トヨタ系部品4社の自動運転ソフト会社、NTTデータグループと資本提携

デンソー、アイシン、アドヴィックス、ジェイテクトが設立したJ-QuADダイナミクスは4月5日、車両ソフトウエア開発環境技術を持つNTTデータオートモビリジェンス研究所(ARC)に資本参加し、協業すると発表した。

J-QuAD、NTTデータグループは双方の強みを生かして、ARCが研さんした技術・ノウハウの実用化を目指すとともに、共同研究に取り組む。J-QuADは、これらの取り組みを通じて次世代自動運転、先進安全支援の開発に欠かすことのできないソフトウエア開発環境の整備や開発効率化・高度化を目指す。

J-QuADは2019年4月に発足して以降、自動運転向けにセンサーやステアリング、ブレーキを、高度に連携させるための車両統合制御ソフトウエアの開発に取り組んできた。自動運転ソフトウエアの開発を効率化してスピードアップを図るとともに、自動車メーカーのニーズに合わせて開発することで、付加価値の高い車両統合制御ソフトウエアを提供する方針。

ARCは、自動運転ソフトウエアの安全性評価・検証に必要なシナリオ自動生成や、模擬実験環境構築の技術に強い。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース