50代におすすめの自動車保険は?安い保険の選び方やランキングを紹介

50代向けの安い自動車保険とは?

※本ページはプロモーションが含まれています。

50代になると「子供が自分の車を購入した」「子供が独り立ちして運転者は自分だけになった」など、家族のカーライフが変わる家庭も多いです。

カーライフの変わり目で新規で自動車保険に加入したり、補償内容の見直しをする方も多い世代と言えるでしょう

50代の新規加入でおすすめの自動車保険は?」「50代における自動車保険の補償内容の選び方は?」など、お悩みの方も多いはず。

さらに欲を言えば、充実の補償内容保険料の安さの両者を叶えたいものです。

本記事では50代で安い自動車保険を探す人に向けて、50代におすすめの自動車保険を徹底解説します。

50代の自動車保険の補償の選び方安くするコツも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね◎

/

50代で安い自動車保険に入るなら『おとなの自動車保険』
おとなの自動車保険のlp画像

画像引用元:おとなの自動車保険公式サイト

『おとなの自動車保険』50代で安い自動車保険を探している方にピッタリな保険です。

50代の方に『おとなの自動車保険』が選ばれる理由は以下の3つ。

  • 自動車保険料が安い
  • 割引プランが多い
  • 事故対応力が高い
  • 親子で加入しても保険料が安い

『おとなの自動車保険』はALSOKと提携しており、万が一の時に事故現場に無料で駆けつけてくれて頼りがいのある自動車保険です!
※自動車保険のALSOKとの提携は業界初!

自動車保険料も過去1年分の走行距離を目安に算出されるので、走行した分の保険料で済むのもメリット◎

さらに家族割引や継続割引など様々な割引制度があり、「50代向けの安くて充実した自動車保険を探している」という方にはピッタリです!

また子供も一緒に加入する場合、事故率の低い50代の割安な保険料に子供分を追加するだけなので保険料を節約できます。

ネットから無料で自動車保険料の見積もりシミュレーションができるので、簡単に年間・月額保険料がわかるでしょう。

「『おとなの自動車保険』でどのくらい保険料が安くなるんだろう…?」と気になった方は、一度見積もりシミュレーションをしてみてください♪

\無駄のない料金体系♪/ おとなの自動車保険で
無料見積もりしてみる!

公式サイトはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/
50代におすすめの安い自動車保険は『おとなの自動車保険』◎

グ】50代におすすめの自動車保険8社を比較紹介

目次

【ランキング】50代におすすめの自動車保険8社を比較紹介

50代におすすめの自動車保険8社を厳選比較したランキング表は、以下の通りです。

自動車保険会社名 契約方式 補償内容
1位:三井ダイレクト損害保険 ダイレクト型 ・対人賠償保険 ・対物賠償保険 ・人身傷害保険 ・搭乗者傷害保険 ・自損事故傷害特約 ・無保険車傷害特約 ・車両保険
2位:おとなの自動車保険 ダイレクト型 ・対人賠償保険 ・対物賠償保険 ・人身傷害保険 ・無保険車傷害 ・他車運転特約
3位:チューリッヒ保険 ダイレクト型 ・対人賠償保険 ・対物賠償保険 ・人身傷害保険 ・人身傷害定額払保険 ・搭乗者傷害保険
4位:ソニー損保 ダイレクト型 ・対人賠償 ・対物賠償(対物超過修理費用) ・人身傷害 ・搭乗者傷害 ・車両保険 ・事故時レンタカー費用特約 ・弁護士特約 ・個人賠償特約
5位:AIG損保 代理店型 ・対人賠償 ・対物賠償(対物超過修理費用) ・人身傷害 ・搭乗者傷害 ・車両保険
6位:イーデザイン損害保険 ダイレクト型 ・対人賠償保険 ・対物賠償保険 ・人身傷害保険 ・搭乗者傷害保険 ・車両保険
7位:SBI損害保険 ダイレクト型 ・対人賠償保険 ・対物賠償保険 ・他の自動車運転危険補償特約 ・被害者救済費用等補償特約 ・人身傷害補償保険 ・搭乗者傷害保険 ・自損事故保険 ・無保険車傷害保険 ・車両保険
8位:損保ジャパン 代理店型 ・対人賠償 ・対物賠償責任保険 ・人身傷害 ・搭乗者傷害

上記のうち50代へ特におすすめな自動車保険は、『三井ダイレクト損害保険』と『おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)』です。

このあと1位から3位のおすすめポイントや特徴を詳しく紹介するので、50代で自動車保険を探している方はチェックしましょう◎

▼「自動車保険の人気ランキングを総合的に知りたい!」という方は、以下記事を参考にしてください。 >>自動車保険が安いおすすめ人気ランキング10社を徹底比較!

ランキング1位:三井ダイレクト損害保険

三井ダイレクト損保

画像引用元:三井ダイレクト損保公式サイト

三井ダイレクト損保は、見積もりやPCの操作が苦手という50代の方におすすめです。

手続きに伴うPCやスマホの操作から補償項目の説明まで、コンシェルジュが電話で丁寧に案内してくれます。

希望によっては入力代行にも対応しているので、ネット型の自動車保険でも安心して契約できるのが魅力です。

事故受付は24時間365日対応しており、事故対応のプロが解決までしっかりとサポートしてくれます。

さらに高いサービスクオリティを維持したまま、保険料も安くできるのが三井ダイレクト損保の強み!

公式のアンケート調査によると、他社と比較して平均22,459円(注1)も保険料を節約できたとの結果もでています◎

長期無事故割引や複数台割引など多様な割引プランも用意されているので、まずは気軽に見積もり依頼してみましょう。


\ネット申込みで最大10,500円割引(注2)
三井ダイレクト損保で
まずは気軽に相談する
詳細はこちら
https://www.mitsui-direct.co.jp/car/

※コンシェルジュが親身にサポート!※

(注1)【アンケート実施概要】有効回答数:1,534人/対象期間:2022年8月1日~2022年8月8日/回答方法:インターネット調査/アンケート対象者:2022年1月始期~2022年6月始期の自動車保険契約者/集計方法:以前ご契約されていた保険会社が大手損害保険会社(4社)と回答された方の中で、以前ご契約されていた保険料と比べて、「少し安くなった」~「とても安くなった」と回答頂いた303人の平均節約金額/お客さまからのアンケート回答(契約条件の相違も含む)を集計 (注2)「インターネット契約割引」(最大10,000円)と「eサービス(証券不発行)割引」(500円)両方を適用した最大の割引金額です。

ランキング2位:50代で安い自動車保険に入るなら『おとなの自動車保険』

おとなの自動車保険のlp画像

画像引用元:おとなの自動車保険公式サイト

50代で安い自動車保険に入るならおとなの自動車保険がおすすめです!

『おとなの自動車保険』は事故率が低い50代の保険料が安く設定されており、ネット割引なども充実しています。

安い料金設定の他にも年間走行距離が自動車保険料に反映される仕組みのため、走った分のみの料金支払いとなるのもメリット!

一人一人の車の使用状況に合わせた自動車保険料なので、合理的で納得のいく保険料金を実現できます◎

さらに『おとなの自動車保険』は子供も運転するようになれば補償内容を追加できるため、親子で1台の車を運転する場合も利用できる保険です。 通常なら子供の年齢に合わせ保険料は高額になりますが、親の保険料に子供分を追加するだけなので費用はグッと抑えられます!

50代の方で「安くても手厚い補償内容の自動車保険を探している」という方は、『おとなの自動車保険』で無料見積もりシミュレーションしてみましょう♪


\50代におすすめの自動車保険!/
おとなの自動車保険で
無料見積もり依頼しよう
公式サイトはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/
最大13,600円引きのチャンス◎

ランキング3位:ロードサービスの充実度で選ぶなら「チューリッヒ保険」

チューリッヒ自動車保険

画像引用元:チューリッヒ公式サイト

50代で入る自動車保険でロードサービスの充実度から選びたい方は、ランキング2位紹介した「チューリッヒ保険」がおすすめです!

『チューリッヒ保険』は業界最高レベルの無料ロードサービスが受けられるので、いざというときも安心♪

『チューリッヒ保険』のおすすめポイントは以下の通りです。


  • 合理的な安い保険料で、割引も豊富でおトク
  • 全国約10,400ヵ所のサービス拠点
  • 事故・故障時のサービスが24時間365日受付
  • 年間の自動車保険料が平均24,797円節約(※1)
  • 利用者の保険料満足度が93.8%以上(※2)

(※1)大手損害保険会社(4社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:464件/ 集計期間:2022年9月-2022年10月) 保険料を節約できたお客さまが申告された、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。 (※2)チューリッヒ自社調べ

直接取引するダイレクト型形態でリーズナブルな保険料を実現しながらも、充実した補償を提供しています!

事故対応満足度も92.5%(※3)と利用者からの評判が高く、保険金支払い手続きも最短で当日に完了する点も魅力的です。 (※3)2021年4月~2022年3月 事故対応満足度(当社調べ)。数値はサービスへの満足度(5段階)のうち、「満足」「やや満足」「普通」の合計値。

もっと保険料を安くしたい方は「ネット専用自動車保険」を利用すれば今よりもさらに節約することが可能

50代の方で「自分に最適な保険を設定して充実したロードサービスも受けたい」方は、『チューリッヒ保険』で無料見積もりシミュレーションしてみましょう♪


\50代の方におすすめの自動車保険/
チューリッヒ保険で
無料見積もり依頼しよう!
公式サイトはこちら
https://www.zurich.co.jp/car/
※ネット申し込みで最大21,000割引き※

50代の自動車保険の選び方ポイント5選

50代の自動車保険の選び方には、ポイントが5つあります。


  • 契約車両の使用用途を整理する
  • 運転者の範囲を適正にする
  • 年間の自動車保険料を確認する
  • 事故対応も重視する
  • 子供に等級を引き継ぐ可能性も考慮する

自動車保険を選ぶ際には今後のカーライフプランの仮説を立てておくと決めやすいです。

乗換時期子供に等級を引き継ぐタイミングなどを明確にすることで、どの補償内容を選ぶべきか迷わずに済むでしょう。

ポイントを抑えれば無駄のない補償内容で安い自動車保険を実現できるので、一つずつ詳しく解説します。

▼「自動車保険の選び方についてもっと詳しく知りたい!」という方は、以下記事もご参照ください。
>>自動車保険の選び方を分かりやすく解説!保険料を節約するコツも知っておこう

ポイント①契約車両の使用用途を整理する

50代で自動車保険を選ぶ際のポイント1つ目は、車の使用用途を整理することです。

車の使用目的は「送迎買い物でしか使わない」「旅行趣味で遠出したい」など、様々あります。

契約車両の使用用途はどのような場面が多いかを整理することで、余分な補償を選択しなくて済むでしょう。

必要最低限の最適な補償を選び自動車保険を安くするためにも、車の使用用途を明確にしておきましょう♪

ポイント②運転者の範囲を適正にする

50代に合う自動車保険を選ぶポイント2つ目は、契約する車の運転者を適正な範囲で選択することです。

家族のどこまでの人が運転して補償対象になるかを適正に判断することで、安い自動車保険を実現できます◎

自動車保険では運転者の範囲を「契約者のみ」や「契約者と配偶者・同居の子供」などと細かく設定することが可能。

契約車両を子供は運転しないのに「子供が運転しても補償対象」としていると、余分な自動車保険料が発生するので注意してくださいね。

ポイント③年間の自動車保険料を確認する

3つ目のポイントは、加入前に年間の保険料を確認することです。

自動車保険を取り扱う会社は多くありますが、等級や補償内容が同じでも各保険会社で年間の保険料は異なります

一番安い自動車保険に加入したい」という方は、複数の保険会社に見積もり依頼して比較しましょう!

各保険会社の公式サイトから簡単に見積り依頼ができるので、安い自動車保険を手軽に比較・検討できます♪

ポイント④事故対応も重視する

自動車保険選びの4つめのポイントとして、各保険会社の事故後の対応を確認しておきましょう。

事故後の対応については各保険会社の公式サイト内で確認もできますが、利用者口コミなどを見てリアルな評判を知ることも大切です!

『おとなの自動車保険』なら、通販型の自動車保険では業界初のALSOK事故現場駆けつけサービスがあります。

自動車保険の種類によって事故対応の特徴も変わるため、「もしも」のときに頼れる保険を見つけましょう!

ポイント⑤子供に等級を引き継ぐ可能性も考慮する

50代の自動車保険を選ぶ際のポイントの1つとして、子供に等級を引き継ぐ可能性も考慮しておきましょう。

子供が車を購入したタイミングで等級を引き継ぐことで、子供の自動車保険料を安くすることが可能です。

若い世代は事故を起こす確率が高く、どの自動車保険で見積もりをしても保険料が高い傾向にあるのが事実。
(参考:警視庁「令和3年中交通事故の発生状況」)

等級を引き継いだ50代は初めての扱いで自動車保険に加入しても、事故率の低い年齢なので比較的安い保険料で済みます。

家族の中で等級を引き継ぐことで、自動車保険料を節約しながら車に乗りましょう!

50代における自動車保険の補償の選び方ポイント4選

50代の方が自動車保険の補償を選ぶ際にはポイントが4つあります。


  • 相手方への補償
  • 自分や同乗者への補償
  • 自分の車への補償
  • その他の補償

補償内容を選ぶときに上記のようなポイントを抑えることで、より安い自動車保険に加入できるのです。

50代で自動車保険の補償を選ぶ際のポイントを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

事故相手への補償

50代で自動車保険の補償を選ぶ際には、相手方への補償内容の検討が必要です。

対人・対物に対してどこまで保険金が出るのか、万が一のことを考慮して無制限など大きな金額で加入しましょう。

事故後の対応で一番困るのは、自動車保険で補償されている保険金が足りず実費が発生してしまうことです。

事故対象が人か物かに関わらず、車に乗る際のマナーとして相手への補償はすべて自動車保険で賄える内容にしましょう。

契約者と同乗者への補償

50代で自動車保険の補償を選ぶにあたって、自分や同乗者への補償内容をどうするかも大切です。

自分や同乗者の身体に関わることなので、補償内容としてはより手厚いものが最適でしょう。

万が一の際に実費で支払うことなく、自動車保険で契約者や同乗者が治療できるような補償内容にすることが大切です。

自動車保険によって補償内容が様々あるので、複数の保険会社を比較し検討してみてください。

契約車両への補償

50代で自動車保険の補償を選ぶ際は、自分の車への補償内容も重要です。

自動車保険において契約車両の補償はいくらまで費用が出るかなどを選択可能ですが、車の価値と補償額のバランスをみることが大切。

事故時はもちろんですが水災などの天災によって被害を受けた場合に自動車保険の補償範囲とするか、なども選択できます。

天才被害も自動車保険の補償範囲にすることで保険で修理可能となる反面、月額保険料が高くなるためよく検討しましょう。

どこまで補償を付けるか迷ったら保険会社に相談し、車の価値と自動車保険料を鑑みて納得のいく補償を選択してください。

その他補償

50代の自動車保険の選び方のポイントとしては、以下のようなその他の補償も決める必要があります。


  • ロードアシスタンス特約
  • 弁護士特約

ロードアシスタンス特約は、事故や故障の際に決められた走行距離内であれば無料で車をレッカー移動してもらえるサービス。

車が自走不可能だとレッカー移動するしかないため、自動車保険の補償内容にロードアシスタンス特約があると安心です。

弁護士特約は事故に関わる全般の話をすべて弁護士に委任することができ、相手の保険会社とのやり取りも代行してもらえます。

自動車保険を選ぶ際は、車の故障や事故がいつ起こっても対応できる補償を慎重に検討しましょう。

50代の自動車保険料が安い理由は主に2つ

50代の自動車保険料が安い理由には、主に2つあります。


  • 事故を起こしにくい年代だから
  • 等級が高く割引が多く適用されるから

一般的な統計データ個人によって変わる上記2つの視点から、50代の自動車保険料は安いと言えます。

50代の自動車保険が安い理由について、ここから詳しく説明していきましょう。

事故を起こしにくい年代だから

50代の自動車保険料が安くなる理由の1つは、事故を起こしにくい年代だからです。

警視庁の「令和3年中交通事故の発生状況」の資料を見ると、若年層に比べ50代の事故率は低いのが分かります。
(参考:警視庁「令和3年中交通事故の発生状況」)

過去の自動車保険では35歳以上の保険料は一定でしたが、現在では統計データを元に事故率の低い年代の保険料を安く設定する保険会社が増えているのです。

50代で自動車保険に新規で入り直し6等級になったとしても、比較的安い保険料に抑えられます。

等級が高く割引が多く適用されるから

50代の自動車保険が安くなるもう1つの理由は、等級が高く割引が多く適用されるためです。

等級は6等級からスタートし、1年間自動車保険を使用しなければ1つ等級が進む仕組み。

自動車保険には最大20等級まであり、50代だと車に乗っている期間も長く20等級の運転者が多いのが特徴です。

年齢を重ね等級が上がるにつれて保険料の割引率が上がるため、50代の自動車保険は安い傾向があると言えます。

自動車保険の種類とは

自動車保険の種類には以下の2つがあります。


上記2つの運営方法の違いで保険料が変動したり、サービス内容が変わってくるので要チェックです。

代理店型の自動車保険ダイレクト型(通販型)の自動車保険にはそれぞれ特徴があるので、詳しく解説していきます。

「代理店型」自動車保険

代理店型の自動車保険店舗を持っている保険会社のことで、営業担当者に自動車保険の説明などをしてもらえます。

営業担当者がいることで、自動車保険について不明点があった場合も確認しやすい環境です。

契約する場合に担当者と対面で話を進められるため、スムーズに自動車保険へ加入することが可能。

補償内容を見直す場合も正確な内容を直接聞けるので、認識違いで「万が一の際に補償できない」などのトラブルを避けられます。

上記のような安心感もある反面、通販型(ネット型)に比べて保険料は高くなるのが特徴です。

「ダイレクト型/通販型」自動車保険

ダイレクト型(通販型)の自動車保険は、代理店を構えず保険会社の公式サイトから加入するタイプの保険です。

自ら補償内容を調べられるため、本当に自分に必要な自動車保険へ加入できます。

補償内容について疑問点が出ても、「お客様サポート」が用意されていることが多いので電話で気軽に相談が可能です。

通販型は代理店型の自動車保険と比較しても、補償内容に差はないので安心◎

店舗を構え担当者を据える代理店型と比べ、年間保険料が圧倒的に安いのが特徴です。

「ダイレクト型/通販型」自動車保険のメリット・デメリット

ダイレクト型(通販型)自動車保険にはメリットとデメリットがあります。

自動車保険の加入前に「通販型」のメリット・デメリットを知っておくことで、注意点を理解した上で保険を選択可能◎

ダイレクト型(通販型)自動車保険のメリットとデメリットについて、ここから詳しく解説します。

「ダイレクト型/通販型」自動車保険のメリット

ダイレクト型(通販型)自動車保険のメリットは以下の通りです。


  • 自ら調べて好きな補償内容が選べる
  • 代理店型よりも保険料が安い
  • 来店する手間がない

通販型の自動車保険はネット上で加入するため来店する面倒がなく営業を受けずに自分に合った補償内容を自由に決められます!

また通販型の自動車保険が代理店型よりも安い理由としては、店舗運営費や人件費のコストが削減ができているため。

安い自動車保険を探している」という方は、ダイレクト型(通販型)自動車保険がおすすめでしょう!

「ダイレクト型/通販型」自動車保険のデメリット

ダイレクト型(通販型)自動車保険のデメリットは以下の通りです。


  • 補償について調べるのが手間に感じることも
  • 対面で質問ができない

通販型の自動車保険はネット上で申し込むため、補償内容を自分で調べて選択するのが手間だと感じるケースもあるでしょう。

代理店型とは異なり通販型の自動車保険は担当者が居ないので、対面で質問できずサポートセンターへ電話する必要があります。

不明点がでたときにすぐに解消できないのが、ダイレクト型(通販型)自動車保険のデメリットです。

「ダイレクト型/通販型」自動車保険の事故後の対応

ダイレクト型(通販型)自動車保険でも、事故後の対応は代理店型と変わりません

事故発生時に保険会社の24時間事故受付センターへ連絡するという流れは、どこの保険会社でも同じです。

ダイレクト型(通販型)の自動車保険だからといて、事故後に特別な手間が発生することもなし

おとなの自動車保険』だとALSOK駆けつけサービスがあるなど、ダイレクト型でも事故後の対応が手厚い自動車保険も存在します。

「自動車保険は安く済ませたいけど事故後の対応が心配…」という方でも、安心して加入検討してみてくださいね◎

50代の自動車保険料を安くするコツ3選

50代の自動車保険料を安くするコツは3つあります。


  • ダイレクト型(通販型)保険を活用する
  • 補償内容を見直す
  • 複数の自動車保険を比較する

50代の自動車保険は選び方次第で、年間の保険料を安くすることが可能です。

安い自動車保険に加入するための上記3つのコツを、ここから詳しく解説します!

「ダイレクト型/通販型」自動車保険を選ぶ

50代の自動車保険料を安くするコツの1つは、ダイレクト型(通販型)の自動車保険を活用することです。

前述したようにダイレクト型(通販型)自動車保険は店舗を持たないため、運営費を極限まで下げることを可能にしています。

余分な経費のコストカットに成功しているため、ダイレクト型(通販型)の自動車保険ではより安い保険料を実現可能◎

50代で安い自動車保険料を探している方は、ダイレクト型(通販型)自動車保険で見積もりシミュレーションしてみましょう♪

補償内容を見直す

50代の自動車保険を安くするには、補償内容を見直しましょう。

「もしも」のときの自動車保険ですが、手厚すぎる補償内容にすると年間の保険料が高くなります。

車の使用用途などを考慮し、最適な補償内容にすることが大切です◎

どこまでの補償内容なのか曖昧な状態で加入することがないよう、サポートセンターを頼ってみることも重要です。

自分で不明点を解消し最適な補償内容にすることで、50代の自動車保険はさらに安くできますよ♪

いくつかの自動車保険を比較する

50代で自動車保険を安くするコツの1つとして、複数の自動車保険を比較することも大切です。

同じ補償内容を選択しても、自動車保険会社によって年間や月額の保険料は異なります

ダイレクト型(通販型)自動車保険の場合は、ネットから無料見積もりシミュレーションが可能!

補償内容を同一にして複数の保険会社の見積もりを比較検討してみましょう◎

自動車保険保険を比較するならインズウェブがおすすめ◎

インズウェブ

画像引用元:インズウェブ公式サイト

複数の自動車保険を比較するのに最もおすすめなのは、「インズウェブ」という自動車保険一括見積りサイトの利用です!


【インズウェブのおすすめポイント】

  1. 最大20社へ一括見積もり依頼が可能
  2. 無料&最短3分で見積もり表示できる!

  3. 平均で約3万円の節約!実績があり安心

インズウェブのメリットとして、無料で気軽に最大20社の保険会社へ見積もり依頼できる点があります

1社ずつ見積もり依頼するのは手間がかかる」と悩む方も、インズウェブなら簡単な情報入力だけでまとめて比較検討が可能!

インズウェブは累計1000万人以上の利用者数で、平均30,879円/年の節約ができた」という実績もでています。 ※インズウェブを初めて利用された人の2018年アンケート結果より

自動車保険料を安くしたい」という方は、ぜひ「インズウェブ」で無料見積もり依頼して納得のいく自動車保険を見つけてみましょう。


\最大20社も一括見積りできる/
利用者数1000万人超えのインズウェブで
自動車保険を比較してみる
公式サイトはこちら
https://www.insweb.co.jp/
※最大20社からの見積もりをリアルタイム表示※

 【基礎知識】自動車保険の料金について

自動車保険料は、保険会社が定める金額から個人の等級やキャンペーンなどで割引をするという流れで定められています。

自動車保険会社が定める保険料の内訳は、以下の通りです。


  • 純保険料:保険会社が損害などの支払いに充てる保険料
  • 付加保険料:保険会社が会社を運営するために必要な事業費に充てられる保険料

「純保険料」は保険会社によって差はでませんが、「付加保険料」で各社保険料に差がでます

さらに自動車保険料は個人の等級によって割引率に差がでるので、契約者ごとでも金額は異なるのです。

ここからは、自動車保険における「等級と割引率の関係」について詳しく解説します。

自動車保険の等級と割引率について

自動車保険料を算出する際は、契約者の等級に対して決められた割引率があります。

自動車保険の等級は初めて加入する場合は6等級からスタートし、最大20等級まで進められるもの。

「もしも」のときに自動車保険を使用すれば等級は下がり、年間で自動車保険を使用しなければ等級は上がっていく仕組みです。

6等級から20等級までの割引率を見ると、自動車保険料の値引き率が44%も異なるので重要な要素だと言えるでしょう。
(参考:損害保険料率算出機構)

「実際に自分の等級だと保険料はいくらなの?」と気になる方は、安い保険料でおすすめの『おとなの自動車保険』などで見積もりシミュレーションしてみてください♪


\安いのに補償内容が充実!/
  おとなの自動車保険で
無料見積もりしてみる!
公式サイトはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/
※走行距離に合わせた保険料で済む※

50代の自動車保険についてよくある質問

50代が自動車保険を選ぶ際によくある質問を紹介します。


自動車保険を選ぶ際には上記のような不明点を解消しておきましょう!

50代で自動車保険に新規加入する場合の平均相場は?

50代で自動車保険に新規加入する場合の平均相場は、補償内容や車種によっても異なるため一概に言うことはできません。 年式が古い車に乗っている場合や補償内容を手厚いものにすると自動車保険料は高くなります。

ご自身の望む内容の平均相場が知りたければ、必要な補償内容を決めた上で様々な自動車保険の見積もりをシミュレーションしてみましょう!

複数の自動車保険からでた見積もりの平均がおおよその相場と捉えることができますね◎

50代の軽自動車の自動車保険の平均相場は?

50代の軽自動車の自動車保険の平均相場についても、契約者の等級や補償内容によって異なるため一概に言うことはできません。

50代でも自動車保険の等級が6等級の方もいれば、20等級の方もいることでしょう。

それだけでも自動車保険料の割引率が44%も変わるので、平均相場にムラが出やすくなります。

50代の平均相場を知りたい場合は、複数の自動車保険で無料見積もりシミュレーションしてみましょう!

50代に人気の自動車保険は?

50代に人気の自動車保険は、どこを重要視するかで異なります。

自動車保険料を重視するのか、事故対応を重視するのかで人気の自動車保険は変わるでしょう。

本記事で50代におすすめの自動車保険ランキングを項目別に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

50代に人気があり選ばれている自動車保険がすぐにわかりますよ♪

>>>50代のおすすめの自動車保険ランキングはこちら

自動車保険は月払いと年払いができる?

自動車保険料の支払いは、月払いか年払いかを選択することが可能です。

月払いにすると毎月一定の金額の自動車保険料の支払いで済むため、大きな出費を一度に負担することは避けられます

年払いでは1年分の自動車保険料をまとめて支払うことで、年間の生計が立てやすいでしょう。 また、月払いよりも保険料が安くなります。

ご自身の生活に合う支払い方法を選択し、無理のない支払い計画を運用しましょう!

【まとめ】50代が安くておすすめの自動車保険を見つけるために

50代で安い自動車保険に加入するには、今回紹介した「安くするコツや「選び方のポイントを抑えることが重要です。


  • 安くするコツ①:ダイレクト型(通販型)保険を活用する
  • 安くするコツ②:補償内容を見直す
  • 安くするコツ③:複数の自動車保険を比較する


  • 選び方ポイント①:契約車両の使用用途を整理
  • 選び方ポイント②:運転者の範囲を適正にする
  • 選び方ポイント③:年間の自動車保険料を確認
  • 選び方ポイント④:事故対応も重視する
  • 選び方ポイント⑤:子供に等級を引き継ぐ可能性も考慮する

自動車保険の補償内容を賢く選択することで、余分に付帯することなく自分に最適な補償内容にすることも可能!

当記事を参考に、ぜひご自分に合った自動車保険を見つけてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社イードが運営する自動車メディア・カーライゼーションのコンテンツ作成を担当。コンテンツ作成の根拠・流れは左記ページでも詳しくご紹介しています。

目次