ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』日本導入決定

FCAジャパンは、ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』(Jeep Gladiator)を2021年冬に発表。これに先立ち、特設サイトを公式Webサイト内にオープンした。

グラディエーターは、ジープの本格オフローダー『ラングラー・アンリミテッド』をベースに開発したピックアップトラック。2018年、26年ぶりに北米市場でローンチされて以来、日本への輸入が待望されていたモデルだ。

グラディエーターは、ジープブランドが標榜する「Go Anywhere. Do Anything(どこでも行ける、何でもできる)」のスピリットを継承し、ラダーフレーム採用による卓越した走破能力、大きな荷台を中心とした圧倒的な使い勝手を誇る。インテリアは伝統をオマージュしながら、上質なデザイン、便利な機能、多彩な先進テクノロジーでモダンに仕上げている。また、センサーやカメラで車両の周囲を見張る多彩なセーフティおよびセキュリティシステムを備える。

なお、グラディエーターの走行性能、各種装備、販売開始日、価格などの詳細については、今冬の発表時に公表する。

《纐纈敏也@DAYS》
【画像】ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』日本導入決定(6枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース