社と比較しましょう。

自動車保険 月額料金 利用者割合

さらに40代で約6割・50代では約9割もの人が、1万円以内に保険料を抑えられていることも分かりました。

各自動車保険はネットから無料で見積もりシミュレーションできるので、気軽に見積もりしてみましょう♪

40代におすすめの自動車保険を紹介!
※タップすると該当見出しにスクロールします

ダイレクト型(通販型)自動車保険を活用する

自動車保険料を安くするコツとして、ダイレクト型(通販型)自動車保険を活用する方法があります。

代理店型 通販型 保険料の仕組み

画像引用元:チューリッヒ保険会社

通販型の自動車保険は店舗運営費や人件費が抑えられる分、代理店型の自動車保険よりも年間の保険料を抑えることが可能!

たとえば、おとなの自動車保険であれば、以下のように保険料を安く抑えられます。

おとなの自動車保険 平均節約額

画像引用元:おとなの自動車保険

代理店型保険から切り替えた人でこれだけの保険料を安く抑えられるので、ダイレクト型(通販型)自動車保険がおすすめです。

月額料金の安い自動車保険を選ぶなら、ダイレクト型(通販型)を利用しましょう♪

割引制度を活用する

おとなの自動車保険 割引

画像引用元:おとなの自動車保険

40代の自動車保険料を安くするなら、割引制度をうまく活用しましょう。

自動車保険にはネット申込み割引家族割引など、様々な割引制度が多様に用意されている場合も。

割引が適用される加入方法を選択することで、自動車保険料の金額を下げられ月額料金も安くなるのでおすすめです。

40代で自動車保険に初めて加入する場合は、各保険会社の割引制度をうまく活用しましょう◎

自動車保険会社が実施している乗り換えキャンペーンも確認しておくと更にお得になる可能性もあります!

40代におすすめの自動車保険会社を徹底比較

40代向けおすすめの自動車保険会社を比較し、ランキング表としてまとめました。

スクロールできます
おすすめの自動車保険
※タップすると該当見出しにスクロールします
契約方式補償内容割引
三井ダイレクト損保のロゴ
三井ダイレクト損害保険
ダイレクト型・対人賠償保険
・対物賠償保険
・インターネット契約割引
・eサービス(証券不発行)割引
・継続割引
・長期無事故割引
・長期無事故割引プラス
・複数台割引
・紹介割引
おとなの自動車保険 ロゴ画像
おとなの自動車保険
ダイレクト型・対人賠償保険
・対物賠償保険
・人身傷害保険
・無保険車傷害
・他車運転特約
・ネット割
・早割
・自動ブレーキ(ASV)割引
・電気/ハイブリッド車で1,200円割引
・ゴールド免許割引
・おとなの2代目割引
チューリッヒのロゴ
チューリッヒ保険
ダイレクト型・対人賠償保険
・対物賠償保険
・人身傷害保険
・人身傷害定額払保険
・搭乗者傷害保険
・車両保険
・インターネット割引
・e証券割引
・早期契約割引
・新車割引
・エコカー割引
・自動ブレーキ割引
・ゴールド免許割引
・紹介割引

大手から中小企業まである豊富な自動車保険ですが、中でも40代へ特におすすめな自動車保険を紹介します。

特徴やおすすめな理由を詳しく解説するため、40代で自動車保険を探す方はぜひ参考にしてください!

【関連記事】
安い自動車保険のおすすめが気になる方はこちら

三井ダイレクト損保保険|事故受付は24時間365日対応

画像引用元:三井ダイレクト損保公式サイト

40代におすすめの自動車保険1位は、高クオリティのサービス内容で保険料の節約を叶えられる三井ダイレクト損害保険です。

三井ダイレクト損害保険の40代でのおすすめポイントは、以下の通り。

  • 事故が起きたらレスキュードラレコ(ドラレコ特約)で安否確認デスクに自動連絡
  • ネット型で中間コストがかからないから他社よりも平均22,459円(注1)も節約
  • 自分に合った補償プランもコンシェルジュに相談可能
  • 事故受け付けは24時間365日対応
  • 徹底したお客様目線を追求した自動車保険

またネット型自動車保険初(注2)のサービスで、事故時に自動で保険会社とつながるのでいざという時も安心。

40代の自動車保険で万が一の際に心強いサービスを探している方は、三井ダイレクト損害保険で見積もりをしてみましょう!

アンケートの概要

(注1)【アンケート実施概要】有効回答数:1,534人/対象期間:2022年8月1日~2022年8月8日/回答方法:インターネット調査/アンケート対象者:2022年1月始期~2022年6月始期の自動車保険契約者/集計方法:以前ご契約されていた保険会社が大手損害保険会社(4社)と回答された方の中で、以前ご契約されていた保険料と比べて、「少し安くなった」~「とても安くなった」と回答頂いた303人の平均節約金額/お客さまからのアンケート回答(契約条件の相違も含む)を集計
 (注2)2022年9月時点 三井ダイレクト損害保険調べ

\事故対応が心強い!/
三井ダイレクト損保保険で
気軽に無料見積もりする
詳細はこちら
https://www.mitsui-direct.co.jp/car/
いつでも専門プロチームが対応◎

おとなの自動車保険|事故率の低い40代は安くなる!

おとなの自動車保険のlp画像
画像引用元:おとなの自動車保険公式サイト

40代におすすめの自動車保険2位は、おとなの自動車保険です!

おとなの自動車保険のおすすめポイントは、以下の5つがあります。

  • 事故率の低い40代は安くなる
  • 様々な割引制度がある
  • 走行距離に合った料金体系
  • 事故対応が充実している
  • 親子の保険料が最低限に抑えられる

また弊社の独自調査によると、おとなの自動車保険の年齢層は次のとおりです。

おとなの自動車保険 年齢層

40代の人が約3割と最も多い割合で、おとなの自動車保険を利用されているとわかります。

\40代で人気の自動車保険

おとなの自動車保険公式サイト
https://www.ins-saison.co.jp/otona/
※ネット割引アリ※

おとなの自動車保険の40代利用者の満足度は7割以上

おとなの自動車保険を利用している40代で保険の見直しを考えている人は26%、見直しを考えていない人が74%です。

おとなの自動車保険 見直し 割合

7割以上が見直しを考えていないことから、おとなの自動車保険に満足している40代は多いとわかります。

40代利用者の約6割は月額10,000円以内

おとなの自動車保険 月額料金 40代

約6割は10,000円以内に抑えられており、次に多いのが20,000円〜30,000円という結果になりました。

おとなの自動車保険を選んだ理由では、約7割の人が保険料が安かったことを理由に選んでいるようです。

また親子で加入したい場合でも、追加保険料を支払うだけなので新規で加入するよりも金額を大幅に抑えられます

事故対応についても業界初のALSOK事故現場安心サポートがついているため、安い上に補償内容も安心だと高評価です♪

おとなの自動車保険の口コミ

おとなの自動車保険 40代 選んだ理由

40代の利用者に限定して、弊社の独自調査によるおとなの自動車保険の口コミや選んだ理由を紹介します。

ネット申込みで割引きになる。 ゴールド免許で割引きになる。 運転手が40代だと安い。 ネットに慣れていれば特に戸惑うこともないし かえって気楽に申し込める。

良かった点としては40代から50代におすすめな保険であり、年間走行距離分のみ保険料に反映されていること。また保険料を抑えられる割引プランが豊富であることです。

車を手放し、保険を解約して数年経ちますが、20代に比べて30代、40代になると保険料が安くなるのが魅力的でした。 当時ネット見積もりしてもかなり安かったと記憶しています。

おとなの自動車保険は割引制度が豊富なため、保険料が安くなるのが魅力的と評判です。

最大のおすすめポイントである料金の安さは、実際の利用者からしても高評価なので利用する方が増えています。

そのため自動車保険の料金が気になる人には、費用の負担が少なくなるおとなの自動車保険がおすすめです。

口コミでも評判の安さで選ぶなら満足度も高い、おとなの自動車保険で1度シミュレーションを試してください

\40代で人気の自動車保険

おとなの自動車保険公式サイト
https://www.ins-saison.co.jp/otona/
※ネット割引アリ※

チューリッヒ保険|年間の自動車保険料が平均より節約可能!

チューリッヒ自動車保険

画像引用元:チューリッヒ公式サイト

40代におすすめの自動車保険3位は、合理的かつおトクな保険料で提供しているチューリッヒ保険です。

弊社が独自に調査した「チューリッヒの利用者の年齢層」は次のとおりです。

チューリッヒ 年齢層

30代に次いで40代は約3割で2位なので、多くの40代がチューリッヒ保険を利用しているとわかります。

  • 自分専用の補償内容を組めておトク
  • ダイレクト販売で大幅な保険料引き下げを実現
  • 豊富な割引で料金がさらに安くなる
  • 業界最高レベルのロードサービスが受けられる
  • 事故対応満足度も92.5%(※1)と事故対応時も安心 (※1)調査期間:2021年4月~2022年3月 事故対応満足度(当社調べ)。数値はサービスへの満足度(5段階)のうち、「満足」「やや満足」「普通」の合計値。

弊社が独自で調査したアンケート結果を用いて、チューリッヒ保険がおすすめできる理由を以下の項目に分けて解説します。

次の見出しでは、チューリッヒ保険を利用している40代の満足度について紹介します。

40代利用者の満足度は6割以上

弊社が独自でおこなった「チューリッヒを利用している人の中で見直しを考えているか」のアンケートは次のとおりです。

チューリッヒ 見直し

チューリッヒ保険の利用者で保険を見直したい人は36%、見直しを考えていない人は64%です。

よって、6割以上がチューリッヒ保険に満足しているとわかります。

次の見出しでは、チューリッヒのおすすめポイントを紹介しています。

40代利用者の半数は10,000円以内

保険料満足度93.8%(※2)以上、年間保険料が平均24,797円節約(※3)できたと利用者から高評価を受けている「チューリッヒ保険」。
(※2)2023年8月チューリッヒ自社調べ
(※3)大手損害保険会社(4社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:464件/ 集計期間:2022年9月-2022年10月)
保険料を節約できたお客さまが申告された、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

弊社独自の調査によると、「チューリッヒの40代利用者の月額料金」は次のとおりです。

チューリッヒ 月額料金

約半数の人が10,000円以内に保険料を抑えられており、つぎに多いのが10,000~20,000円です。

チューリッヒでは、5つの基本保障に加えて「オプション保障」を自由に選べる、無駄のない補償内容が特徴的です。

チューリッヒ オプション補償

画像引用元:チューリッヒ公式サイト

必要のない補償はつけないことで、保険料も最低限に抑えられる可能性が期待できます。

チューリッヒ保険の口コミ

チューリッヒ 選んだ理由 40代

「保険料が安かったから」が半数で1位、「補償内容が充実していたから」が4割で2位という結果です。

良かった点としてはロードサービスが大変満足でき、24時間体制で対応をしてくれること。また一人一人に合わせた保険料が設定されているのでお得な割引が充実していることです。

安いことと知名度があることが良い部分と思います。 サービスも特に悪かったり、困ったこともありませんでした。

補償内容、特約をカスタマイズできるところ。 インターネット割引、e証券割引や早期割引特典のほか、ロードサービスもしっかりしているのでJAFの加入も辞めることができ、割安感がある。

チューリッヒ保険では様々な割引を利用できる点と、補償内容や特約をカスタマイズできる点が評判です。

またロードサービスもしっかりしているため、万が一何かあった際には24時間体制で対応してくれるのも安心できます。

保険料を安さや対応の良さを重視する人には、チューリッヒ保険がおすすめです。

40代におすすめで自分に合った自動車保険を探しているという方は、チューリッヒ保険で見積もりをしてみましょう!

\最大21,000円も割引に/
チューリッヒ保険で
気軽に無料見積もりする
公式サイトはこちら
https://www.zurich.co.jp/car/
※年間保険料が大幅節約できる※

40代の自動車保険料が安い3つの理由

40代の自動車保険料の相場は年間3~5万円台と言われており、これは10代・20代と比べると約1/3と非常に安くなっています。
※ただし等級・契約内容によって異なるためあくまで参考です。

SBI損保の年齢別の平均保険料を参考にすると、40代は車両保険なしの場合は39,322円、車両保険ありの場合が67,874円です。

40代 自動車保険 相場

画像引用元:SBI損保

25歳の平均保険料と比べると、約3〜5万円は安くなる傾向です。

40代の自動車保険料が安い理由は、主に以下3つが挙げられます。

  • 割引率が高い等級になっているから
  • 事故が少ない年代だから
  • 運転者条件の設定で保険料を安くできるから

自動車保険料は年齢別の事故率データ等級によって値段が変わるケースが多いです。

例えば30代の配偶者がいる方は自動車保険の年齢条件を変更する必要がある関係で、保険料自体が安くなる場合もあります。

割引率が高い等級になっているから

40代では割引率が高い等級になっているというのも、自動車保険料が安いことの1つの要因です。

自動車保険は使用することなく年数が経過すると、6等級~20等級まで保険等級が上がり割引率も増えていく仕組み。

自動車保険 等級

画像引用元:保険スクエアbang!

過去に保険を使用していなければ、最高等級の20等級の40代の方もいるでしょう。

このように、プランによりますが年間13,480円以上も保険料が安く抑えられます。

事故が少ない年代だから

40代の自動車保険料が安い理由の1つとして、事故が少ない年代だからです。

事故率が低いと保険を使用して損害賠償する可能性も低いため、保険会社にとってもリスクが低いと判断します。

また自動車保険に入りなおして6等級になったとしても、40代なら他の年代と比べて割安の保険料となるでしょう。

事故が少ない年代だからこそ割引が豊富な、おとなの自動車保険を有効活用しましょう♪

運転者条件の設定で保険料を安くできるから

40代の自動車保険の相場が安いのは、以下2パターンで運転者条件を設定すると保険料を抑えられるためです。

  • 記名被保険者(本人)と配偶者など運転者を限定する
  • 21歳以上や35歳以上など運転者の年齢を限定する

自動車保険には「記名被保険者(本人)」「本人と配偶者」など運転者を限定することで、保険料を割り引くサービスがあります。

誰でも補償対象になる「運転者限定なし」の設定から補償対象者を狭めることにより、保険料を安くする特約です。

また運転者の年齢を21歳以上や35歳以上などと限定して、保険料を割り引く運転者年齢条件特約もあります。

運転歴の浅い20~30代より40代以上の方が事故率が低い傾向があるため、対象年齢が狭いほど保険料がお得です。

保険加入中でも条件は変更可能なので、料金を安く抑えたい方は一度運転者条件を見直してみてください。

【どこにするか悩んだときに】おすすめの一括見積もりサイト

どの自動車保険会社を選ぶか迷ったときは、一括見積りサイトを利用すると良いでしょう。

おすすめの案件特徴
インズウェブのロゴ
インズウェブ
・SBIホールディングスが運営をしている
・自動車保険以外にも取り扱いがある
・一括見積もりは最大20社でみれる
保険スクエアバンのロゴ
保険スクエアbang!
・最大17社の保険会社を一括査定
・実例集をマンガで記事公開している
・プロからアドバイスがもらえる
保険市場 ロゴ画像
保険市場
・多種多様な保険を査定できる
・公式アプリがある
・厳選した12社の保険会社で一括査定

紹介しているサイトは無料で見積もりが取れるため、ぜひ気軽に利用して自分に合った保険会社を選びましょう。

インズウェブ|最大20社比較で保険料が安くなる!

インズウェブLP画像

画像引用元:インズウェブ公式サイト

一括見積りサイトを使い複数の自動車保険会社を比較したいなら、インズウェブがおすすめ!

インズウェブは最大20社の保険会社を最短3分で比較でき、試算の結果をすぐに知れる点が魅力です。

【インズウェブがおすすめな理由】

  • 最大20社へ見積もりの一括依頼ができる
  • 利用は無料最短3分で見積もり表示
  • 累計利用者数が1000万人超え!確かな実績アリ

1社ずつ調べて見積もりを取るのに比べて圧倒的に手間がかからないので、じっくりと検討できます。

インズウェブの利用者は平均で自動車保険料が年間約3万円以上安くなっており、中には5万円以上安くなった人も。
※インスウェブを初めて利用された方2021年公式アンケートより

年代ごとにお得な保険会社は変わるため、昔から保険会社を変えていない方でも保険料節約のチャンスがあります。

保険料を今よりも安くしたいという方は、以下のボタンからぜひインズウェブを利用してみましょう!

最短3分で無料見積り!

インズウェブ公式サイト
https://www.insweb.co.jp/
※保険料がリアルタイムで分かる※

【関連記事】
インズウェブの評判が気になる方はこちら

保険スクエアbang!|初心者でも安心のFPや弁護士がアドバイス

保険スクエアbang! LP画像
画像引用元:保険スクエアbang!公式サイト

保険スクエアbang!は、17社の保険会社を一括査定することができます。

入力もたったの3分程度で比較が把握できるため、忙しい方や簡単に見たい方はとても便利です。

保険スクエアbang!の特徴
  • 最新の情報をHPからキャッチできる
  • 20年以上の運営実績がある
  • 専門家のアドバイスがもらえる

また注意すべきポイントやよくある問題の対処法を、マンガで紹介しているので分かりやすく参考にできます。

自分が気になった保険会社を一括で査定し納得の保険を利用したい方は、運営実績のある保険スクエアbang!で試しましょう!

プロのアドバイスが満載!

保険スクエアbang!公式サイト
https://www.bang.co.jp/
※17社の一括見積もりが可能※

保険市場|厳選12社の保険を一括見積り!

保険市場のLP画像

画像引用元:保険市場公式サイト

自動車保険の一括見積りサイト保険市場は、東証プライム市場上場企業が運営しており人気を集めています。

保険料だけでなく各社の事故時の対応・ロードサービス・割引情報などを一覧で比較できるので、初心者でも安心して利用できるでしょう。

保険市場がおすすめな理由

  • 最短3分!厳選した保険会社12社無料で一括見積り
  • 補償サービスが一覧で比較できる
  • お得な優待サービスあり!

保険市場を利用して自動車保険を契約した方は「クラブオフ」という優待サービスが受けられ、レジャー等がお得になります。

優待サービスの情報

宿泊最大80%OFF
(国内約20,000軒のホテル・旅館)
レジャー最大65%OFF
(全国約1,000ヶ所の遊園地・テーマパーク)
映画会員優待価格
(全国約300館の映画館)
日帰り湯最大60%OFF
(全国約1,000カ所の日帰り湯施設)

優待サービスは同居している家族みんなで使えるので、お出かけや旅行の際に便利です。

家族や友人と車で出かけることが多く、自動車保険を安くしたい方はぜひ見積りしてみて下さい!

厳選12社を比較できる

保険市場公式サイト
https://www.hokende.com/

※入力最短3分で無料一括見積り!※

40代の自動車保険の選び方

40代における自動車保険の選び方のポイントは、以下の4つです。

自動車保険を賢く選ぶには、車の使用用途や契約後のライフスタイルの変化を予測する必要があります。

先のことを予測せず余分な補償を付けてしまい「保険料が高くなってしまった」というのは避けたいですよね。

ここからは40代がどのように自動車保険を選ぶと良いのかを一つずつ解説します。

車の使用用途を整理する

自動車保険選びのポイントの1つとして、まずは車の使用用途を明確にしましょう。

「通勤」「買い物」など車の使用用途は様々ですが、「誰がどのように使用するか」で自動車保険の必要な補償内容と値段が変わります

例えば自動車保険の補償範囲が「運転者が契約者のみ」の場合は、「契約者の家族も含める」場合よりも保険料を安く抑えることが可能◎

契約車両の主な運転手は誰でどこへ運転することが多いのか、保険料を必要最低限で抑えるために細かく整理しておきましょう。

年間の自動車保険料を確認する

2つ目の自動車保険を選ぶ際のポイントは、年間の自動車保険料を確認することです。

年間の自動車保険料を契約前に確認し比べることで、最も安い保険会社の把握が可能

自動車保険の各公式サイトで契約前に年間保険料が見積もりシミュレーションできるため、忘れずに確認しましょう。

ただ年間の自動車保険を比較する際は補償内容を統一する必要があるため注意してください。

「安い自動車保険を探している」という方は、年間の自動車保険料をいくつか比較検討するのがおすすめです!

事故後の対応を確認する

自動車保険選びの3つ目のポイントとして、事故後の対応の確認も忘れないでください。

事故後の対応は保険会社によって差が出るため、万が一の時に頼りがいのある自動車保険を選択したいですよね。

各自動車保険会社のホームページで、事故後の対応方法について確認することができます。

とは言え「本当にこの対応で大丈夫なの?」とご不安な方は、公式サイトだけでなく口コミや評価を参考にしてみてください。

子供への補償範囲料金も考慮する

「免許取得済みの子供と同居している」「もうすぐ子供が免許を取得する」という場合は、子供が契約車両の運転をするか否かを想定した補償内容にしましょう。

「子供の運転を考慮した保険料」と「子供の運転を考慮しない保険料」の差額を把握することが大切です。

基本的には運転者の年齢範囲を広げる分、子供の運転を考慮した保険料のほうが高くなります。

そこまで頻繁に運転手にならないのであれば、子供の運転を考慮せず保険を選びましょう。

とは言え補償の面から見れば、お子さんの安全のためにも保険内容は充実させておきたいところ。

差額が大きい場合は、子供が車を使用する1日のみ『1日自動車保険』を適用するという選択肢もありますよ。

40代における自動車保険の補償の選び方【ポイント4選】

40代における自動車保険の補償の選び方には、ポイントが4つあります。

対人・対物や契約車両に対して等どこまで補償するかで保険料が異なるため、各補償内容を理解し選ぶことが大切です。

40代が自動車保険を選ぶ際に注意すべきそれぞれの補償内容について、詳しく解説します。

相手方への補償内容

自動車保険を選ぶ際には、まず「相手方への補償内容」について確認しましょう。

自動車事故における相手方への補償内容には、2つ種類があります。

  • 対物賠償保険:事故相手の物を対象とした補償
  • 対人賠償保険:事故相手の人を対象とした補償

事故によっては費用が高額になる可能性もあるため、「相手方への補償」は無制限で補償される保険内容がおすすめです。

万が一の事故時に支払えない……」とならないように、自動車保険の補償でしっかりカバーできるようにしましょう◎

自分や同乗者への補償内容

自動車保険を選ぶ際は、自分自身や同乗者への補償内容も理解し決める必要があります。

万が一の事故の際に自分や同乗者に支払われる保険金の支払条件は以下2つです。

  • 怪我をした場合
  • 死亡や後遺障害を負った場合

自動車保険では事故による怪我などの具合によって、どれだけ保険金が支払われるかを事前に選択できます。

万が一の際の自分や同乗者の身体に関わることですので、手厚い補償内容を選ぶようにしましょう。

車両保険の内容

自動車保険の補償を選ぶポイントの1つとして、自分の車に対しての補償内容をどうするかも重要です。

補償範囲を限定すると自動車保険料は安くなりますが、被害にあった時に補償されないと困るため保険料のバランスを見て決めましょう。

車両保険に加入する場合は車を事故修理する場合の保険上限金額を設定する必要があり、車の価値などを考慮して決めます。

自分で車の価値を判断できず車両保険の内容をどうすべきがわからないときは、自動車保険会社に相談してみましょう。

その他の補償内容

自動車保険には以下のような運転中トラブルに見舞われた際の補償などもあり、付帯すべきか判断する必要があります。

  • 他車運転特約
  • ロードアシスタンス特約

他車運転特約」とは、契約車両以外の車を運転し事故を起こした際に補償される保険を指します。

運転中のパンクなどトラブルの際に応急処置もしくはレッカー移動してもらえる「ロードアシスタンス特約」の補償内容も加入しておくと安心です。

車のトラブルや事故は「いつ起こるか」や「どの車両で起こるか」などは予測できないため、乗車頻度や料金をふまえて必要なものを判断しましょう◎

自動車保険料の基礎知識

ここでは、2つの自動車保険料の基礎知識を紹介します。

紹介する基礎知識を活かして、より納得のいくお得な自動車保険を探してみてください!

自動車保険料の内訳

契約者が支払う自動車保険料の内訳は、以下の通り。

  • 純保険料保険会社が損害などの支払いに充てる保険料
  • 付加保険料:保険会社が会社を運営するために必要な事業費に充てられる保険料

純保険料はどの保険会社も一律ですが、付加保険料で差がでるため保険料が安い会社と高い会社が存在します。

自動車保険を選ぶ際には、会社ごとに異なる付加保険料に注目して選ぶのが大切だと言えますね。

おすすめの一括見積もり保険が気になる方はこちら
※タップすると該当見出しにスクロールします

自動車保険の等級と割引率

自動車保険料は保険会社が定めた金額もありますが、個人の等級によっても割引率が異なるのも特徴です。

等級が高ければ割引率も高くなり、年間保険料が下がり払う金額も変わります。
(※参考:損害保険料率算出機構 ノンフリート等級制度における「事故あり」と「無事故」の割引率の比較)

初めて自動車保険に加入する方は6等級からスタートとなり、20等級との割引率の差は44%です。

自分の等級での保険料はいくらだろう?と気になる方は、保険会社の見積もりシミュレーションを利用してみましょう!

おすすめの一括見積もり保険が気になる方はこちら
※タップすると該当見出しにスクロールします

40代の自動車保険についてよくある質問

40代の自動車保険について、よくある質問を紹介します。

40代で自動車保険に初加入しても月額料金が高くならないのか解説しているため、気になる方はぜひ参考にしてください。

40代で6等級の自動車保険の平均額は?

40代で6等級の自動車保険の平均相場や月額料金は、補償内容によって変わるため一概に値段を言うことはできません。

契約車両が普通車軽自動車かでも保険料は異なります。

「自動車保険の具体的な保険料が知りたい」という方は、おすすめの『おとなの自動車保険』などで見積もり依頼してみましょう!

軽自動車の自動車保険で40代の相場は?

40代における軽自動車の自動車保険料の相場は、等級や補償内容によって異なるため一概にお伝えすることはできません。

契約車両が新しめか、年数が数年経過しているかでも自動車保険料は変わります。

今乗っている軽自動車の保険料の相場が知りたければ、複数の会社で見積もりシミュレーションし比較してみてください。

40代で自動車保険に初めて加入する場合の等級は?

40代など年齢に関係なく、自動車保険に初めて加入する場合の等級は6等級からスタートです。。

おとなの自動車保険であれば、先述したように年齢ごとの事故率の低さを保険料に反映できます。

例えまだ6等級であっても、40代であれば保険料をグッと抑えることが可能です◎

「40代でも等級が低くて保険料が割高…」とお悩みの方は、ぜひおとなの自動車保険で見積もりしてみましょう!

自動車保険を40歳以上に限定すると安くなる?

保険会社によっては、自動車保険を40歳以上限定にすると安くできるケースもあります。

他にも自動車保険料を安くするコツとして、運転者を被保険者のみにするなどの方法も。

補償内容・範囲を充実させたい!」という方は、保険料が安くランキング上位の『おとなの自動車保険で見積もりしてみてくださいね!

自動車保険で7等級(セカンドカー割引き)でスタートする際の相場は?

7等級(セカンドカー割引き)でスタートする際の相場は、はっきりとは断言できません。

ファミリー向け特約を付帯するか否か、契約車両が新車か中古車かによっても保険料に差が出るためです。

自動車保険に新規加入する際は通常6等級からのスタートですが、セカンドカー割引きを適用すると7等級から加入できます

適用条件がいくつかありますが、現在1台目の車が11等級以上であれば2台目はセカンドカー割引が適用される可能性が高いです。

7等級の保険料相場感を知りたい方は、ぜひおすすめランキング1位のおとなの自動車保険で気軽に見積もり依頼してみてください。

無駄のない料金形態!

おとなの自動車保険公式サイト
https://www.ins-saison.co.jp/otona/
※ネット手続きで最大13,600円割引※

40代は自動車保険の相場が安く選び方次第でさらにお得!

今回の記事では、以下のような自動車保険の選び方ポイント保険料を安くするコツなどを紹介してきました。

40代の方でよりお得な自動車保険に加入したい方は、ぜひ紹介したポイントやコツを活かしてみてください♪

当記事でご紹介した『おとなの自動車保険』は、40代の方にはぴったりな内容です。

40代の自動車保険料をお得に済ませたい!」とご希望の方は、ぜひ以下ボタンから気軽に見積もりを依頼してみてくださいね◎

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社イードが運営する自動車メディア・カーライゼーションのコンテンツ作成を担当。コンテンツ作成の根拠・流れは左記ページでも詳しくご紹介しています。

目次