ナビタイム、トラックカーナビなどで首都高の環境ロードプライシング割引に対応

ナビタイムジャパンは、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」、法人向け運行管理サービス「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」等にて、首都高速道路の環境ロードプライシング割引に7月20日より対応する。

首都高の環境ロードプライシング割引とは、沿道に住居地域が多い横羽線から湾岸線へ大型車・特大車の転換を図るため、湾岸線や川崎線を利用するETC大型車・特大車に対して割引を行い、湾岸線や川崎線を利用しやすくする取組み。

今回の対応では、各サービスにて「大型車」「特大車」を車種登録し、ルート検索条件の設定にてETC料金考慮をオンにしている場合、横羽線「大師~浅田」間を通行せずに、湾岸線「川崎浮島JCT~大黒JCT」または川崎線「川崎浮島JCT~大師出入口」を利用するルートが含まれたルート検索結果に対して、割引料金を適用した料金を表示する。

環境ロードプライシング割引は、大型車ドライバーには料金が安くなるメリットがあり、トラックカーナビをはじめとした大型車対応サービスで、ユーザーから要望が集まっていた。また、環境問題改善の一助を担える点からも、今回対応を行った。

なお、バス専用カーナビアプリ「バスカーナビ」、カーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」、「カーナビタイム」、法人向け地図・ルート検索API「NAVITIME API」、KDDIと協業で提供中の「auカーナビ」、「au助手席ナビ」、KDDIの「auスマートパス」、NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」、ソフトバンクの「App Pass」にて提供している「NAVITIMEドライブサポーター」など、大型車の料金表示が可能なサービスでも同様の対応を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース