デンソーテンとトヨタ、冗長電源モジュールを共同開発…高度運転支援技術などに貢献

デンソーテンは、高度運転支援技術と安全性能向上に貢献する「冗長電源モジュール」をトヨタ自動車と共同開発したと発表した。

今回共同開発した冗長電源モジュールは、2021年4月に発売されたレクサス『LS』およびトヨタ『ミライ』が搭載する高度運転支援技術「アドバンスド ドライブ」向けの製品として採用されている。

アドバンスド ドライブは、高速道路など自動車専用道路でドライバーによる監視のもと、交通状況に応じて、車載システムが適切に認知、判断、操作を支援し、車線・車間維持、分岐、車線変更、追い越しなどを行う高度運転支援技術。その実現には、各センサーへ安定した電力を供給する「電源信頼性」が必要となる。

また、電源信頼性を確保するには、メイン系統電源に何らかの障害が発生した場合でも、安全に停車するまでサポートできるよう、サブ系統電源から各機器へ電力供給を行うことができるといった「電源冗長」が不可欠となる。

今回新たに開発した冗長電源モジュールは、メインおよびサブ系統間の電源制御と、サブ系統電源として使用する電池を監視する電池制御をひとつのECUに集約。統合制御を行うことで、電源冗長を実現している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース